知っとく.com

一年生に勉強を身につけさせるコツ!遅れている子供の原因とは

   

一年生に勉強を身につけさせるコツ!遅れている子供の原因とは

小学校一年生の勉強はまだまだ簡単なものとは言え、ついて行けずに遅れてしまう子供がいます。

できない原因について親として考えるべきことをご紹介します。

また、気になる発達障害の可能性についても参考にしてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


一年生の子供の勉強で遅れが気になる時は?

小学校一年生のお子さまをお持ちの方は、学校の勉強について色々な不安や悩みを持っているかと思います。

親としては「勉強の出来る子」であれば安心なのですが、どうでなかった場合はとても心配になりますね。

ある程度理解をしていれば、少しくらいテストの点数が悪くても許せるものですが、そうでない場合はどうでしょうか。

かなり勉強に遅れを感じている場合

小学一年生の勉強と言えば、ひらがなやカタカナ・簡単な計算など基礎的な知識を覚える内容となっています。

入学する前から読み書きが出来る子とあまり出来ない子とさまざまですが、学校に入れば少しずつ身についていきます。

でも、テストの問題が理解できずに全く答えられない、数字も10までなら指折りでようやく数えられる…こんな状況が続いてしまうと大幅に勉強に遅れを取ってしまうでしょう。

この事が発覚すると親としてはショックですね。

担任の先生に相談をする

あまりにも心配な場合はぜひ担任の先生に相談をしましょう。

「個別指導をした方がいい」と言われることもありますが、落ち込まずに前向きに捉えましょう。

まだ一年生なので、遅れを取り戻せる可能性は十分あります。

教えない!勉強が遅れている一年生の子への対処法

子供に「教えよう」と思わないこと

一年生になったからしっかりと勉強をさせなければならない、こんな風に意気込む気持ちはよくわかりますが、相手はまだ一年生。

ちょっと前までは毎日遊んで過ごしていた子供なので、「勉強をする」という事が身についていないのでしょう。

勉強が遅れていると感じても、焦る必要はありません。

頭ごなしに教えられることでますます勉強が期待になります。

「勉強=遊び」に変える

勉強をしない子供はそこに魅力を感じていないだけです。

一年生の勉強は覚えてしまえば出来る内容ばかりです。

ひらがなカタカナ、数字が苦手な子はゲーム感覚で身につけるように工夫をしましょう。

基礎的な知識は本の音読を繰り返すことで覚えられます。

一緒に「音読ゲーム」をする

漫画でもいいので、一行づつ交代で読むようにします。

楽しく読むのがポイントです。

つまづいても怒らず、そっとアドバイスをしましょう。

とにかく繰り返すことが大切です。

一年生の子供の「勉強が遅れているポイント」を抑える

わが子の学校の成績が悪いと親はとてもショックですよね。

ただ、まだ一年生の場合はまだまだ挽回できる余地は十分あります。

そして落ち込んだり叱ったりしては逆効果なので、まずは遅れているポイントをしっかりと把握しましょう。

「何」がわからないのか

子供の勉強が遅れていると漠然に考えるだけでは改善できません。

まずはお子さまは「何」がわからないのか、これをしっかりと把握しましょう。

勉強は「わからないこと」をなくす作業

お子さまのわからない部分の根本的な場所までさかのぼっていきましょう。

「こんな事もわからないのか」などと決して言ってはいけません。

そして勉強を親が見てあげること、これが大事です。

塾や先生には聞けないことでも、親になら聞けるものです。

「一緒に考えようね」と伝えて、わからないことを減らす作業を手伝ってあげてください。

担任に「勉強が遅れている」と言われたら

もし、一年生の一学期を終えた頃に「お子さまの勉強が大幅に遅れています。塾へ通うことをおすすめします。」こんな風に言われてしまったら親としてはどうすべきでしょうか。

塾へ行かせるよりも見直すことがある

まず、一年生の時点で「塾へ行け」とアドバイスをする先生の指導は適切ではありません。

基本的な学習で問題がある場合、家庭環境によって勉強ができない場合はそれぞれ別の原因が考えられます。

この場合は塾へ行くことが改善策とは言えません。

まずは基本的な学習能力を確かめる

お子さまの勉強が遅れていると感じている時は、簡単な文章を書けるか試しましょう。

今日の出来事をそのまま文章に書けるかどうか、その文章に「友達と何をして遊んだのか?」と質問をして、それについての文章を書いてもらいます。

これを繰り返すことで学力は伸びるでしょう。

「1+1」ができたら「2+2」へ。

この作業を続けていき、どのレベルでわからないのかを把握してください。

発達障害で勉強が遅れていると感じている人へ

子供の勉強が遅れている時に親として心配になるのが「発達障害」ではないでしょうか。

どうして覚えられないのか?と疑問に思った時はその状態をよく観察してみてください。

「発達障害の可能性がある状態チェックリスト」

  • 全教科にわたって理解力が乏しい
  • 何度繰り返してもなかなか覚えられない
  • 文章問題が解けない
  • 音読をすることが難しい
  • 書くことに対して強い抵抗がある
  • 文字を書くと枠からはみ出すことが多い
  • 日常会話がスラスラできない

この中で1つでも当てはまることがあると不安になってしまいますが、一年生の場合は学習能力の差はとても大きいです。

ただ、勉強が遅れてしまうのは本人が怠けているだけではない可能性もあります。

これは学校の先生でも見極めることは難しいので、どうしてもおかしいと感じている場合はお近くの相談機関へ一度訪れてみることをおすすめします。

この年齢は軽い障害を持つ場合でも学習能力が伸びることも珍しくはありません。

また、年齢とともに障害が少なくなることもあります。

お子さまの勉強に親も一緒に向き合い、カウンセリングが必要だと感じたらご相談ください。

 - 勉強

ページ
上部へ