知っとく.com

PTA役員の選出でトラブル続出!とその対策

   

PTA役員の選出でトラブル続出!とその対策

子供が小学校へ進学するとともに保護者として参加するのがPTAです。

誰もが避けたいと考える中PTA役員選出は行われます。

こんな時に起こるトラブルは予想以上に重く、近年では大きな問題となっています。

少しでもトラブル回避をする方法はないのかをぜひご一緒に考えていきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

娘の結婚が寂しいのは父親だけじゃない!母親にも要注意!

娘の結婚を寂しがるのは父親というイメージがありませんか。 ...

野草を食べる!春の味覚の美味しい効果のヒミツ


寒い冬が終わり、春を迎えた時の楽しみと言えば山菜...

どうにかしたい!幼稚園でトイレに行かない子供の理由や対処法

子供が幼稚園に行き出すと、親にとって様々な悩みが出てきます。...

【仕事したくないから】専業主婦から抜け出す4つのポイント


妊娠を機に仕事を辞める人は多く、子供がいる女性は...

【女子必見!】~男友達に彼女ができたときの付き合い方~

ある日仲のいい男友達から「彼女ができた」と言われたらどうしま...

インフルエンザかも!?日曜日に発熱した時の適切な対応


インフルエンザの流行時期に発熱した場合は感染を疑...

no image
学童の指導員の悩みとは【やりがいのある仕事内容教えます!】

共働きの家庭が増え、学校が終わってから学童保育を利用する人が...

【会計報告】PTAや町内会での話し方はこれ!


「会計報告」と聞くととても堅苦しいものですが、大...

【悩める女子必見】部活を人間関係のトラブルで辞めたい時の対処法

好きで入った部活なのに「もう辞めたい・・・」と悩んでいません...

【待ち合わせに遅刻】何分まで待てるのか 教えます!


時間にルーズな相手との待ち合わせはとても憂うつで...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋で必ずトイレに行きたくなる】それって、症候群かも知れません!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理

x
結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと...

モルモットがゲージを噛む3つの理由と上手な対策


モルモットをペットとして飼っている中、ゲージをガ...

幼稚園に入園したのに体調崩して休みが多いと不安になるママへ

幼稚園に入園するのは子供にとってもママにとってもドキドキです...

【旦那と別居中で連絡なし】の場合の妻としての対応


夫婦として上手くいかずに喧嘩をすることはあります...

相撲のまわしを洗わないのは本当?力士の都市伝説


日本が誇る国技と言えば相撲ですね。大きな体の力士...

舌の筋肉は【人体最強】は本当?3分で変わる小顔トレーニング


人間の体の筋肉の中で最も強い部位はどこなのか。 ...

【小学校の同窓会】ない理由と出席したくない理由


成人式を迎えたと思ったら、気が付けば25歳、30...

スポンサーリンク


PTAの役員選出でトラブル続出!

子供を持つ親にとって頭を悩ませられるのがPTA役員ではないでしょうか。

建前上では任意で行うものとされていますが、実際には断りにくいものとして物議が交わされています。

「PTA役員の選出方法」

  • くじ引き
  • 推薦
  • じゃんけん
  • 立候補

できる限り公平な方法として最近ではじゃんけんやくじ引きなどで選出されていますが、PTA選出委員が相応しい人へ依頼することもまだまだ多いです。

「PTA役員選出で起こるトラブル」

  • 選出当日に欠席者が出る
  • 土壇場で断る
  • 人間関係に影響が出る
  • 子供同士でいじめが起きる

やはりPTA役員は引き受けたくないという思いを持っているので、なんとか責任から逃れたいと考えてしまいます。

選出日当日に欠席をしようと考える人もいますが、これによって人間関係が不良になることも。

こうしたトラブルを回避し、円満に行う方法について考えていきましょう。

PTA役員に選出されると感じる仕事内容の重さ

子供が進級する前からPTA役員選出への動きは始まります。

できれば仕事内容の軽い役員に…と考えるのが常ですが、やはりほかの人も同じ思いを抱えているため選出ではあまり希望は言えません。

くじ引きやじゃんけんで選出する場合は責任の重い役員になってしまうこともあります。

仕事内容が重くて驚く

クラス役員や本部役員に選出されるとその直後から仕事に取りかかることになります。

とくに4月~6月はやる事が盛りだくさん。

書類作成、懇親会の取り決め、クラス会について…など、経験のない人にとっては難しい仕事内容を進めなければなりません。

中には必要性を疑う内容も多く、どこまでが役員の仕事なのかと悩むという声も多数あります。

PTA役員選出でトラブル回避をするための対策

PTA役員選出で起こり得るトラブルをできるだけ回避させる方法を3つご紹介します。

  1. 立候補者をまずは応募する
    不公平と思われるじゃんけんやくじ引きをする前に、立候補者を応募すべきです。
    また、立候補をしてくれた人は、子供の人数に関わらずその後の役員はしなくてよいという規定を持つ学校もあります。
    何らかのメリットが得られる事がわかれば考え方も変わるはずです。
  2. 活動日をあらかじめ示す
    どの役員が年間何日どのように活動をしているのか。
    仕事を持つ保護者にとって1番気がかりなことです。
    予め明確にしておくことも大切です。
  3. 役員免除基準をハッキリと示す
    PTA役員は基本的には子供1人につき1回は引き受けるということが各学校で決められていると思いますが、免除される規定はほぼありません。
    ただ中にはどうしても無理な状況にいる人もいます。
    ○病気や妊娠中の人
    ○乳幼児がいる人
    ○ひとり親家庭の人
    ○自宅で介護をしている人

    負担が大きくかかる人に対してはある程度の基準は付けるべき、という声は多数あります。

平等という言葉を使い始めるとキリがありませんが、このような状況下における人にはやはり考えるべきではないでしょうか。

時期候補の選出も苦難の道

じゃんけんやくじ引きでの選出は行わない学校では、PTA選考委員が時期役員を決めています。

実際にどのように決めているのかを流れに沿って説明していきます。

1.立候補者を募る

2.推薦者を募る

3.名前があがった人にアタックする

選考委員が推薦者一人一人に電話をかけて引き受けてくれないかとアタックしていく作業ですが、これは本当に大変です。

推薦者がいない場合はクラスの名簿全員に電話をかけることもあるとか。

責任の重い本部役員であれば、選考委員数名で自宅訪問をすることも行われているそうです。

後任者を自分で探す苦労

このような選出方法はとても大変であり、人間関係に影響を及ぼす可能性が高いです。

誰もが引き受けたくないものなので、すんなり後任者が探せないのが大きな問題となっています。

「私でもできる」PTAを目指す

PTAの役員選出は行う方も参加する方もつらいものです。

そもそもこの「つらい役員」の原因を改善しなくてはいけないのです。

子供の頃に経験した「○○係」のように、誰もができる内容であれば「それなら私でもできるかも」と思ってもらえるのではないでしょうか。

簡素化な仕事内容へ

活動内容の中には本当に必要なものか?と思うものがあれば、省けるように声掛けしてはいかがでしょうか。

また、自分が役員を引き受けた時は自分ができる範囲の仕事内容をこちらから提示してもいいはずです。

パソコンをいじった事がない人に書類作成はやはり無理なので、それはできないけどこれならできるという意思を示していくことでPTAももう少し身近なものになると、働くお母さんやお父さんも参加ができやすくなります。

子供たちの学校生活を支えている、ボランティアのPTA活動。

気持ちよく参加ができる形作りを行っていく必要があります。

 - ライフハック

ページ
上部へ