知っとく.com

給食の牛乳を飲ませたくない理由と手続き方法

   

給食の牛乳を飲ませたくない理由と手続き方法

給食には牛乳が出るのが当たり前のようになっていますが、この牛乳を飲ませたくないと考える保護者が増えています。

カルシウムが豊富だから牛乳は飲んだ方がいいと言われていますが、飲ませたくないと考える理由がそこには潜んでいます。

今回の内容で登場する牛乳が全てそれに当てはまるという事ではなく、牛乳そのものが悪いという意味ではありません。

その点を踏まえてこの機会に牛乳について考えてみてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


アレルギーじゃないけど子供に給食の牛乳を飲ませたくない

ある小学生の子供を持つ保護者の方がこう言います。

「子供に牛乳を飲ませたくないので、学校にお願いをして対処をしてもらっています」と話しています。

飲ませたくないというのは牛乳アレルギーだから?と思ってしまいますが、実はアレルギーでも何でもなく、ただ飲ませたくないという思いから牛乳を避けているとか。

体によいとされている牛乳を、なぜ飲ませないのでしょうか。

その理由をさらに聞いてみればなんと「体によくないから」と言うのです。

そしてこのように、牛乳を飲ませたくないと考える保護者は増えています。

当たり前のように飲んでいる牛乳を飲まないのはなぜなのか、学校はどう対応するのかについて迫ってみたいと思います。

給食の牛乳を飲ませたくない保護者の考え

給食の牛乳を飲ませたくないのはなぜなのでしょうか。

学校は体に悪いものを子供に出すはずがない…そう思っているのはどの親も同じはず。

でも出されている牛乳について真正面から考えていくと、ある事にたどり着きます。

・加熱した牛乳ってどうなの?

牛の母乳から絞り出したものは一度高温加熱や低温加熱などの処理をされたのち、私たちの元へ提供されています。

人間の母乳はそのまま赤ちゃんが飲むことで栄養しっかり摂ることができるのですが、加熱された牛乳というものはその意味合いが変わっています。

・お腹を壊す理由

牛乳を飲んでお腹が下ってしまう人は多いですが、それにはある理由が隠れています。

お腹がゴロゴロする時には「乳糖不耐」という状態になっています。

加熱された牛乳は胃で凝固せずに直接腸に届き、この乳糖を排出させようとお腹がゴロゴロと動いてしまいます。

・アレルギーの原因に

飲み続けることで牛乳アレルギーになる可能性もありますが、アトピーやアレルギー性鼻炎などの原因になることも。

一概には言えませんが、牛乳が引き起こすことも考えられます。

このように牛乳について考えた結果、給食の牛乳を飲ませたくないと思う保護者が増えているという訳です。

子供に給食の牛乳を飲ませたくない時にする行動とは

アレルギーを発症した訳ではないけど、自分の考えのもと子供に学校の給食の牛乳を飲ませたくない、これを主張することは決しておかしなことではありません。

近年日本国内で起きている災害によって食べ物に影響を与えていることは周知のことかと思います。

全てがそれに当てはまるという事ではなく、きちんと自分の目で調べて本当に「飲ませたくない」と思ったのなら実行すべきです。

「学校へ手続きする方法」

給食はその生徒一人一人に対応できるようになっています。

その目的はアレルゲンを避けるためですが、牛乳を飲ませたくないという理由を訴えることも可能です。

・学校指定の申請用紙をもらう

学校の担任の先生に相談をして申請用紙を受け取ります。

・小児科医に記入をしてもらう

小児科で「飲み牛乳除去」と書いてもらいます。

手続きには500円~3000円程度のお金がかかる場合もあります。
かかりつけの小児科などに、相談してみましょう。

・学校に提出をします

この時、保険の先生や栄養士さんと面談することもあります。

・給食で牛乳が省かれます

牛乳を飲ませたくない、なかなか通らない主張

「わが子に牛乳を飲ませたくない」という主張をすると、当たり前のように牛乳を飲んでいる人たちから疑問の声があがるのは当然のこと。

子供に悪い影響を与えるものを給食として出すはずがないという前提があるので、やはり「飲ませたくない」と訴えることは簡単なことではないようです。

・対応が難しい

保育園に通う子供を持つお母さんが保育園に「牛乳を飲ませたくないのですが」と言ったところ、「牛乳は体にいいから大丈夫」となかなか聞いてもらえなかったようです。

しかしこのお子さまは原因不明の発熱が続いたそうです。

アレルギー検査をしてもとくに牛乳がアレルギーになっているということではなかったようですが、ある小児科医から「牛乳をやめてみては」と言われたとか。

このお母さんは牛乳は体によく、お腹も壊した経験がなかったので最初は驚いたようです。

でも病院に通ってばかりいるわが子のために牛乳をやめてみたいと決意。

その旨を保育園に伝えたところ、承諾されるまで時間を有したそうです。

・牛乳をやめたら体調が落ち着いた

それまで続いていた体調不良がピタッと収まったので、このお子さまは牛乳がやはり合わなかったのかも知れません。

必ずしもそうではないとは限りませんが、子供の口に入れるものを親がきちんと考えることは間違ったことではないはず。

ただ、周りの意見だけに流されるのではなくきちんと考えることが重要です。

牛乳=悪ということではない

給食の牛乳を飲ませたくないということについて考えてみると、ただその人の思い込みなどで主張しているのではなく、しっかりと考えてたどり着いた根拠があるということがわかりました。

このように給食の牛乳をやめたいと動く保護者の考えは広まりつつあります。

ハッキリとした理由がある場合のみですが、受け入れてくれる学校も増えています。

・全ての牛乳が体に悪いということではない

誤解しないで頂きたいのが全ての牛乳が体に悪い影響を与えるということではありません。

やはり学校給食として推奨されている物はそれなりに体によいという理由を持って提供されています。

牛乳がどこでどのように生産されているのか、どのような製法でどのような栄養があるのか。知った上で判断することが必要です。

【お子さんが牛乳を飲むことで体調が悪くなる】その原因を探り、その上で【牛乳を飲ませない】と判断することも、お子さんの健康を守るために必要なこと。

『学校で牛乳を飲めなのは問題では?』とお悩みになることはありません。

まずはお医者さんに相談から、はじめてみてはいかがでしょうか。

 - 子育て

ページ
上部へ