知っとく.com

これってどっち?パワハラとモラハラの違いを知ろう

   

これってどっち?パワハラとモラハラの違いを知ろう

セクハラ、パワハラ、モラハラ、マタハラ・・・

“○○ハラ”というものがここ数年でかなり増えてきたように感じます。

どういった意味なのか分かるものもあれば、イマイチ分からないというものもあるのではない

でしょうか。

ここでは特に職場で起こりやすい“パワハラ”と“モラハラ”の違いや、受けたときの対策などについてお話していきたいと思います。

あなたは大丈夫ですか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


パワハラとモラハラの違いが知りたい

パワハラとモラハラはどちらも職場で起こりますが、「これってパワハラ?モラハラ?」というように、その違いが分からないことがあります。

パワハラとモラハラの違いとは、一体何なのでしょうか。

パワハラとは?

パワハラとはパワーハラスメントのことを言い、職場での地位が高い人が低い人に対して暴言などで精神的なダメージを与えたり、暴力をふるい身体的にもダメージを与える行為のことを言います。

例えばミスをした部下に上司が

「こんなミスをするくらいなら辞めてしまえ!」

「使えない奴だな!この給料泥棒!」

こういった暴言を浴びせたり、能力があるのにも関わらずコピーや掃除、お茶くみといった仕事しか与えられなかったり、逆に慣れない仕事や無理な仕事を頼まれるというのもパワハラとなります。

また、直接的な暴力はもちろんですが部下の座っているイスを蹴ったり、物を投げつけるのは当たらなくてもパワハラです。

モラハラとは?

モラハラとはモラルハラスメントのことを言い、暴力ではなく言葉や態度で嫌がらせをして相手に精神的に追い詰めていきます。

例えば、

  • 同僚に話しかけても毎回無視される
  • 部下に仕事を依頼するとため息をつかれる
  • 陰口を言われる
  • 自分にだけは挨拶をしてくれない

こういったことは人格を否定されていることになり、モラハラと言えます。

内容を見てみると、パワハラとモラハラに大きな差はありません。

違いは“自分より上の立場の人から言われたかどうか”になるんです。

パワハラは立場が強い上司から立場の弱い部下に行われることですが、モラハラは部下から上司に行われたり、同僚同士で行われたりして、立場は関係なくおこります。

パワハラ・モラハラに違いない!こんな人や職場に要注意!

自分の職場で「あれ?これってパワハラなんじゃない?」「きっとモラハラだ!」そう感じたことはありませんか?

実はパワハラやモラハラを起こしやすいと言われている特徴があるんです。

  • 自分に自信がある
  • 思い通りにいかないと不機嫌になる
  • 攻撃的な性格をしている
  • 自己中心的
  • プライドは高いが気は小さい
  • 無責任

あなたがパワハラやモラハラだと感じた上司や同僚に、こういった特徴があるのでは?

もちろん、こういった特徴があると起こしやすいというだけであって絶対にそうなるという訳ではありませんが、上司や同僚に同じような特徴をもっている人がいれば、注意しておいた方がいいでしょう。

また、パワハラ・モラハラが起こりやすい環境というものもあります。

  • 人手が足らずに一人一人の負担が多い
  • 責任者が人間関係や一人一人の仕事量を把握できていない
  • 上司が部下に厳しくするのは当たり前、少々のパワハラは仕方がないと思っている人がいる
  • 仕事がマンネリ化していたり、暇すぎる
  • 上司と部下のコミュニケーションがない

こういったことが挙げられます。

仕事量が適正でなければイライラしてしまい、上司・部下に限らずコミュニケーションが少ない職場は人間関係も悪化してしまうんです。

性格的な特徴がなくても、働く環境によってパワハラ・モラハラをする側になってしまうかもしれないということを、覚えておきましょう。

パワハラとモラハラの違いが分かったら対策を知ろう

パワハラとモラハラの違いはお分かり頂けたでしょうか。

では、自分が職場でパワハラやモラハラを受けてしまったときの対策についてお話していきます。

上司・同僚に相談する

一人で悩まずに、社内の人間に相談することをおすすめします。

パワハラであれば、それを行っている上司の上司に相談してみましょう。

モラハラであれば、上司や同僚でも構いません。

この時にただパワハラ・モラハラを受けたということではなく、「いつ」「どこで」「誰が」「どんなことを言ってきた」というように、詳しく話したほうが相手にもどれだけ自分が苦しんでいるかということが伝わるでしょう。

素直に受け止めずに聞き流す

上司からの暴言や同僚から人格を否定するような発言をされたなら、落ち込んでしまうのも当然です。

しかし、全てを受け止めているとどんなに仕事が好きでも精神的にボロボロになってしまいます。

何を言われても、どんなことをされても(あ~また言ってるな)(はいはい、お好きにどうぞ)くらいの気持ちでいればいいんです。

もちろん態度に出せばさらに怒らせてしまうので、顔は反省しつつ心で舌を出しておきましょう。

社外に相談

上司に相談しても何も変わらない、会社自体の環境が悪いという場合には状況は悪くなる一方です。

労働局や労働委員会は各都道府県にあるので相談してみましょう。

この時にも、「いつ」「どこで」「誰が」「どんなことを言ってきた」ということが分かるように説明した方がいいですね。

どうして自分はパワハラやモラハラを受けてしまったのだろう

パワハラやモラハラをする人は職場の全員にしているわけではなく、特定の人にだけという場合がほとんどです。

パワハラ・モラハラを受けた人からすれば「どうして自分なんだろう」と思ってしまいますよね。

実はパワハラ・モラハラを起こしやすい人に特徴があるように、されやすい人にも特徴があるんです。

  • 責任感が強く頼まれると断れない
  • 自分の言いたい事は我慢して相手に合わせる
  • 真面目
  • 何かあるとすぐに「すみません」と謝る
  • 常に人の顔色を伺っている
  • コミュニケーションをとるのが苦手
  • 自己主張が強すぎる
  • 空気を読まなさすぎる、読みすぎる

どうですか?

自分に当てはまるところはないでしょうか。

パワハラ・モラハラされやすい人の多くは「いい人」であるということが分かりますよね。

また、自己主張が強すぎても弱すぎてもダメ、空気を読みすぎても読まなさすぎてもダメというように、周りと違う部分があれば攻撃されやすくなってしまいます。

個性はとても大事なのですが、その個性が強すぎると職場では受け入れられにくいのです。

パワハラ・モラハラを受けたあなたが悪いんじゃない!

パワハラとモラハラの違い、対処法などについてお話してきました。

上司や同僚から嫌がらせを受けたとしても最初はそんなに気にならないかもしれませんし、気のせいと思うかもしれません。

でも、パワハラやモラハラをする人というのは簡単には変わることはなく、毎日のように暴言や態度で攻撃してくることでしょう。

人格を否定されるようなことも言われても自分を責めてはいけません。

言われるがままに反省し、「自分はダメな人間」「自分が悪いんだ」なんて思う必要なんてないんです。

もしも上司や同僚からそういった行為を受けたなら一人で悩まずに周りに相談してみましょう。

モラハラは一人に対して攻撃することが多いので、周りが気づいていないということもあります。

あなたの苦しさを誰も知らないかもしれません。

さらに、苦しんでいるのはあなただけじゃないということもあります。

同じようにパワハラ・モラハラを受けて苦しんでいる人達と立ちむかうことだってできるんです。

パワハラやモラハラを受けていると孤独を感じてしまいますが、一人で抱え込まないで下さいね。

あなたの力になってくれる人は、きっといますから。

 - ライフハック

ページ
上部へ