知っとく.com

乳歯が茶色じゃないからといって虫歯ではないと安心しないで!

   

乳歯が茶色じゃないからといって虫歯ではないと安心しないで!

子供の歯が虫歯にならないように日頃から気を付けているパパママも多いはず!

虫歯と聞くと茶色や黒色のイメージがありますが、乳歯の場合は茶色になっていない

からといって安心してはいけないのです。

乳歯の虫歯にはどういった特徴があるのでしょうか。

虫歯ではないかと心配になったときや、虫歯予防などについてもまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


乳歯が茶色ではなく白色だから虫歯ではないよね?

子供の歯を磨いているときに、歯に透明感のない白い点を見つけたことはありませんか?

虫歯と言えば茶色や黒色といったイメージがあるので、点があったところで色が白ければそれほど気にもとめないでしょう。

これ、実は虫歯なんです!

乳歯に出来る白い点は“白い虫歯”と言われる初期虫歯です。

乳歯は大人の歯に比べると、質が未熟で柔らかくてエナメル質も半分しかありません。

このエナメル質の再石灰化不全が原因で乳歯は白くなってしまいます。

質が柔らかい乳歯が虫歯になってしまうと進行が早く、さらに白い虫歯は黒い虫歯よりも進行が早いのです。

虫歯だからといって歯を削らないといけないわけではありません。

白い初期虫歯の段階であれば、削るなどの処置をしなくても元通りになります。

だからこそ、乳歯の白い点をいち早く見つけることが大切なのです。

仕上げ磨きのときには茶色や黒色だけでなく、白い点もチェックしましょう!

乳歯が茶色になっても虫歯ではない場合もある!

仕上げ磨きなどで子供の歯を見ていると、白い点にはなかなか気づかなくても茶色くなっていればすぐに分かりますよね。

奥歯の溝に茶色い線が出来ていたり、歯の裏が茶色いと感じたときには虫歯だと不安になるでしょう。

確かに虫歯菌が歯の象牙質まで進行すれば、茶色くなります。

そこまで進行していれば穴が空いている可能性も高いです。

しかし、歯が茶色くなっているからといって全てが虫歯とは限りません。

歯が茶色くなってしまう原因には“着色汚れ”があります。

着色汚れと聞くと、コーヒーや紅茶、赤ワインなどが思い浮かぶので子供には関係ないように思えてしまうのですが、麦茶やほうじ茶であってもたくさん飲めば茶渋がついてしまいます。

また、子供が好きなカレーやチョコレートなども着色汚れの原因となるので、食べ過ぎや食べた後に放っておくと茶渋がつきやすくなるんです。

子供の歯が茶色くなっていても虫歯だと決まった訳ではありませんが、虫歯なのか着色汚れなのかは歯科医でも判断が難しいほどなので、素人では見分けがつきません。

乳歯に茶色いものを見つけたときはすぐに歯医者でみてもらいましょう。

乳歯が白色や茶色で虫歯ではないかと心配になったときは

子供の歯に白色の点があったり茶色くなっているのを見つけたら虫歯を疑いますが、子供が痛がっていなかったとしたら

「そこまで気にする必要ないかな」

「少し様子を見てみよう」

そんな風に思うかもしれませんが、子供は痛みの感覚が未発達なために、大人のように痛がるようなことがなくても、虫歯の場合があります。

様子を見ているうちに虫歯が神経まで達してしまうということも少なくありません。

そのため、気になる点が出てくればすぐに歯医者へ行くことをおすすめします。

初期虫歯であれば歯を削らずにフッ素を塗布し再石灰化を助けます。

フッ素は歯の質を強化したり、虫歯菌の活動を抑える効果もあります。

フッ素を定期的に塗ることで歯の質を強くし、元の状態に戻していくのです。

歯の茶色くなっている部分が虫歯だったとしたら、その部分を削って詰め物をします。

乳歯への詰め物は取れやすいので、仕上げ磨きなどのときには取れていないかどうかをチェックするようにし、取れていればその穴からまた虫歯になる可能性が高いのですぐに歯医者に行って詰めてもらう必要があります。

子供の歯を虫歯にさせないために出来ること

出来ることなら子供を虫歯菌から守ってあげたいですよね。

虫歯にさせないために出来ることがいくつかあるので覚えておきましょう。

食事やおやつは時間を決めて

食べ物が口に入っていれば、それだけ虫歯になるリスクが上がります。

子供はご飯をだらだらと食べたり、おやつもちょこちょこと食べてしまいがちなので危険です。

食事やおやつは時間を決めるようにしましょう。

また、おやつやジュースには糖分が多く含まれていて、虫歯になってしまう可能性が高いので与えすぎには注意しなければなりません。

歯磨き粉にはフッ素入りを

家での歯磨きはフッ素配合の歯磨き粉を使うようにします。

歯磨き粉以外にも磨いた後に塗るフッ素ジェルや、フッ素洗口剤などもあるので歯医者さんと相談しながら使ってみましょう。

歯医者での定期検診

定期的に歯医者へ行き虫歯がないかをチェック、フッ素塗布もしてもらいましょう。

また、虫歯になりやすい奥歯の溝をプラスティック樹脂などで埋めるシーラントも虫歯予防の一つです。

虫歯菌に感染させない

赤ちゃんには虫歯菌が存在していませんが、家族で食器を共有したりスキンシップすることで虫歯菌に感染してしまいます。

3歳くらいまでは虫歯菌に感染しないように注意しなければなりません。

乳歯だからと放置しないことが大切

いかがでしたか。

乳歯の虫歯の特徴や治療法・予防についてお話ししてきました。

子供が虫歯になってしまったとしても、年齢的に歯医者で泣いたりして治療を受けるのが難しかったりということもあるので、連れて行くパパママは正直大変なんですよね。

「乳歯だから虫歯になっても永久歯に生えかわるから放っておいても大丈夫かも」

そんな気持ちになってしまうかもしれませんが、乳歯が虫歯になると永久歯にも影響が出てくるんです。

虫歯を放っておくことで虫歯菌は増え続けます。

虫歯菌が増えたところに永久歯が生えてくれば、永久歯が虫歯になる可能性もグッと上がってしまいます。

また、虫歯が進行して神経などの治療をすれば永久歯の歯並びが悪くなったり、形や質も悪くなってしまうんです。

大切なのは

  • 虫歯にさせないこと
  • 虫歯かも?と思ったらすぐに歯医者へ

ということです。

虫歯になってから歯医者へ行けば治療が怖くて泣いてしまうことがあるので、きちんと定期検診をして歯医者に慣れておくといいでしょう。

大切な子供の歯、パパママがしっかりと守ってあげて下さいね。

 - 子育て

ページ
上部へ