知っとく.com

私って間違ってる?正しい洋服の洗濯頻度 教えます!

   

私って間違ってる?正しい洋服の洗濯頻度 教えます!

自分のやり方が周りの人と違っているのか、気になることってありませんか?

例えば洋服ですが、洗濯頻度ってみなさんどれくらいなのでしょう。

洋服と言っても家着やセーター類、学生服など種類も様々です。

それぞれの正しい洗濯頻度について調べて見ました。

他にも洋服以外の洗濯頻度や、お気に入りの洋服を洗濯する時のポイントなどもご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


みんなはどうなの?洋服の正しい洗濯頻度を知りたい!

みんな洋服は毎回洗っているんだろうか?それとも何回か着てから洗っているんだろうか?

もしかすると自分の洗い方は間違っているのかも・・・

そんな風に考えたことが一度はあるんじゃないでしょうか。

正しい洗濯頻度を知りたい!という人は多いと思いますが、洋服をどれくらいの頻度で洗濯するかは人によって変わるので【正しい洗濯頻度】なんてものはありません。

洋服が傷んでしまうから数回着てから洗うという人もいれば、一度着た洋服は絶対に洗わなければ気が済まないという人もいます。

正しいものはありませんが、洋服の寿命を縮めないためにおすすめの頻度をご紹介します。

【毎回洗う】

  • 下着
  • 靴下
  • Tシャツ

これらは直接肌に触れる物なので、毎回洗うのがいいですね。

ただし、女性の下着はデリケートな素材を使っていたりするので手洗いをおすすめしますが、洗濯機を使うのであれば洗濯ネットに入れて洗いましょう。

【2回程度着てから洗う】

  • パンツ
  • トレーナー

【3回以上着てから洗う】

  • ジーンズ
  • パジャマ、部屋着

【5回程度着てから洗う】

  • スカート
  • ニット、セーター

もちろん季節や汚れ具合によって頻度は変わってきますが、お気に入りのものであれば、洗濯回数を減らしておくほうがいいでしょう。

下着や靴下、Tシャツなどはお気に入りであっても毎回洗濯することをおすすめします。

消耗品だとあきらめておいたほうがよさそうですね。

学生服やスーツの洗濯頻度はどれくらい?

仕事にスーツを着ていくという人や、お子さんがいるご家庭では学生服の洗濯頻度も気になるところではないでしょうか。

スーツや学生服って家で洗うのは難しいから・・・とクリーニングに出す人も多いですが、その頻度は季節ごとに出すというのが一番多いんです。

毎日着るものだから出すタイミングが分からずに、衣替えの時期まで出せないというのが理由のようです。

頻繁にクリーニングを出せばそれだけ費用もかかりますし、洗ってしまうことにより型崩れの心配もありますよね。

ただ、あるアンケートによれば子供の多くは週に1回は洗ってほしいと思っていて、少なくても月に1回は洗濯してほしいと考えていることがわかりました。

洗濯出来ない場合でもハンガーにかけて干したり、消臭スプレーを振ったり、濡れたタオルで拭くなどの対処法をされているご家庭もおおいのですが、こういった対処法では汚れを取ることはできません。

家で学生服を洗ったことのある人であればその汚れに驚いたことがあるのではないでしょうか。

綺麗に見えていても実際はかなり汚れているんですよね。

汚れ具合は環境にもよりますが、少なくても月に1回は洗濯した方がいいでしょう。

クリーニングに出さずに家で洗うことも出来るので、費用はそれほどかかりません。

洗濯機で洗う場合、他の洗濯物と同じように標準コースで洗うという人も多いのですが、これだと学生服の生地を傷めてしまいます。

洗濯機で洗うときには、それぞれを洗濯ネットに入れて手洗いコースを選びましょう。

洗剤もおしゃれ着用であれば安心ですね。

最近はスーツも家庭で洗える物が増えてきているので、学生服と同じように洗うといいでしょう。

洋服以外の洗濯頻度も気になる!

洋服・学生服の洗濯頻度についてはだいたいお分かり頂けたでしょうか。

家の中にはそれ以外にも洗濯するものがたくさんありますよね。

洋服以外の洗濯頻度について見ていきましょう。

バスタオル

バスタオルはどれくらいの頻度で洗濯していますか?

アンケートによればほとんどの人が使う度に洗うと答えていましたが、2~3日使ってから洗うという人が1割ほどいて、少数ですが1週間に1回という意見もありました。

毎回洗わない意見としては、

  • お風呂上がりの綺麗な体を拭いているんだから汚れていない
  • バスタオルはかさばるから、なるべく洗濯したくない
  • 洗濯機を毎日回さないから

などが多いようです。

確かにお風呂上がりで使ったのであれば綺麗な気がしますよね。

しかし、体を洗ったとしても使用済みのバスタオルには雑菌がいます。

翌日には雑菌の数は増え、雑菌だらけのバスタオルで体を拭くことになるのです。

そう考えると、バスタオルやタオル類は毎回洗濯した方が良さそうですね。

かさばるのが嫌だという人には、スポーツタオルやフェイスタオルなどで代用するのもおすすめです。

マット類

お風呂マット、キッチンマット、トイレマットを使っているというご家庭も多いと思います。

このマット類の洗濯ってなかなかタイミングが難しいんですよね。

それぞれの洗濯頻度について見ていきましょう。

お風呂マット

お風呂マットもバスタオル同様、使った後には濡れてしまいます。

雑菌のことを考えれば毎日洗うのが理想なのですが、お風呂マットを洋服などと一緒に洗うことに抵抗がある人もいるでしょう。

そうなれば毎日2回洗濯機を回すなんて大変だし、水道代などもかかってきます。

そんな時は浴室でしっかりと体を拭いてから出てくれば、バスマットもそれほど濡れませんし使った後には干して乾燥させておきましょう。

洗濯頻度としては3日1回、少なくても1週間に1回は洗うことをおすすめします。

キッチンマット

キッチンマットは他の物と比べると大きいのでなかなか頻繁に洗いたくありませんよね。

しかし、水ハネであったり調味料が飛んでいたりして汚れています。

洗濯頻度としては2週間に1回をおすすめします。

キッチンマットを洗濯ネットに入れて、洗剤・漂白剤を洗濯機に入れて洗いましょう。

トイレマット

一番洗濯するのが嫌になるのがトイレマットではないでしょうか。

キッチンマットとお風呂マットは一緒に洗っても気になりませんが、トイレマットは他と一緒には洗いたくないですよね。

トイレは一日数回行く場所ですし、尿が飛び散ったりもしています。

尿が付いていたり湿気があると感じた時にはすぐに洗い、見た目には綺麗であっても1週間に1回は洗っておきたいものです。

洗濯機を使いたくないという人は手洗いでも大丈夫!

ぬるま湯に洗剤と漂白剤を入れてもみ洗いをし、つけ置きしましょう。

つけ置きが終わればすすいで洗濯機で脱水して干します。

洗うのが面倒というのであれば、“マットを使わない”というのもアリではないでしょうか。

大切な洋服を長持ちさせるときに洗濯で気を付ける事は?

大切な洋服は傷めずに長く着たいものです。

そのためには、洗濯回数を減らせばダメージを与えることも少なくてすみます。

とは言っても、全く洗わないという訳にはいきませんよね。

洗濯する時に少し気を付けるだけでも変わってくるので試してみて下さい。

手洗い

洗濯機で洗うよりも、手洗いするほうが洋服へのダメージは少ないです。

手洗いするときには、ゴシゴシするのではなく押し洗いするようにしましょう。

それだけでも十分汚れは取れますよ。

脱水は洗濯機に任せればそれほど手間もかかりません。

洗濯ネットを使用

手洗いは面倒!洗濯機で洗う!というのであれば、洗濯ネットを使用しましょう。

ネットに入れるときには裏返しにするのもポイントです。

洗濯ネットに入れることで洋服を摩擦から守ることが出来ますし、裏返しにすることで毛玉などが出来にくくなります。

手洗いの場合も、洗濯機で洗った場合でも脱水時間を短めにしておきましょう。

ハンガー・直射日光に注意

ハンガーに掛けて干すとトレーナーなどは濡れて重くなっているので、首回りが伸びてしまいがち。

ハンガーは首の部分に通さない方がいいでしょう。

また、直射日光に当てると色が抜ける可能性があるので陰干しをおすすめします。

洗濯をどれくらいの頻度でするかは家庭によって違う

いかがでしたか。

洋服の洗濯頻度や長持ちさせるコツ、洋服以外の洗濯頻度についてもお話してきました。

洋服の洗濯頻度が人それぞれであるように、洗濯機をどれくらいの頻度で回すのか家庭によって変わってきます。

人数の多い家庭であれば毎日洗濯しないと追いつきませんし、一人暮らしであれば一日で洗濯物は溜まりませんし、水道代や洗剤の節約のことを考えると2~3日に一度の人が多いでしょう。

それに、忙しい人なら 洗濯機を回す→干す→取り込む→畳む の作業は時間がかかってしまうので毎日となると大変です。

ここでご紹介した洗濯に関する頻度は洋服を長持ちさせるのにおすすめの頻度であり、正しい洗濯頻度ではありません。

洋服をどれくらいの頻度で洗濯するかと同じように、洗濯機をどれくらいの頻度で回すのかについても正解なんてものははありません。

周りがどれくらいの頻度で洗っているのかは気になるところですが、それが自分にピッタリとも限りませんし合わせることによってストレスだって溜まるかもしれません。

洋服のことを考えつつ、自分のライフスタイルにあった洗濯頻度を見つけて下さいね。

 - 洗濯・掃除

ページ
上部へ