知っとく.com

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理 教えます!

   

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理 教えます!

結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと思っていたのに…。

毎月夫から生活費を渡されてそれで生活をする妻は実は多いです。しかし、いくら稼いでいるのか家計が見えずに悩んでしまう人ばかり。

では、給料の管理はどちらが行った方が上手くいくのでしょうか。

これについて検証してみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


夫の給料はどちらが管理してますか?

結婚をしている人のお金の管理はどうしているのでしょうか。

とくに夫の給料の管理については意見が相違しています。

実際にはどうしているのか、みなさんの意見をご紹介します。

「夫の給料の管理はどうしていますか?」

  • 「毎月お小遣いを含めた生活費を渡され、それで食事の用意などをしています。」
  • 「給料の明細はメールでもらい、私がそれぞれ振り分けています。銀行のカードは夫が、通帳は私が持っています。」
  • 「夫が徹底管理しているので何も文句はありません。」
  • 「毎月夫が決めた金額を渡され、それでやり繰りをして家計簿をつけています。」
  • 「毎月の明細までは見ていないけど年収は把握しています。」

このように、給料の管理は夫と妻の半数づつの意見に分かれます。

ただ、夫が全て管理をすると明細が全くわからなくて不安…そんな妻の声が多いようですね。

給料の管理は夫か妻か?2つのパターン

「パターン①妻が管理」

メリット:家計を妻が全て把握できる

浪費癖のある夫で家計管理が好きな妻なら、こちらのパターンがやはりオススメ。

これなら夫の給料がいくらなのか、全て把握できます。

そして夫は渡されたお小遣いの中でやり繰りするだけなので、銀行に行く必要がなくなります。

デメリット:夫が把握できなくなる

いくら稼いだのかはわかるものの、その使い先まで把握できなくなります。

これがストレスに感じることも多いです。

「パターン②夫が管理」

メリット:生活費を一定にできる

妻は毎月夫から渡される生活費でやり繰りをすることになるので、生活費がおおよそいくらなのかわかります。

デメリット:妻の小遣いが不透明になる

渡された生活費の中で節約をしても難しく、給料の変動に順応しにくいです。

妻に給料の管理を任せない夫の理由

夫婦の家計の問題は思ったよりも根深く、どちらが主導権を持つか持たないか…。

夫の中には「絶対に妻に管理はさせない」と思う人がいます。

その理由は一体なぜでしょうか。

  • 妻が無駄遣いばかりするから
  • 自分が稼いだお金は自分で管理したい
  • 自分で思うように使いたい
  • きっちり貯めたい
  • 妻に任せるとお小遣いが減るから

このような理由があげられ、お金をキッチリ管理する人と、自分で使いたいという気持ちがある人と大きく分かれます。

妻としては、普段使う食費や子供にかかるお金が気がかりであり、さらに貯金がどのくらいあるのか?くらいは知りたい、こう思っているようです。

家計というものはどちらが管理した方が上手くいくのか、さらに考えていきましょう。

家計の管理は「夫婦で」行う

家計の管理は夫か妻か、どちらがすべきか?

この問題についてはどちらが管理をしても、どちらかが必ず不満を持つものです。

家庭によっては一見それで円満のように見えても、自分の小遣いが少なければやはりストレスになります。

好きなように使っていいと言われない限り、家計というものはどこか我慢をしないといけないものなのです。

「夫婦で管理をする」

それなら夫婦2人で管理をしていけばいいのではないでしょうか。

そのためには家計簿をしっかりと付けましょう。

妻が家計簿を記入し、給料日前には「あといくら残っている」と残高を夫に教えます。

1ヶ月終わったら収支を2人で確認し合い、改善すべき点があれば2人で解決をする。

この方法を選べば大きな問題にはなりません。

お互いの信頼関係がないとできないことなので、家計をオープンにすることが重要。

隠したい買い物があるから夫婦別に管理したくなるものですが、全て開示することで明朗会計になるということです。

理想スタイル「夫の給料で生活、妻の給料は貯金」

家計の管理というものは、実に難しく慣れるまでは頭を悩ますかと思います。

上手くいく家計の管理はこんなやり方です。ぜひ参考にしてみましょう。

「共同管理」

先ほどもお伝えしたように、夫婦2人で家計の管理をします。

家計簿はいつも2人で管理するようにし、どちらか一方に任せきりにしないようにします。

その方が後から文句を言われずに済むのと、大きな問題になりにくいからです。

「共同口座を持つ」

夫婦共働きの場合は共同の口座を持つというのも一つの手段です。

毎月落ちるローンや保険代などをその口座から払い、あとはそれぞれ貯金をするのもいいでしょう。

「妻のパート代は貯金」

妻がパートへ行く場合は夫の給料だけで生活をし、妻の給料を全て貯金に回すやりくりが理想的です。

その方が管理しやすく、貯金もしやすいのでオススメ。

この場合はお互い給料明細を確認し合い、信用を失くさないようにしましょう。

家計の問題がときには夫婦喧嘩の原因になることも多いので、お互い主張し合ってばかりせず、第三者の視点から家計を見直すようにしてください。

うまくいかない場合は、ファイナンシャルプランナーなどに家計の見直しをお願いするのもいいですね。

 - 経済

ページ
上部へ