知っとく.com

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

   

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だという人もたくさんいます。

以前は料理好きだったけど、嫌いになってしまった・・・なんて人もいるでしょう。

苦手な人からしてみれば、「料理の何が楽しいの?」と思いますよね。

料理上手な人に料理が楽しい理由を聞けば、苦手な人も料理好きに変わる可能性があるんですよ。

苦手な人でも美味しく簡単にできる調味料などを合わせてご紹介しますね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


楽しいなんて思えない!料理が苦手な理由とは?

料理が嫌い・苦手だというのには人それぞれ理由があります。

自分がどうして料理が嫌い・苦手なのかをきちんと把握しておくことは料理を好きになるの
に大切なポイントとなります。

1.レパートリーが少ない

作れる料理が少なければ、作る機会も減りますし楽しいと思うこともないでしょう。

レパートリーが少ないせいで、毎日の献立を考えるのも大変で面倒くさいと感じてしまうのです。

2.食材を上手く使えない

決まったものしか作れないと、冷蔵庫の食材で料理を作る事ができません。

料理上手な人であれば食材が2,3つあるだけでサッと作れてしまうのですが、苦手な人は食材から料理を思いつくことができません。

思いつかなければ必要なものを買いに行かなければならないということになり、料理自体をしたくなくなってしまいます。

3.後片付けが面倒くさい

料理って作るだけじゃなくて、準備から後片付けまでしなければいけません。

「作るだけならいいんだけど、後片付けのことを考えると料理したくなくなる」

という人も多いでしょう。

他にも理由はたくさんあるでしょうが、料理を苦手に感じている人の多くはこの3つのどれかに当てはまるのではないでしょうか。

料理は【大変・手間・面倒くさい】と感じるのでやりたくなくなるんですよね。

料理好きな人が楽しいと思える理由を知りたい!

料理が苦手な人にとっては、料理の楽しさが理解できないかもしれません。

料理好きな人はどんなところを楽しいと感じているのでしょうか。

自分好みのものを作れる

外食をしたり、スーパーでお総菜を買えば楽で美味しく食べる事ができますが、自分で料理をすれば自分好みの味に作る事ができます。

「塩を入れてみようかな」「醤油を足したらどうなるだろう?」

といったように色々チャレンジできるのも楽しさの一つです。

上達する

料理嫌いから料理好きになったという人って結構多いんですよね。

それは、料理って自分でも上達していくのが分かりやすいからだと考えられます。

もちろん得意・不得意はありますが、料理は回数をこなせばこなすほど確実に上手くなるので、それが自分でも感じることが出来れば料理を楽しいと思えるでしょう。

リフレッシュできる

料理を作っている時って(これを焼いてる間に○○を準備して・・・)と料理の行程を考えているので他のことを考えることってあんまりないんです。

忙しい日々を送っていると常に色んな事を考えてしまいがちですが、料理のことだけしか考えなくていいというのは案外リフレッシュになるものです。

また、お肉を叩いたりすることもストレス解消に繋がります。

これらの理由を見ていると、料理上手ではなくても料理を楽しいと思えることができそうですよね。

楽しいと思えていた料理を嫌いになってしまった理由

もともとは料理をすることが楽しくて好きだったけれど、あることを境に嫌いになったという人も少なくありません。

好きだった料理を嫌いになる理由とは何なのでしょうか。

理由の一つとして、付き合った男性が料理上手だったということがあります。

「料理好きの男性なんて羨ましい!」

そう思う人もいるかもしれませんが、料理好きな上に自分よりも上手な男性であれば手料理を振る舞うことをためらってしまうんです。

料理上手な男性の前で料理をすると、「手際が悪いとか思われてないかな」「包丁さばきが下手だと思われていたらどうしよう」などとプレッシャーを感じてしまいます。

また、男性から「もうちょっと○○した方がいいよ」とアドバイスされると「こんなこと言われるなら作るんじゃなかった」と思ってしまうんです。

これを繰り返していると、料理を作る事を嫌になってしまいます。

他には、喜んで食べてくれる相手がいなくなったというのも理由の一つと言えます。

子供が小さな頃は自分が作ったものを「おいしい!おいしい!」と喜んで食べてくれたのに、子供が大きくなりご飯を食べる時にはスマホやテレビを観ながらなのでご飯の感想を言ってくれることもなくなる。

料理が好きで作ったとしても食べる相手が何も感想を言ってくれなかったり、食べる事に向き合っていないと作る気力も失せてしまうんです。

せっかく料理が好きだったのに、こういった理由で嫌いになってしまうなんてもったいないことですよね。

料理が苦手でも調味料を上手く使えば美味しく出来る!

料理を作るのは嫌いじゃないんだけど、いつも味がイマイチで・・・

という人もいるでしょう。

そんな人におすすめの調味料をご紹介します。

めんつゆ

買っておいて損なし!くらいの調味料です。

そうめんや蕎麦に使うことの多いめんつゆですが、麺だけではなく色んな料理に使えるので冷蔵庫に1本は入れておきましょう。

■きんぴらごぼう
ごま油で鷹の爪・ごぼう・人参を炒めてめんつゆを回し入れ、汁気がなくなれば完成。

■ほうれん草ごま和え
ほうれん草をごま油で炒めてめんつゆで味付けし、すりごまを入れる

■おでん
具材・水・めんつゆを一緒に煮るだけ

■肉じゃが
肉・にんじん・タマネギ・じゃがいもを炒めてめんつゆと水を加え、落としぶたをして煮る

このように、ほとんどのめんつゆには【しょうゆ・かつお節・砂糖】が入っているので難しいと感じる和食が簡単に作れてしまうんです。

めんつゆだけで作る事だって出来ますし、味を見ながら少し他の調味料を足したとしても
大失敗になるなんてことはありません。

ご紹介した料理だけでなく、めんつゆを使えば他にもたくさん作る事が出来るので挑戦してみましょう!

まずは自分のために料理を作ってみよう

いかがでしたか。

自分が料理嫌いな理由、料理好きな人が料理を楽しいと感じる理由などが少しは見えてきたのではないでしょうか。

料理を好きになったきっかけとして、「自分の料理を美味しいと喜んで食べてくれた」という人って結構います。

確かに誰かに食べてもらう、自分の料理を褒めてもらうということが料理を好きになる一番の近道かもしれません。

しかし、誰かのために作ろうと始めれば「失敗したらどうしよう」というプレッシャーや「また今度も作らなければ」という義務のように感じてしまい、楽しむことなんて出来ないでしょう。

料理を楽しいと思えなければ料理を好きになるのは難しいと思います。

最初は誰かのためにではなく、自分のために料理を作りましょう。

作り方が分からなければ、レシピ本やネットで探せばたくさん出てきます。

簡単なレシピもあるので心配いりません!

自分のために作り、楽しいと感じるようになれたなら誰かのために作るのもいいでしょう。

きっとプレッシャーなんて感じず、楽しみながら料理が出来ますよ。

 - ライフハック

ページ
上部へ