知っとく.com

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!

   

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!

熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いてしまった時は、ご飯を食べない方が早く治ると言う人がいます。

この説はやはりNGなのですが、その一方で間違いではない部分もあるので詳しく解説していきます。

風邪をしっかり治すための必要な栄養や、風邪を引いた時にアイスをオススメする理由についてもご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


風邪を引いた時はご飯を食べない方がいいって本当?

風邪を引いてしまうと食欲も落ちてしまうもの。

高熱が出てしまった時や、鼻水や鼻づまりの症状がある場合も食事がのどを通りにくくなってしまいますね。

こんな時は無理せずに食べなくてもいいという人もいますが、食べずにいると体力が落ちてしまったり、空腹のまま薬を飲むことで胃の負担が大きくなってしまいます。

消化の良い食べ物を

風邪を引いてしまった時は腸に負担がかからない、消化の良いものがオススメです。

やはり「おかゆ」が体を温め、胃腸にも優しいので最適です。

鼻が詰まって食べにくい時は「うどん」などもよいでしょう。

この時にしょうがやネギ、梅干しも一緒に摂ることで体が温まります。

「食べない方がいい」と言う理由は、腸に大きな負担がかかることで免疫力にも影響が出るおそれがあるからです。

風邪を引いてしまうと内蔵も弱ってしまうので、辛いものや油っぽいものは控えましょう。

果物は体を冷やす

風邪を引いた時によく果物を食べますが、食べ過ぎてしまうと体が冷やしてしまいます。

よく食べるみかんやリンゴやバナナは、焼いて食べると美味しく、体を冷やさずに味わえます。

ご飯を食べないのはNG!風邪の時に必要な栄養

風邪を引いた時はご飯を食べない方がいいというのはやはり間違い。

引きはじめ、発熱時、回復時とそれぞれ摂った方がよい栄養素があります。

「引きはじめのころ」

免疫力が低下して風邪のような症状が出始めたら次の栄養素をしっかり補給しましょう。

  • ビタミンA…粘膜を丈夫にします。
    不足すると口内炎などの症状が現れてしまいます。
    食材:レバー、うなぎ、鶏ハツ、卵、チーズ、サーモンなど。
  • ビタミンC…体内に侵入した病原菌を攻撃、免疫力アップにつながります。
    食材:パプリカ、ピーマン、ゆず、パセリ、芽キャベツ、ゴーヤ、明太子、柿、キウイ、モロヘイヤ、いちごなど。
  • 亜鉛…免疫細胞が活性化して免疫力を高める効果があります。
    食材:牡蠣、鮎、レバー、牛肉、卵、ココア、ごまなど。

「発熱時」

高熱が出ている時に消化の悪いものを食べるとそこにエネルギーを費やしてしまいます。

無理して食べずに消化のよいものをとり、水分補給をしっかりと行いましょう。

  • ミネラル…失ったミネラルを補給します。
    食材:白湯に天然塩を少し入れて飲むのがオススメです。

「回復時」

熱が下がってくれば自然と食欲も湧いてきます。

この時は消化の良いものを食べましょう。

  • タンパク質…ビタミンB群を多く含んだものを摂ることで代謝に働きます。
    食材:卵や豆腐、納豆、鶏胸肉など。
  • ビタミン、ミネラル…弱った免疫力を回復するのに役立ちます。
    野菜スープなどにすることで消化もよく、ミネラルも一緒に摂れるのでオススメです。

「風邪はご飯を食べない方が早く治る」について

「風邪を引いた時にはご飯を食べない方がいい」という説は全てが正しい訳ではなく、そして間違いでもありません。

先ほどお伝えしたように、発熱時は細菌と戦うためにたくさんエネルギーを使います。

この時にたくさん食べてしまうと腸の方でエネルギーを費やしてしまうので、回復が遅くなってしまうこともあるのです。

摂取をやめると自然治癒力が高まる

人間というものは食べ物を摂ることで胃腸などの内蔵がフル回転をします。

過剰な摂取をしてしまうと排泄機能が落ちてしまいます。

ここで摂取をやめると体内にたまった老廃物が出るので、内蔵機能がしっかり働くようになるんです。

「食事を摂らない方がいい」という意味ではなく、食べ過ぎはこのような機能低下を起こしてしまい、あらゆる病気の元になってしまいます。

子供がお腹の風邪を引いた時のミルクや食事

子供がお腹を下してしまう風邪や、ロタやノロなどのウィルス性の病気になった時の食事はこのように行いましょう。

脱水症状が落ち着いたら再開する

お腹を下しているときは経口補水で補給を続け、落ち着いて来れば子供が食事やミルクを欲しがります。

昔はある程度落ち着くまでは食べない方がいいとされていましたが、最近では早期に食べ始めることそ推奨されています。

ミルクもいつも通りにあげて良いそうです。ご心配な場合は医師へご相談ください。

風邪を引いた時にアイスをオススメする〇つの理由

風邪を引いた時ってなぜかアイスが食べたくなりますね。

熱がある時は冷たくて美味しいものです。

実は風邪を引いた時のアイスはオススメなんです。

  • バニラビーンズの香りで免疫力アップ
  • 栄養補給になる
  • のどが痛くても食べやすい
  • 子供に薬を与える時に利用できる

このようにアイスの中でもバニラアイスを選ぶことで免疫力がアップするとも言われています。

ただし、食べる時は次の点に注意をしてください。

  • お腹の風邪の時はダメ
  • 体を冷やさないようにする

お腹を下している時にアイスはNGです。また、食べ過ぎももちろんNG。少しづつ口に運ぶようにし、一気に食べないよう気を付けましょう。

 - 健康

ページ
上部へ