知っとく.com

お風呂に毎日入らないという時期だってある!

      2017/02/27

お風呂に毎日入らないという時期だってある!

みなさん毎日お風呂に入っていますか?

「そんなの当たり前じゃん!」という人もいるでしょう。

もちろん夏は汗もかくので毎日入る方がいいと思うんですけど、

冬ってあんまり汗もかかないし何より面倒くさいとおもいませんか?

休みの日なんかだと一歩も外に出ない!って時もあるんでそんな日は入らなくても

いいかな~って思っちゃいます。

これを友達とかに言うと引かれちゃうのであまり大きい声では言わないんですけどね。

でも毎日お風呂に入らなくても意外と大丈夫なんですよ。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


欧米では毎日お風呂には入らない?

日本では「毎日お風呂に入らない」と言うのってなかなか勇気のいる事ですよね。
相手に引かれてしまう可能性だってあるんですから。

しかし欧米では毎日お風呂に入らないというのは珍しい事ではないようです。

もちろん、毎日シャワーを浴びるという人も多いでしょうがシャワーはしても頭は洗わないなど、日本のように毎日お風呂に入って頭や体を洗うという事はないそうです。

それは欧米が日本とは違い水道代がかなり高いという事が一つの理由になります。

もし欧米に留学を考えている人がいるならこの点は注意したいところです。

水はお金を払えば使い放題だ!というわけではなく貴重な資源だという事を頭に入れておきましょう。

毎日お風呂に入らないなら疲れはどうやってとるのか

私のように毎日お風呂に入るのが面倒だと思っている人ってどれくらいいると思いますか?

あるアンケートでは毎日のお風呂が面倒だと答えた人が4割近くもいたんですよ!

みんな大きな声で言わないだけで実は面倒だと思っていたと知りちょっと安心しちゃいました。

お風呂に入ればリラックスし、一日の疲れも取れるでしょう。
ではお風呂に入らない人は疲れが取れないんでしょうか?

毎日はお風呂に入らないという人に疲れを取る方法を聞いてみると

・マッサージ

・ストレッチ

などをしているようですね。

マッサージは家族にしてもらったり、自分で足つぼマッサージをしたりなどしているみたいです。

最近は100均にもたくさんマッサージグッズもあるのでそれを利用するのもいいかもしれませんね。

ストレッチは軽く行うと体がほぐれてぐっすり寝る事ができるので次の日もすっきりしているなどの声もありました。

寝る前のヨガなんかもリラックス効果があっておすすめです。

お風呂に入れば疲れは取れるのは確実ですが、お風呂に入らなくてもマッサージやストレッチなどでも疲れを取る事ができそうですね。

毎日お風呂に入らないことは良いことでもある

ではみなさんはなぜ毎日お風呂に入るのですか?

体の疲れを取るためだという人もいると思いますが、多くの人は体の汚れを取るためではないでしょうか。

でも正直なところ体ってそんなに汚れていない気がします。

土まみれ、泥まみれになってしまったなら話は別ですが、学校へ行ったり会社へ行ったりするだけでは体はそこまで汚れていません。

顔、手、足さえ洗えば十分な気がします。

日本も100年程前までは毎日お風呂に入る習慣はありませんでした。

なぜでしょうか?

それは毎日お風呂に入らない事で肌を健康的に守っていたのです。

お風呂に入らなければ皮膚炎も改善されます。

髪の毛を洗わないことで髪の毛がからみにくくなるのです。

そういった事から昔の人は毎日お風呂に入っていませんでした。

乾燥肌でつらいという人はいませんか?もしかしたら体の洗いすぎが原因かもしれません。

髪の毛が絡まってイライラするという人はいませんか?

もしかしたら髪の毛の洗いすぎが原因かもしれません。

子どもがアトピー性皮膚炎の場合はお風呂の入り方に注意

お子さんがアトピー性皮膚炎の場合はお風呂の入り方にいくつか注意しなければなりません。

■湯船について

アトピー性皮膚炎だと体が温まると痒くなってしまうので熱い湯船に浸かることはやめておきましょう。
ぬるめのお湯にしてあげて下さい。

温度としては38℃前後がいいですね。

大人にとってはぬるくてちょっとつらいかもしれません。

また子どもってお風呂で遊ぶのが好きですよね。

しかしアトピー性皮膚炎の場合、長い時間お風呂に入っていると体が痒くなったりして疲れてしまいます。

湯船に浸かる時間は3分ぐらいがいいでしょう。

ぬるめのお湯で短時間が基本です。

■体の洗い方について

体を洗う時は泡立てネットで十分に泡立てて、手で洗うようにしましょう。

ゴシゴシ洗うのではなく優しく洗ってあげて下さいね。

そしてすすぎは十分行います。

石鹸やシャンプーの洗い残しがあるとアトピーの症状がひどくなってまうので気をつけましょう。

この時、頭や体を流すシャワーの温度もあつくなくぬるくを心がけて下さい。

お風呂の入り方は人それぞれ

■お風呂は毎日入る

やはりお風呂には毎日入るという人が一番多いですね。

毎日のお風呂が習慣なので、入らないと眠れないという意見もあります。

女性にとっては美容の為にお風呂に入るという人もいるようですね。

■主にシャワー・たまに湯船に浸かる

主にシャワーで過ごして週に数回湯船に浸かるという人もいます。

若い人にはこのタイプが多いのではないでしょうか。

週に数回であれば水道代の節約にもなりますし、掃除などを考えても楽ですよね。

■朝はシャワー・夜は湯船に浸かる

朝に目を覚ますためにシャワーを浴び、夜には湯船にゆっくり浸かるという人もいますよね。

1日2回お風呂に入るタイプですね。

■お風呂の頻度は季節によって変える

夏は汗をかくから毎日シャワーをしたりお風呂に入るけれど、冬はあまり汗をかかないから毎日は入らないという人もやはりいるようですね。

しかし冬でも体臭などが気になるので1日おきにはお風呂に入るようですね。

お風呂の入り方も色々なタイプがありますね。

 - 健康

ページ
上部へ