知っとく.com

子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応

   

子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応

子供の習い事ランキング1位であるピアノの話題です。お子さまがピアノ教室に通っている方はこんな悩みはないでしょうか。それは…「練習しない時」です。

ピアノ教室の課題を練習しないと先生にも迷惑をかけるし…ついつい親として口出ししてしまいますね。

でも、この時の親の対応によっては逆効果も。

今回は、子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応を教えます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


子供がピアノの練習しない…どうしたらいい?

親としてはひとつでも光る特技を子供に持っていてほしい、そう願うもの。

どの習い事を選ぶべきかは判断が難しいものですが、1番は子供が興味を持ったものを選ぶということですね。

音楽が好きな子供なら、ピアノ教室へ通うという手段が最も選びやすく、親としてもピアノを弾ける子供になってくれたら、それはとても喜ばしいことです。

ただ、どんな習い事にも練習というものが付きもの。

ただ通うだけでは上達する訳はなく、とくにピアノは1日空いただけでも衰えるとも言われています。

だから親としては子供には頑張って練習してほしいもの。

でも現実は「子供がピアノの練習しない…」と嘆く親が続出。

そんな子供には甘やかすことはせずに「練習しなさい」と言うべきでしょうか。

それとも練習しないのなら、ピアノを辞めるべきでしょうか。

今回は、できれば辞めずに、しかも自分から練習を楽しむようになる、親としてできることをご紹介していきます。

ピアノ練習しない子供に対する親の対応

「ピアノを練習しない子供の特徴」

  • 毎日やるものだと思っていない
  • 面倒くさい
  • ほかの遊びが大事
  • 言われるとやる気を失くす
  • 練習の必要性がわからない

小さなお子さまほど、練習する必要性など理解できません。

ただ楽しいことに興味を持ち、つまらなければやらないという感覚でしかないでしょう。

「練習しない理由を聞いてみる」

問い詰めるのではなく、「どうして練習しないの?」と聞いてみてください。

もしかしたら隠れた理由があるかも知れません。

「ピアノは続けるのか、辞めたいのか」

本当に興味もなくなった場合なら「辞めたい」と言うかも知れません。

でも「辞めたくないけど練習はつまらない」と言う子なら、まだまだ可能性はあります。

小学生くらいのお子さまならこんな風に答える子が圧倒的に多いので、練習しないから辞めるという答えを出すのはまだ早いです。

子供に「練習しないならピアノ辞めよう」はNG

子供がピアノに興味を持ち、いざ通わせてみるとモチベーションが低いと感じることは多いです。

これによって、子供に何とか練習させようと親子で言い合いになったり、子供が泣いてしまったり…。

そして最終的に「練習しないなら辞めよう」と言ってしまうことも多々あるかと思います。

親子喧嘩の末にこのセリフを言われてしまうと子供にとってはとても荷が重くなるでしょう。

冷静に子供と話し合いをして、子供が辞めたいと希望を言うのなら聞き入れるべきですが、親から押し付けるように言うのはあまりよくありません。

「ピアノを習う目的を考える」

お子さまのタイプによっては、さほど上達しないけど練習は苦にならないという子もいるでしょう。

ピアノを続ける上でこのタイプのお子さまはとても習わせやすいですが、上達が見られないともっと練習をすべき、とも思いますね。

でも、本人のやる気次第でもあり、もっと上達したいという目的があるかどうかで差が生まれます。

「そこそこ弾ければ将来に役立つ」という感覚で習い続ける子もいるので、子供のモチベーションがどの程度なのか見守ってみましょう。

練習したくなる!モチベーションを上げる4つの方法

子供のやる気スイッチを入れることで、「もっと上手く弾きたい」という気持ちが生まれます。

子供のモチベーションがアップする4つの方法をご紹介します。

  1. 練習ができたらご褒美をあげる
    とにかく毎日5分でもいいので練習をさせます。できたらお気に入りシールを貼ったり、ちょっとしたご褒美を用意しましょう。
  2. ピアニストの動画を見せる
    プロの演奏家の動画を見せることで憧れる気持ちを高めることができます。
  3. コンサートに連れて行く
    ピアニストの演奏を生で聞くことでモチベーションが上がります。
  4. 家でミニコンサートを開く
    家族や友達を呼んで演奏を聞いてもらうことで、緊張感を味わうことができます。
    ちょっとオシャレな服を着てもいいですね。

ピアノの練習を習慣化させよう

ピアノの練習はとにかく毎日コツコツと!これが大事です。

お子さまが少しでも楽しくなる方法をたくさんご紹介します。

  • 練習できたらご褒美シール
  • 1ヶ月の目標達成したら好きな文房具などのご褒美
  • 練習が終わったらゲーム
  • 100曲弾けたらスペシャルご褒美
  • ピアノの練習ノートをつける
  • 弾けた曲を記録していく
  • とにかく褒める
  • ピアノ教室への道中はとにかくテンションを上げる

その子によって手段を変えて、とにかくピアノに向かわせることが肝心です。

学校のドリル練習と同じ要領で、コツコツと向き合うことに慣れさせるまでは、あの手この手を使いましょう。

 - 子育て

ページ
上部へ