知っとく.com

中学生で勉強ができない子どもに対して親はどうする?

   

中学生で勉強ができない子どもに対して親はどうする?

小学校から中学校になると勉強も難しくなり、授業についていけないという子も出てくると思います。

「勉強ができない」

その原因は何なのでしょうか。

親なら子どもがあまりにも勉強ができないと、心配になってしまいますよね。

親として、子どもにしてあげられる事はあるのでしょうか。

勉強をしない子どもに対して、言わない方がいい言葉があるんです。

それはどんな言葉なのでしょうか。

心配にはなりますが、あまり神経質になりすぎず子どもを見守ってあげたいですね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


勉強ができない中学生の子どもを心配する親

「小学生の時から勉強が苦手だった子どもが中学生になるともっと苦手でついていけなくなるのでは?」

と親としては心配になるでしょう。

もちろん親だけではなく、子どもだって不安になっているに違いありません。

中学生に入ってから塾に通っているのにも関わらず、成績が上がる事もなく、数学のテストにいたっては一桁の点数を取ってしまったという友人の子どもがいます。

本人も毎日数時間頑張っていただけに落ち込みもひどく、どうしてなんだろうと考えこんでしまったようです。

友人から聞いたところによると、本人はテスト中に最後まで解かなければ!と気持ちが焦ってしまうという事でした。

勉強ができない理由などは、あるのでしょうか。

勉強ができない中学生の子どもに親がまずすること

勉強のできない中学生の子どもに大切なのは、何なのでしょうか。
勉強したのに結果が出ないとなると、本人も辛いと思います。

勉強をすることよりも大切な事があります。

それは

「自信を持つ事です」

緊張してしまったり自分に自信がないとテストでも結果が出なかったり、「どうせ自分は勉強出来ないんだ」と思ってしまいます。

親としては子どもに自信を持たせてあげましょう。

その為には、褒めてあげるのがいいですね。

「ご飯を全部食べられた」「今日は元気がいい」など、勉強に全然関係ないことでもいいんです。

ちょっとた事でも気付けば褒めてあげましょう。

親が褒めてあげると子どもは自分に自信がつき、肯定感を持てるようになるでしょう。

中学に入ってすぐであれば、受験はまだ先なのでテストの点数が悪くても必要以上に落ち込む必要はありません。

まずは子どもの自信を付けさせ、「自分はできるんだ」という気持ちにさせてあげましょう。

そうすると、心も体もほぐれてテストの結果に繋がるかもしれません。

勉強ができない中学生は基礎が理解できていない可能性

勉強ができない理由は、授業の進みが早かったり先生の教え方だったりなどいくつかありますが、基礎が理解できていないという理由も挙げられます。

5教科の中で重要な国語・英語・数学の3教科は積み上げ教科といって、それまで習ってきた事に新しい事を積み上げていくという教科になります。

という事は、基礎が理解できていないともちろん勉強についていけないということになりますよね。

数学でいうと、関数を理解していなければ一次関数も二次関数も理解するのは難しいですし、英語も現在形を理解していないと現在進行形・過去形・未来形・現在完了形で困ってしまいます。

勉強しているのになかなか身につかない、理解できないというのであれば基礎をもう一度見直す必要があるかもしれません。

また勉強をする時に問題集を使うという子も多いと思いますが、問題集を飛ばし飛ばしでやっていませんか?

ほとんどの問題集の構成が基本問題、発展問題となっているので基本問題をとばして発展問題を解く事は難しいでしょう。

基本問題をやり終えた上で発展問題に取りかかるのがいいので、飛ばさずに順番にやっていくように心がけて下さい。

勉強が苦手な子どもの特徴とは?

勉強が苦手な子どもに共通するいくつかの特徴があります。

長い文章を読む習慣がない

勉強しようと思った時にそれに関する本を読む事があると思いますが、普段から本を読む習慣がなければ、長い文章を読んでいても何の事を書いているのか理解できないことがあります。

理解できないと「もういいや・・・」という風に途中で放棄してしまうことも多いようです。

読めない漢字が多く知っている熟語や慣用句が少ない

本を読んでいれば漢字も多く出てきますし、熟語や慣用句も多く出てきます。

この時勉強ができる子であれば、知らなければ自分で調べるなどしてその事を知ろうとしますが、勉強ができない子は分からないままにしておく事が多いようです。
その為に知っている漢字や熟語・慣用句に差が出てくるという訳ですね。

真剣に取り組んだ事があまりない

部活動を一生懸命真面目に取り組む子どもは、勉強に対しても真面目に取り組みそれなりの結果を出す事ができます。

部活動も中途半端にやっていたり、全く参加していない子は勉強も中途半端になってしまいがちです。

やはり何かに真剣に取り組むという事は集中力もつきますし、目標を掲げたりそれを達成する喜びを知っています。

部活動だけじゃなく、何でもいいので真剣に取り組める経験が出来れば勉強に対する姿勢も変わってくるのではないでしょうか。

勉強しない子には動機も必要

勉強をしない子にはどうしても

「勉強しなさい!」と叱ってしまいますよね。

でも、親に勉強しなさいと叱られた子どもは気持ちよく勉強出来るでしょうか。

いやいや勉強してもあまり効果はないでしょう。

叱りたい気持ちを抑えて、子どもには気持ちよく勉強する環境を作るべきですよね。

子どもに勉強させるには、動機を作りましょう。

分かりやすいのは“成績が上がった時のこと”を決まるのです。

成績が上がったら欲しかった物を買う、お小遣いをあげるなど子どもにとってのメリットを作ってあげましょう。

欲しい物やお小遣いをあげるといったご褒美というやり方はよくないという人もいるかもしれませんが、なかなか勉強ができない子にはこのやり方も一つの方法ではないでしょうか。

また一度子どもと将来何になりたいかをじっくり話してみましょう。

自分の目指すべきものの為には、何が必要かというのが明確になれば、子どもの勉強に対する気持ちも変わるのではないでしょうか。

勉強の事は、塾にまかせっきりではいけません。

家庭でどれだけ勉強するかで、学力に差が出る事もあるんです。

親も子どもと一緒に勉強に取り組んでみましょう。

 - 子育て

ページ
上部へ