知っとく.com

気になる!女性がお風呂に長時間入るときの過ごし方 教えます

   

気になる!女性がお風呂に長時間入るときの過ごし方 教えます

毎日の入浴時間はどれくらいですか?

男性と女性とでは、女性の方がお風呂に入る時間が長いイメージあるという人も多いでしょう。

入浴時間が短い人からしてみれば、「お風呂の中で何をして過ごしているの?」って気になりますよね。

ここでは、女性が“どれくらいの時間お風呂に入っているか”や“過ごし方”、“おすすめの入り方”についてお話していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

【夫が出張で不在】こんな時みんなが食べているご飯を調査!


結婚している主婦にとって、夫が出張で不在の時はち...

友達関係がめんどくさい!遊ぶ約束したのに憂うつになる人の特徴


友達と遊ぶというとても単純な行動に憂うつさを感じ...

警視庁へ潜入!見学ツアーに個人で参加する方法


刑事ドラマなどでお馴染みの場所と言えばそう、警視...

【テスト前日】徹夜で一夜漬けするならこの方法で勉強する!


学生の皆さんの多くはテスト前日になると焦ってしま...

読書レポートの書き方!本読みのコツとポイント


高校や大学などで読書レポートの課題が出された時の...

【彼女と俺】真剣な話し合いをするのに適した4つの場所


彼女と険悪なムードになってしまった時は、1度真剣...

喧嘩から仲直りするコツは3つ!親子の場合教えます


親に向かってついつい反抗的な態度を取ってしまった...

【超多忙】医者の彼氏から連絡こない4つの理由


女性にとって結婚したい憧れの職業の男性TOP3に...

【バツイチ彼氏】元妻に嫉妬してしまう時の3つの心がけ


今の時代、バツイチなんて珍しくもなく身近な人でも...

顧問に「部活を辞めたい」と伝える前に考えたい5つのこと

「中学に入ったら部活を頑張りたい!」

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

スポンサーリンク


すべての女性がお風呂に長時間入るのか?

女性ってお風呂に入る時間が長いイメージありますよね。

実際、付き合ってみて彼女の入浴時間の長さに驚いたという男性もいます。

本当に女性の入浴時間は長いのでしょうか。

あるアンケートで、働く女性を対象に「どれくらいの時間お風呂に入る?」と聞いたところ、30分未満と答えた人が約7割もいたんです。

中には5分未満で出てくると答えた人も数人いたほどです。

入浴時間が30分未満であればそれほど長風呂という感じはしないですよね。

体や髪の毛を洗って湯船に少し入れば30分なんてあっという間でしょう。

この結果から見れば、女性=長風呂という訳ではないようです。

もちろん長くお風呂に入る女性もいます。

同じアンケートで入浴時間45分という女性が約1割、1時間以上という女性が約2割という結果になりました。

30分以内であれば長いという気はしませんが、45分となると少し長いかなという感じがしてきますし、1時間以上となるとやはり長風呂と言えます。

しかも、1時間以上と答えた人の中には3時間以上入るという女性も僅かながらいました。

同じ女性でも5分で出てくる人、3時間以上入っている人もいるということです。

教えて!長い時間お風呂に入る女性は何をして過ごしてる?

お風呂の時間が5~15分と短い女性のほとんどが湯船には入らずにシャワーだけで済ませています。

30分未満で出てくる人も髪の毛や体を洗った後ではそれほどゆっくりと湯船に浸かる時間もないでしょう。

お風呂に入る時間が短い人にとっては、「そんなに長い時間お風呂で何をしているの?」とギモンに思ってしまいます。

では、1時間以上お風呂に入っている女性はどのように過ごしているのでしょうか。

  • ヘアパックやトリートメント
  • ムダ毛の処理
  • 読書
  • 半身浴
  • 電話やLINE
  • スマホでゲームや動画
  • マッサージ
  • 音楽を聴く
  • 何もせずにボーッとする

こういった意見がありました。

美容に関することやムダ毛処理など女性ならではのものもあれば、ただ何もせずにボーッとしてそのまま寝てしまうという女性もいるようです。

スマホに防水対策をして持ち込むという女性が多く、友達とLINEのやりとりをしたりSNSのチェックや映画などを観て過ごすようです。

確かに映画を観れば、1時間なんてあっという間に過ぎてしまいますよね。

入浴時間が長い女性は自分なりのお風呂の楽しみ方を見つけているんです。

女性におすすめ!お風呂時間を利用してキレイになろう!

キレイになりたくない女性なんていませんよね。

それならお風呂の時間が短いなんてもったいない!

お風呂に入っている間にやれることはたくさんあるのでその時間を利用してキレイになりましょう。

半身浴

半身浴をすることによりむくみや冷えが解消されるだけでなく、デトックス、ダイエットにも効果があります。

長時間湯船に浸かるよりも入浴と休憩を繰り返す方が美容効果を高めます。

またお湯温度は38度~40度とぬるま湯にしましょう。

おすすめは5分・8分・3分の入浴時間で、間に休憩を挟んでいきます。

この休憩時間にメイクを落としたり、体や髪の毛を洗ったりするようにしましょう。

パック

■ヘアパック

いつも使っているコンディショナーを使ってヘアパックしましょう。

シャンプー後にタオルで軽く水分を取ったら、多めにコンディショナーをつけてお湯で濡らして絞ったタオルを頭に巻き付けます。

5分ほど置いて流します。

■フェイスパック

お風呂に入ると毛穴が開くので顔の汚れを落としやすいのでおすすめです。

使用後に洗って流すタイプのパックであればお風呂で使いやすいですよね。

マッサージ

女性は足がむくみやすいので湯船の中で足のマッサージをしましょう。

足の甲や裏を揉んだり、足首→ひざ→付け根に向かって両手で押し上げて、付け根を押してマッサージします。

その日のうちにむくみを取っておくことで、翌朝スッキリです。

長時間お風呂に入るときに気を付けることとは?

美容のためにも出来ればゆっくりと湯船につかりたいところ。

ただし長時間お風呂に入るときには気を付けなければならない事がいくつかあります。

入浴前には水分補給を

入浴時間が長いと汗をかいてしまうのでコップ一杯程度の水分補給をしておきましょう。

おすすめは内臓を温める温かい飲み物がいいですね。

温かい飲み物にすれば、お風呂に入ったときに代謝も上がるので汗をかきやすくなります。

お湯は熱すぎないように

ぬるめより少し熱いくらいの温度が好きな人の方が多いでしょう。

しかし、熱めのお湯に長く浸かることによって肌が乾燥してしまったりドロドロ血液の原因にもなってしまいます。

また半身浴ではなく、胸まで浸かっていれば心臓にも負担がかかります。

湯船に長く浸かりすぎない

肌が乾燥するのはお湯の温度だけではありません。

長時間湯船に浸かっていても乾燥の原因になったり、体力も消耗してしまいます。

ずっと浸かっているのではなく、入って出てを繰り返すようにしましょう。

次に入る人のことを考えて

スマホを触ったり、読書などをしていればあっという間に時間が買ってしまいます。

一人暮らしであればゆっくりと時間をかけてお風呂にはいってもいいのですが、家族がいる場合にはまだ入っていない人のことを考えなければなりません。

長風呂するのであれば最後に入るようにしましょう。

忙しい人ほどゆっくりとお風呂に入ろう

いかがでしたか。

女性の入浴時間やお風呂での過ごし方などについてお話ししてきました。

入浴時間については、イメージよりも短かったという人も多いのではないでしょうか。

忙しかったり疲れていたりすると、ついつい入浴時間を短くしたくてシャワーだけにしてしまいがちですが、忙しい人や疲れている人にこそゆっくりとお風呂に入るべきなんです。

湯船に浸かるということは美容やダイエット効果だけではありません。

疲労回復やストレス発散の他にも睡眠の質を高めることができるのです。

さらに湯船に浸かれば体温が上がるので免疫力も高まります。

忙しい人なら病気になりにくい体が欲しいですよね。

こういった効果はシャワーだけでは得られないので、忙しい人や疲れている人は湯船に浸かった方がいいんです。

最初から無理して長時間入る必要はないので、とりあえずシャワーのみというのをやめて湯船に浸かるということをはじめてみましょう。

お気に入りの入浴剤なんかを見つけると、お風呂時間がきっと楽しくなりますよ。

 - ライフハック

ページ
上部へ