知っとく.com

~留年しないために~大学の欠席は何回までできるのか知っておこう

   

~留年しないために~大学の欠席は何回までできるのか知っておこう

大学って高校とは違って、留年する条件などがイマイチ分かりにくいんですよね。

単位を落としてしまえば留年し、卒業することだって出来ません。

例えば、欠席は何回まで大丈夫なのか知っていますか?

知っておかないと取り返しのつかないことになるのでこれを機会に覚えておきましょう。

また、欠席じゃなく遅刻の場合がどうなるかも知っておきたいところです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

【夫が出張で不在】こんな時みんなが食べているご飯を調査!


結婚している主婦にとって、夫が出張で不在の時はち...

友達関係がめんどくさい!遊ぶ約束したのに憂うつになる人の特徴


友達と遊ぶというとても単純な行動に憂うつさを感じ...

警視庁へ潜入!見学ツアーに個人で参加する方法


刑事ドラマなどでお馴染みの場所と言えばそう、警視...

【テスト前日】徹夜で一夜漬けするならこの方法で勉強する!


学生の皆さんの多くはテスト前日になると焦ってしま...

読書レポートの書き方!本読みのコツとポイント


高校や大学などで読書レポートの課題が出された時の...

【彼女と俺】真剣な話し合いをするのに適した4つの場所


彼女と険悪なムードになってしまった時は、1度真剣...

喧嘩から仲直りするコツは3つ!親子の場合教えます


親に向かってついつい反抗的な態度を取ってしまった...

【超多忙】医者の彼氏から連絡こない4つの理由


女性にとって結婚したい憧れの職業の男性TOP3に...

【バツイチ彼氏】元妻に嫉妬してしまう時の3つの心がけ


今の時代、バツイチなんて珍しくもなく身近な人でも...

顧問に「部活を辞めたい」と伝える前に考えたい5つのこと

「中学に入ったら部活を頑張りたい!」

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

スポンサーリンク


大学の講義は何回まで欠席しても大丈夫なの?

大学の講義って本当に用事があって欠席する場合や、今日はちょっとサボりたいな・・・なんて日もありますよね。

でも、単位は落としたくない!

大学の講義は何回まで欠席しても大丈夫なのでしょうか。

これは大学によっても変わってきますが、多くの大学は全体の授業の2/3以上を出席しなければ単位を落とすことになります。

つまり、全体の授業の1/3であれば欠席しても大丈夫ということなんです。

どの科目であっても15回以上は授業があるので、5回までが欠席してもいい回数となり10回以上は出席しなければなりません。

ただ、単位は出席の回数だけで決まるものではありません。

出席回数の他に

  • レポートの点数
  • テストの点数

の合計によって決まってきます。

この合計が65点以上あれば単位が取れるということです。

【出席・レポート・テスト】の点数の割合は教授が決めるため、科目によってはテストの点数を全てとしている可能性もあり、テストで満点を取ることができれば全ての授業を欠席しても単位は取れることになります。

毎回出席を確認をしていない場合もありますからね。

ただ、出席していなければテストでいい点を取ることなんてほぼ無理でしょう。

逆をいえば、出席回数を全てとしている教授であれば出席していればテストの点数が悪くても単位を取ることが出来ると言えますね。

しかし、こういったケースはそう多くないのでやはり2/3以上は出席するようにしましょう。

大学の欠席を何回までと分かっていても予想外は起きる!

大学の講義は全体の1/3の欠席であれば良いというお話をしましたが、15回以上授業があれば5回は欠席しても大丈夫だと安心してはいけません。

予定は15回あったとしても、何かの都合によって休講になる可能性だってあるんです。

ギリギリだけど、5回しか休んでないから大丈夫でしょ!なんて思っていたら、休講になってしまったら2/3以上出席できていない・・・なんてことにもなってしまいます。

また、予想外のことが起きるのは休講だけではありません。

■電車が遅延した

例えば、通学途中に電車が遅延して講義に出席することができないことも考えられます。

遅延証明書を出せば出席してもらえることもありますが、電車の遅延であっても欠席とする教授もいるので気を付けなければなりません。

■インフルエンザ

どんなに気を付けていたとしてもインフルエンザなどにかかってしまいます。

軽い風邪であれば無理してでも出席しようと考えるかもしれませんが、インフルエンザは感染力が強いので出席することによって周りに移してしまう可能性が高いんです。

インフルエンザで欠席した場合も電車の遅延と同じように、出席扱いしてくれるか欠席になるかは教授次第となってきます。

■冠婚葬祭

冠婚葬祭で休まなければならない事も出てきますが、この場合は出席にしてもらえる可能性は低いと考えましょう。

こういった出来事は自分では予想が付かないことであり、どうすることもできません。

どうすることもできないのにも関わらず、欠席になるなんて悔しいですよね。

「何回まで休める」と考えず、「予想外のことは起きるもの」と考えてなるべく欠席しないようにしましょう。

大学の講義を欠席ではなく遅刻の場合は何回まで大丈夫なの?

大学の講義は2/3以上出席しなければ単位を落としてしまいます。

「じゃあ欠席しなければいいってこと?遅刻なら何回してもいいの?」

という風になってしまいますよね。

遅刻については大学や教授によって大きく変わってきます。

例えば、

  • 何回遅刻しても問題ない
  • 遅刻○回で欠席扱いとする

という場合もあれば

・遅刻は欠席と同じ

という場合もあります。

その科目が遅刻をどのように扱うかは最初の授業で説明されるのでしっかりと聞いておく
ようにしましょう。

遅刻に関して何も説明がない場合は何回遅刻しても問題ありません。

出欠確認を取っていない授業もありますが提出物で出席を確認している可能性があるので、出欠を取っていないからといって安心しないようにしましょう。

どんな事情であっても遅刻するのはいいことではありません。

遅刻して入っていくことにより授業を中断させることだってありますので、遅刻した場合は申し訳ないという気持ちで素早く座るということを忘れないようにして下さい。

みんなどんな理由で講義を欠席しているの?

ここで気になるのが、大学の講義を欠席するのはどんな時?ということです。

大学生はどんな理由で講義を欠席しているのでしょうか。

■体調不良

一番多いのが風邪などの病気による体調不良です。

どんなに真面目な人であっても体調不良になってしまうと無理して出席することもできません。

■疲れている

体調不良ではなくても、バイトや飲み会などで疲れが取れていないと休みたいという気持ちになってしまいます。

■旅行

家族や友人との旅行で欠席する人も少なくありません。

相手の都合のいい日に会わせたり、土日よりも平日の方が空いているために講義を欠席して旅行するようです。

これら以外でも、

  • 講義の内容がつまらない
  • 恋人とデート
  • 友達を遊ぶ
  • 遅刻しそうだったから欠席した

なども意見もあります。

講義を欠席する理由のほとんどが体調不良によるものですが、ただサボりたいだけという学生もいるようですね。

どれだけ欠席できるかばかりを考えないようにしよう

いかがでしたか。

大学の講義を何回欠席できるのかや遅刻についてお話ししてきました。

真面目な学生であれば、全ての授業を出席したいと思っていて体調不良で欠席しなければならなくなったときに単位のことが心配になるのは当然です。

しかし、体調不良以外で欠席しようと考える学生であれば「あと何回休めるだろう?」「休めるだけ休みたい」と考えるかもしれません。

大学を卒業すれば社会人になる人がほとんどで、自由な時間は今だけだから遊べるうちに遊びたいと思うでしょう。

また親元を離れて一人暮らしをしていれば不規則な生活になったり、生活費を稼ごうとアルバイトばかりで疲れがとれずに授業に出られないなんてこともあります。

ただ、大学に入ったのは遊ぶためでもバイトするわけでもないですよね。

勉強するために入ったはずです。

その事を忘れずにいなければなりません。

「あと何回欠席できるか」ではなく、「一度も欠席しないように頑張ろう」という気持ちで大学生活を送って欲しいと思います。

 - 勉強

ページ
上部へ