知っとく.com

プラスチックやガラスの蓋が開かない時の自力対処法

      2017/03/06

プラスチックやガラスの蓋が開かない時の自力対処法

いざ使おうと思ったら、プラスチックや瓶の蓋が堅くて開かない!

イライラしちゃいますよね。

もちろん、専用の道具を使えば簡単に開くかもしれません。

しかしわざわざ買いに行くのも面倒……。

そんなとき、これから紹介する方法を試してみてください!

意外とすんなり開くかもしれません。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

雑草対策に!庭にはアスファルトとコンクリートのどちらを使うべきか


お庭を持つ人にとって悩ましい存在である雑草。 ...

どうしよう!?洗面台が水漏れを起こす原因と点検すべきパーツ


ある日突然それは起こるもの…それは、洗面台の水漏...

鼻で呼吸をすると変な音が鳴る原因と対処法


鼻で呼吸をすると「ピー」と変な音が出てしまったと...

受験に不安はつきもの!合格発表を待つ間でも気持ちを安定させる方法


志望校へ向かって受験勉強を続けている受験生の中で...

筋トレをしよう!腹筋でも落ちないお腹の横の脂肪を落とす方法


お腹の横についたプヨプヨの脂肪を落としたい! ...

耳に違和感・・・音が響く原因が知りたい!

耳に違和感があると気になって気になってしょうがないですよね。...

大学に入って勉強を楽しいと思えるか

受験勉強を頑張って希望の大学に入った!
<...

ツライ・・・夫に子供は欲しくないと言われてしまった

女性ならば結婚してすぐに子供が欲しいと思う事もあれば、数年し...

高校生になってから勉強ができないその理由


「家で勉強をしようとしてもなぜか集中できない!」...

効率よく筋肉を付けるトレーニング方法


バッキバキに割れた腹筋になるぞ!と気合を入れて筋...

「緊急地震速報」は携帯の電源がオフだと受信できない!


大きな地震をお知らせする「緊急地震速報」はいくつ...

筋トレで肉体改造!体重と身長に合う理想的な筋肉量


自分の理想的な体型というのは人それぞれ違います。...

ロングヘアーとショートヘアーそれぞれの人気のひみつ


男性が好きな女性のヘアスタイルと言えば「ロングヘ...

パキラの育て方のコツ!種から育てる方法


南国の木のようなかわいいパキラを種から育てる方法...

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果


体が固いとケガをしやすくなり老化も進んでしまいま...

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方がいい


プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたい...

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由


お母さんが授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝な...

アパート契約の審査をブラックリスト者が通過するための条件


借金の返済が滞ったりお金の面で色々あった人は「ブ...

水泳と筋トレには正しい順番がある


ジムに通っている人は水泳と筋トレ、どちらを先に行...

歯茎から出血した!大量じゃなければ問題ないのか

リンゴをか丸かじりしたら歯茎から出血・・・みたいなCMを小さ...

スポンサーリンク


プラスチックの蓋が開かない!まずはこれを試そう

ガラス瓶のプラスチックの蓋が開かなくなってしまった…!
みなさん一度は、こんな経験があるのでは?

蓋オープナーを使えば簡単に開くらしいのですが、家に常備しているとは限りませんよね。
そんな時は、変形しない程度に蓋を温めてみましょう。

中の気圧を高くすることで、開きやすくなるみたいです。

温めた蓋を回すときは火傷に注意してくださいね。
温める前後にフタを軽く叩くのも良いですよ。

プラスチックの蓋が開かない!4つの対処法

1.マイナスドライバー

マイナスドライバーを使う方法です。
用意するものはマイナスドライバーだけ。

1.蓋の隙間にマイナスドライバーを軽く差し込む
2.蓋を回して開ける

このとき注意しなければならないのは、マイナスドライバーを思い切り差し込みすぎないようにすること。
差し込みすぎると、ガラス瓶が割れる可能性があります。

危ないので、力加減には気を付けてください。

2.蒸しタオル

最初にも紹介しましたが、蓋が開かないときは温める方法が有効です。
用意するものは蒸しタオル。

1.蒸しタオルを用意する
2.蓋を包み込むように蒸しタオルをかぶせる
3.蓋を回して開ける

この蒸しタオルを使う方法は、ジャムなどの蓋が開かないときにはとても有効です。

ジャムなどの蓋が開かないのは、糖分が冷えて固まり、内部から蓋を固定してしまうからなんです。
温めて糖分を溶かすことによって蓋が開くという原理。

蓋だけを温めるようにして、中身は温めないようにしてくださいね。

3.ゴム手袋

ゴム手袋を使った方法もあります。

1.ゴム手袋を両手にはめる
2.本体をしっかりとおさえる
3.しっかりと蓋を掴み、思い切り回して開ける

思い切りやりすぎて、反動で中身をこぼさないように気を付けてください。
ゴム手袋をすることで強い摩擦がかかり、力をしっかりと蓋に伝えることができます。

温める方法と一緒に行えば、さらに開きやすくなるかもしれません。

4.輪ゴム

これはかなりの高確率で固い蓋を開けることが出来るかもしれません。
用意するものは輪ゴム3つ。

1.ふたに輪ゴムを3つ回しかける
2.本体をしっかり押さえ、蓋を回して開ける

開いた反動で中身がこぼれないように注意。
瓶の本体にも輪ゴムをかけておくと、より一層開きやすくなると思います。

まだプラスチックの蓋が開かない!これも試してみよう!

1.蓋ではなく瓶を回す

蓋を回そうとするのではなく、瓶自体を回してみましょう。
利き手とは逆の手で蓋をしっかり持ち、利き手で瓶を強く握って回します。
瓶の部分は蓋よりも大きくてしっかりと持てるので、開けやすくなります。

2.瓶の底を叩く

瓶を逆さまにして、瓶の底を手のひらで叩きます。
何度か叩いていると、中のものが落ちる音がします。
中のものが落ちたら瓶を元に戻して開けてみてください。
蓋が開きやすくなっているかも。

3.蓋の脇を叩く

包丁の柄の固い部分などで、蓋の脇を叩いてみてください。
もし蓋が平らなものだったら、その蓋を下にして少し強めに机などに打ち付けてみるのも有効です。
瓶が割れない程度の力で試してくださいね。
蓋が開きやすくなる場合がありますよ。

4.蓋と瓶の境目を水で流す

一度開封した瓶の場合は水で流す方法も有効です。
蓋と瓶の境目を​水で流して濡らすことで、開けやすくなります。

5.ブツブツ付きの軍手を使う

ゴム手袋と似た方法ですが、ブツブツがついている軍手を使う方法も。
滑らなくなるため、軽く力を加えるだけで蓋を開けることができます。

6.瓶ごとお湯で温める

蓋を温めるのではなく、瓶ごとお湯につけて温めるという方法です。
温めすぎには気を付けてください。
そして、瓶の中身によっては出来ない場合もあるので注意してくださいね。

なぜ蓋が開かなくなってしまうのか

ジャム

ジャムのふたが固くて開けられない原因は、瓶の口にジャムがついたままふたを閉めた場合に良く起こるようです。

ジャムは糖分が多く、糊のような働きをしてふたが固くなる場合があります。

キッチンペーパーなどの乾いた紙で、瓶の口についたジャムをふき取ってからふたを閉めましょう。

濡れたもので拭いてしまうと、雑菌が繁殖する元になるのです。
濡れたものでは拭かないように、じゅうぶん注意が必要です。

私は水道の蛇口を温水?熱湯?にして、しばらくびんの口の部分にかけます。30秒くらいで開く事もありますよ。

ピクルスのふた

ピクルスの瓶のふたも開かないことがよくありますよね。

ピクルス液にも砂糖が使われています。

ジャムと同じように、砂糖が糊のような働きをして、ふたが堅くなってしまうと考えられます。

でも、買ってきてすぐのピクルスのふたが固くて開きにくいのは、瓶の中が真空状態になっているためです。

瓶に記載されている方法で、安全に開けましょう。

はちみつのふた

蜂蜜の瓶のふたも、固くて開かないことがよくありますね。
やはりこれも、ふたについた内容物や空気圧が原因で開かなくなっているみたいです。

ふたが開かなくなる原因として考えられるのは

瓶のふたが開かない原因は、

・瓶の口に内容物がついたままになっおり、糊の働きをしている
・瓶の中身が真空状態になっている

のどちらかであることが多いです。

その他に考えられる原因としては、

・手の構造上、蓋を閉めるときの方が力が入りやすいため固く閉まってしまう
・金属は冷えたときに縮む率が高いので、金属蓋を冷蔵庫に入れると収縮して開けにくく
なる
などもあるようです。

どうしても自力で開かないなら100均グッズ

自力で頑張ったけど、どうしても開かない……。
それならもう道具に頼るしかありません。

一番お手軽な道具は100円ショップなどに売っている滑り止めシート。
この滑り止めシートを蓋にかぶせて回せば、ほとんどの場合、簡単に開きます。

自力で開けるのが面倒な人は、ひとつ家庭に常備しておくといいかもしれませんね。

 - ライフハック

ページ
上部へ