知っとく.com

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応

   

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応

毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「めんどくさい」と思うことは誰にでもあります。

ただ、「学校めんどくさい」という理由だけで不登校になっている人は、ここでじっくりと自分を見つめ直しましょう。

お子さまのことで悩む保護者の方は、本当の原因と親の対応をぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


「学校行くのめんどくさい」から不登校になってしまう

学校は毎日行くのが当たり前のこととなっていますが、そんな当たり前のことができない人が中にはいます。

朝が苦手、支度に時間がかかる、やる気が起きない、学校に行くまでがつらい…。

そんな理由をひっくるめて「めんどくさい」と言い、つい学校を休んでしまうっている人へ。

または、そんなお子さまをお持ちの保護者の方は、どう対応すべきなのか判断しかねていると思います。

なぜ普通に学校へ行けないのでしょうか。

「ある女子高校生の悩み」

お悩み相談の掲示板の投稿に、ある女子高校生がこんなことを書きこみしています。

【自分に負けやすく楽な方に逃げてしまい、なぜみんなが毎日学校に行けるのかが分からない。】

このような内容ですが、欠席が続いてしまい、教室での自分の席の場所も分からなくなってしまっているようです。

この生徒はこのままでは進級どころか、卒業することも難しくなります。

「学校に行けばいいのに」と思われるかも知れません。

しかし、「めんどくさい」という言葉の裏に隠された真実に目を向けないと、次に進むことは難しくなります。

学校を不登校になってしまう子供の全般が「いじめが原因」とは限りません。

今回は、その原因についてお伝えしていきます。

学校を不登校になる原因は本当にめんどくさいから?

「めんどくさい」から学校へ行きたくない、そう言われた親の頭に浮かぶのは「怠け者」という言葉です。

面倒臭がり屋の人は、何かと「めんどくさい」と言います。

脱いだ服を畳むこと、ゴミをゴミ箱に捨てること、部屋の掃除をすることに対して「めんどくさい」と感じたりするでしょう。

では、学校へ行くこともその「めんどくさい」の1つなのでしょうか。

「単なる口実になっている可能性」

「めんどくさい」という言葉はとても便利です。

やりたくない時にひと言言えば済むので、口ぐせになっている人もたくさんいます。

学校へ行くのがめんどくさいと、不登校になる人はただの怠け者なのでしょうか。

登校拒否と、さほど変わりはないのではないでしょうか。

「大きなストレスを抱えている」

昼夜逆転して、朝から学校へ行くことができない人は少し別の問題がありますが、単に「めんどくさい」気持ちだけでやる気が起きず、学校へ行くことができない原因を考えてください。

何らかのストレスを抱えているのではないでしょうか。

もしかすると、学校に嫌な人がいるかも知れません。

たとえいじめられているというレベルに達していなくても、その1歩手前に陥っている可能性はないでしょうか。

不登校の子供が「学校めんどくさい」と言う時の親の対応

子供が「学校めんどくさい」と訴えてきた時の親ができる対応には、とても悩むものです。

まずは、よく話を聞くところから始めなければなりません。

ただ怒って「学校へ行きなさい」と言ってもそれは、逆効果になってしまいます。

「まずは認める」

理由が「めんどくさい」だと怠け者にも感じますが、これは登校拒否だと本人と親が認め、受け入れることから始めます。

「生きる意味を与える」

学校は行きたくないけど、将来について大きな不安を抱えています。

本人に生きる意味を確認させるためにも、家の手伝いをさせましょう。

できたら感謝の気持ちを見せることが大切です。

「家庭環境を見直す」

親が不仲であったり、何らかの問題を抱えている場合、子供に与えるストレスはとても大きいです。

学校へ行く気力が湧かないのもそれが原因となることが多く、心当たりがないか確かめましょう。

子供を責める前にぜひ、自分の胸に問いてください。

重要なのは不登校になる原因を考えること

なぜ自分や子供は不登校になってしまったのか、よく話を聞き、話をしましょう。

学校へ行けないこと、これに関しては長い人生の通過点と捉え、広い心で受け入れてしまいましょう。

「本当は認められたいだけの可能性も」

めんどくさいを理由に学校へ行かない生徒の中には、学校に魅力を感じない、楽しめないと感じている可能性があります。

つまらない場所へはやはり行く気が起きないものです。

本当は別の学校が気になる、環境を変えたいと思っているのなら、それを実現できるか話合ってみてはいかがでしょうか。

「めんどくさい」とは思わない環境を作る

「めんどくさい」と口にする人の真意をよく捉えるべきです。

学校へなぜか行けないのは、そこがつまらない場所だからではないでしょうか。

いじめに遭っているのであれば、その部分の解決をしなければなりませんが、そうでないのに行きたくない人は、今後どうすべきかよく考えましょう。

「本当はもっと挑戦したいと思っている」

学校へ行き始めたけど、自分が思っていた場所ではなかった場合、どんどんやる気は低下していきます。

ただ、わがままな気持ちだけで生活を変えたいというのはいけません。

本当に心から変えたいと思っているのなら、担任の先生や保護者を交えてよく話し合うことが大切です。

諦めるのはまだ早いです。

つらい経験をした分、次はもっと頑張れます。

 - 学校生活

ページ
上部へ