知っとく.com

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法

   

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法

「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早起きにチャレンジしたけど…何個も目覚まし時計をセットしても全然起きれない!

そんな人でも、すぐに脳を覚醒させ、朝勉強を習慣にできる方法を教えます。

朝勉強の7つのメリットを知ることで、より早起きが楽しみになる内容となっています。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


なぜ?朝勉強をしたくても起きれない

受験生にとって最大の敵と言えば「眠気」です。

そして、生活習慣の乱れも勉強の大きな妨げになってしまいます。

毎日夜中まで起きては朝方ようやく寝て、昼近くまで寝てしまっている…そんな受験生は、そのまの生活を続けると大きな失敗につながってしまいます。

  • 高学歴の人こそしっかりと睡眠を取っている
    難関校に通う人のイメージは、睡眠時間を削ってまで必死に勉強をしている、こんな感じです。
    しかし、そんな人こそ睡眠時間はたっぷり取っていることが解っています。
  • 睡眠不足こそ勉強の妨げになる
    頭がぼんやりした状態で勉強をしても、集中力が低下し、結局頭に入れることができません。
    睡眠不足を軽く考えてしまう人が多いですが、学力アップのためにはしっかりと睡眠は取るべきです。
  • 夜中まで勉強するなら朝勉強の方がいい
    夜中までダラダラ勉強しても、日中眠い状態が続いて心身ともに不健康になります。
    それよりも、早朝に起きて勉強をし、夜も早く寝ることで学力アップするどころか、とても健康的な生活が手に入ります。
  • しかし起きれない
    朝起きて勉強をしよう、そう思い朝5時に目覚まし時計をセットしても、全く起きれない…。
    多くの人が「朝起きれない」という大きな壁にぶつかってしまい、そこで挫折します。

 

どうしたら朝起きることができるのか、朝勉強をしたい人は受験に合格するために、早起きの手段を身に付けましょう。

朝勉強のすすめ!起きれない人でもすぐに克服できる方法

「夜中まで起きて勉強するより、朝早く起きて勉強すべきなんじゃないか?」と、これに気づいた人はとてもすごいことです。

夜遅くまで起きていると、面白いテレビやラジオ、お腹が空いて夜中に何か食べてしまったりと、結局勉強どころではなくなってしまいます。

そんな自分を変えたい!そう思い、朝5時に目覚まし時計をセットして、何とか起きたとします。

1日目は上手くいっても、2日目は初日の疲れもあってか、朝起きれないことが多く、気づけば時間は7時すぎだった、こんなことはよくあります。

「30分づつ早めていく」

朝勉強をするためには、朝早起きしなければなりません。

早起きするコツは、30分づつ起きる時間を早めていくということです。

普段朝7時に起きている人は、まずは6時半に起きる習慣をつけましょう。

何とか3日間続けて起きれたら、次は6時、その次は5時半…と最終的に5時に起きれるように持っていきます。

「何とか3日は続ける」

早起きを習慣にするコツは、何としても3日は続けるということです。

最初の3日間は頭がぼんやりして辛いものですが、そこを乗り越えると慣れていきます。

目覚まし時計は布団から離れた場所に置くことで、起きれない人でも何とか脱出できます。

親に頼らず、自分で必死に、気合で起きましょう。

起きれない人必見!朝勉強のための生活方法

すっかり夜型人間になってしまった人でも、3日我慢して早起きすることで体がその生活に慣れていきます。

しかし、睡眠時間は7時間程度はしっかりと取るべきです。

朝5時に起きたいのなら、夜10時には寝るようにしましょう。

正直、夜10時と言えば面白いドラマやテレビ番組が始まる時間帯なので、寝るのが勿体なく感じます。

そんな誘惑に負けてしまうとすっかり時間が過ぎてしまい、朝起きれない生活に戻ります。

見たい番組は録画をする

気になる番組は録画をして、朝勉強が終わったらご褒美に見ることにしてみましょう。

日中ゆっくりと見ても良いでしょう。

とにかく、夜10時になったら寝る、これが朝勉強生活を続けるためのポイントです。

朝に勉強すべき理由と脳を覚醒させる3つのコツ

早朝に何とか起きたけど、頭がぼんやりしてとても勉強なんてできない…そんな人でも、シャキッと脳を覚醒させる3つのコツがあります。

  1. 水を飲む
    水を1杯飲むことで、体に水分を与えるだけではなく、血液を増やすことができます。
    これにより、脳の覚醒につながるので、少しずつ頭が冴えていきます。
  2. 光を浴びる
    朝起きたらカーテンを開けて、日光を浴びましょう。
    セロトニンが分泌されることで目を覚ますことができます。
  3. 空腹時に勉強をする
    早朝に起きて勉強をした後に朝食を食べるようにしましょう。
    何か食べてしまうことで、集中力を高める神経が弱ってしまいます。
    朝食の1時間前に朝勉強をするように心がけましょう。

朝早起きすることの7つのメリット

夜型生活から朝型生活に変えるだけで、なんと7つのメリットを得ることができます。

  1. 朝慌てることがない
  2. 理想的な生活リズムが手に入る
  3. ホルモンバランスが整う
  4. 肌年齢が若返る
  5. 体調がよくなる
  6. 記憶力が活性される
  7. ポジティブ思考になる

早朝に起きるために、早く寝るようになります。

ただそれだけで、体調はみるみる改善され、お肌もきれいになり、なんと思考もポジティブになるんです。

夜中のテレビは確かに面白いですが、勉強の成績をアップさせ、受験に合格する目標があるのなら、ぜひ朝型生活を目指してください。

 - 勉強

ページ
上部へ