知っとく.com

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

   

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありませんか。

肘をつく以外にも食事で気を付けなければならないマナーはいくつかあります。

食事のマナーをきちんと覚えておかないと大人になって恥ずかしい思いをしてしまうだけでなく、子どもに教える事だってできません。

ここでは、肘をついて食事をしてはいけない理由や、覚えておきたい食事のマナーについてお話ししていきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

【夫が出張で不在】こんな時みんなが食べているご飯を調査!


結婚している主婦にとって、夫が出張で不在の時はち...

友達関係がめんどくさい!遊ぶ約束したのに憂うつになる人の特徴


友達と遊ぶというとても単純な行動に憂うつさを感じ...

警視庁へ潜入!見学ツアーに個人で参加する方法


刑事ドラマなどでお馴染みの場所と言えばそう、警視...

【テスト前日】徹夜で一夜漬けするならこの方法で勉強する!


学生の皆さんの多くはテスト前日になると焦ってしま...

読書レポートの書き方!本読みのコツとポイント


高校や大学などで読書レポートの課題が出された時の...

【彼女と俺】真剣な話し合いをするのに適した4つの場所


彼女と険悪なムードになってしまった時は、1度真剣...

喧嘩から仲直りするコツは3つ!親子の場合教えます


親に向かってついつい反抗的な態度を取ってしまった...

【超多忙】医者の彼氏から連絡こない4つの理由


女性にとって結婚したい憧れの職業の男性TOP3に...

【バツイチ彼氏】元妻に嫉妬してしまう時の3つの心がけ


今の時代、バツイチなんて珍しくもなく身近な人でも...

顧問に「部活を辞めたい」と伝える前に考えたい5つのこと

「中学に入ったら部活を頑張りたい!」

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

スポンサーリンク


どうして食事で肘をつくのがマナー違反と言われるのか

小さい頃から何度も「肘をついて食事してはいけない」と親から注意された人も多いと思います。

何度も注意されてきたので、【肘をつくのはいけないことだ】となんとなくは分かっているものの、どうしていけないのかというのはイマイチよく分からないという人がほとんどではないでしょうか。

“お行儀が悪いから”

これだけじゃ子どもに「どうして?」と聞かれたときに上手く説明できませんよね。

食事中に肘をつくことがマナー違反だとされる理由を知っておきましょう。

今ではどの家庭でもテーブルに食べ物を並べて食事をしていますよね。

しかし、江戸時代など昔の日本ではテーブルに食べ物を並べるなんて習慣はなく床にお膳を置いて食事をしていたのです。

時代劇なんかで見かけるあれです。

30センチほどの高さしかないお膳に肘をついて食事をするなんてもちろん出来るはずありません。

この名残があり、床からテーブルに変わったとしても肘をついて食事をするのはお行儀が悪いとされているのです。

また、西洋の食事スタイルからも肘をつくことはマナー違反だとされています。

西洋ではナイフとフォークを使って食事をするので肘をつけばナイフとフォークを動かすことができません。

テーブルとイスで食事をする西洋でも肘をつくというのは考えられず、肘をつかずに食べるというのがマナーとなっているのです。

こういった背景から肘をついて食べるのはお行儀が悪い、マナー違反だと考えられています。

“肘をつく”以外にも知っておきたい食事のマナー

肘をつく以外にも知っておきたい食事のマナーがあります。

知らないままでいると仕事やデートで恥ずかしい思いをしてしまうのでしっかりと覚えておきましょう。

【音を立てる】

音を立てて食事をするのは相手を不快にさせてしまいます。

食器どうしが当たったりする音はもちろんですが、スープをすすったりするのもNGです。

また、くちゃくちゃと音を食べながら食べるのは相手を不快にさせるだけでなく、自分自身の評価を下げてしまいます。

【手を受け皿にする】

刺身などを食べるときに醤油が垂れないようにと左手を添えて食べる人もいるでしょう。

これは一見、上品なようにも見えますがマナーとしてはよくありません。

小皿や小鉢は手に持って食べるようにします。

【おしぼりは汚さない】

おしぼりが出てきたときに手だけでなく、顔や首などを拭いている男性も多いのではないでしょうか。

また、食事中に口の汚れが気になるときにもついおしぼりを使ってしまいがちです。

しかし、おしぼりは手だけを拭いてなるべく汚さないというのがマナーとなっています。

口元を拭くときにはナプキンを使うようにしましょう。

もちろん、テーブルの汚れを拭くのにも使ってはいけません。

ご紹介した以外にも細かな食事のマナーはたくさんありますが、最低限のことは覚えておきたいですね。

食事だけじゃない!仕事でも肘をつくのはマナー違反

食事中に肘をつくことはマナー違反だということをお話ししましたが、これは食事だけの話ではありません。

“肘をつく”という行為自体がいいものではないのです。

肘をつくというのは意識的にというよりも無意識のうちにしている人が多いのですが、仕事中には一層注意しなければなりません。

会議中に考え込むとついつい肘をついてしまいますよね。

しかし、上司の前で肘をつくというのは失礼になってしまうので絶対に避けなければなりません。

もちろん、受付や窓口などの接客業であれば気を抜いて肘をつくなんてことのないようにしましょう。

自分が接客されていなかったとしても肘をついている人を見れば不愉快になってしまうものなのです。

例えば、仲の良い友達と会話をしているときはどうでしょう?

肘をついている時ってリラックスしているという印でもあるんですよね。

リラックス出来る相手だからこそ肘をついて話ができるわけです。

ただ、自分はそう思っていたとしても相手はそう感じません。

話している時に相手が肘をついていたら「真剣に話を聞いてくれていない」と思ってしまいます。

している側は何も感じていなくても相手が不快に感じてしまうことがあるということを覚えておきましょう。

子どもに食事のマナーを注意したいときに気を付けたいこと

大人になって恥ずかしい思いをしないようにと、子どもには食事マナーをしっかりと覚えさせたいところですよね。

お行儀が悪いときには注意もしなければなりません。

親が子どもに教えたいこととしては

「いただきます」「ごちそうさま」のあいさつ

  • 正しい箸の持ち方
  • 姿勢良く、肘をつかない
  • お茶碗などを持って食べる
  • 口を開けて食べない
  • ご飯の途中で席を立たない
  • 口にご飯を入れたまま話さない

こういったことであり、出来ていなければついついキツい言い方にもなるでしょう。

毎日同じ事を注意していればキツく怒ってしまいたくなる気持ちもわかります。

でも、毎日のように怒られていては食事の時間が子どもにとって苦痛になる恐れがあるのです。

「その箸の持ち方であっているんだっけ?」

「ご飯の時間はどうする約束だった?」

と子どもに考えさせるような言い方にしてみましょう。

また、子どもに注意するまえに自分がこれらのことをしっかりと出来ているのかをいうのを見直してみて下さい。

疲れているからと姿勢が悪くなっていたり、新聞やスマホを見ながら食事していることはありませんか?

親がきちんと出来ていないのに子どもに注意をしても説得力はないですよね。

自分が何よりの見本となれるようにしましょう。

肘をつく癖は治しておいた方がいい!

いかがでしたか。

“肘をつく”ということが食事だけでなく、あらゆる場面で避けた方がいいということが分かっていただけたかと思います。

自分は無意識でやっているつもりでも、「失礼なやつだ」「マナーが悪いな」と思われてしまうのは嫌ですよね。

ついつい肘をつくというのが癖になってしまっているという人は意識して治すようにしましょう。

肘をつく癖を治すには、やはり背筋を伸ばして姿勢をよくするいうことですね。

姿勢がよければ肘をつくことが難しくなってしまうのです。

また、デスクワークをしている人は肩が前に出やすくなり肘をついてしまうので、意識的に肩を回したり後ろに持っていくようにして肩の位置にも注意しましょう。

誰でも自分で気づかずにやってしまう癖というものがあるのですが、他人から見て不快に思うようなことは治した方がいいですね。

あなたの周りにも肘をついている人がいれば、無意識の可能性があるので優しく注意してあげて下さいね。

 - ライフハック

ページ
上部へ