知っとく.com

アラフォー独身女性、いきいき一人暮らし術

   

アラフォー独身女性、いきいき一人暮らし術

アラフォーで独身の女性、しかも一人暮らしといえば、優雅でのんびりマイペースで生活できていいなと思いませんか。

仕事は充実してきて、経済的にも豊かなことが多く、自分の好みもはっきりとわかってきて、趣味や友人も厳選されてくる年代ですね。

しかし、いつまでも働けるわけでもなく将来のことを思うと、独り身だけに、何かと不安な気持ちもあると思います。

独身のアラフォー女性の結婚観や、将来設計などを探ってみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


アラフォーで独身なら一人暮らしの方がモテるかも

モテるのはどっち?実家VS一人暮らし

独身女性が一人暮らしをしている場合と、実家で暮らしている場合を比べて恋愛や結婚の可能性が高いのはどちらかと言えば、一人ぐらいの方が彼氏をつくりやすく、結婚にも発展しやすいといえると思います。

実家暮らしの女性に彼氏が少ない、モテないという印象を与えるのは、どんな理由があるのでしょうか。

1) 料理センス

実家で暮らしていると、料理を作る必要がない場合が多いです。どうしても自分がしなくてはいけないという状況でもないので、購入した食品を余すことなく使い切るなど、食品の管理も必要なくなります。一人暮らしをしていると、短時間で効率よく食事の支度をしなくてはいけないので、当然スキルもあがるでしょう。

2)金銭感覚

実家暮らしの場合は、光熱費や住居にかかる費用を、実家に入れる人もいますが、自分が管理しなくてもよいため、給与は比較的自由に使えると思います。もしも何かあれば、親に助けてもらえるという甘えもあるケースが多いようにみえます。

ところが一人暮らしになると、生活にかかる費用の一斎を自分でやりくりしなくてはいけなく、当然賢い使い方が身に着くようです。実家暮らしの人が一人暮らしをはじめたとたん、貯金が増えたという話もよく聞きます。

3)生活スタイル

また、実家の場合は、自分の都合で気軽に彼氏を呼べないということもあります。相手の男性も実家だとすると、デートは外でという事が多く、なかなか進展しにくいかもしれませんね。

アラフォーで独身 快適な一人暮らし

一人暮らしのさみしさを埋めるのは結婚だけじゃない

アラフォーで独身の場合、自由に自分の人生を謳歌している人いと思いますが、その一方で、ふと寂しさがこみあげてくるという話もよく聞きます。

若い時で独身だった時は、誰にも制約されず、自由きままに暮らせる事がとても心地よかったのが、アラフォーともなると、誰かと人生を共有できることの素晴らしさが、ようやくわかる時期だともいえるでしょう。

周りの結婚した友人たちの、家事や育児などで大変ながらもいきいきと日々を送っている姿をみて、自分の生き様と比べてしまう事もあるでしょう。

このまま、一人で歳を重ね続けることに空しさを感じてしまうかもしれません。寂しさを紛らすために、誰かと一緒にいたいと思って、出会いの場を求める人もいるようです。

しかし、結婚が全ての解決策ではありません。
将来の不安や寂しさを解消するために、結婚を考えるのは少し方向が違うように思います。

そのために、相手を年収や学歴、見た目といった属性で選びがちです。アラフォーの場合、ここまで待ったのだから、もっと良い人をと欲が出てくるようです。

若い時は、色々な困難な出来事や失敗を協力して乗り切るということで、お互いの事を知り、関係も深めることができたのですが、アラフォーだとそうもいきませんね。既に色々と経験している自分が、どこまで相手と一緒にいてもストレスがないか、お互いにハッピーなのかに焦点をあてるべきでしょう。

なにも、結婚だけが人生のゴールではありません。一人暮らしの方が楽な方はそれでいいのです。どうしても寂しいというならば、ペットを飼うのもいいかもしれません。

寂しいのは一時だけ、自分の好きなことを思い切りやっていれば、寂しさなんて吹き飛んでしまいますよ。

独身アラフォーで一人暮らしには危険がいっぱい!?

女性の一人暮らしには常に危険が潜んでいます。

最近はご近所との関係性がとても希薄になってきているので、見たことのない人が自宅周辺をうろうろしていたり、誰かに見られている気がするといった、ちょっとした変化を見逃さず気をつけていなくてはいけません。自分の身は自分で守らなくてはいけません。

マンションのオートロックで誰かが一緒にはいってきたり、見たことのない人がずっとつけてきて怖い思いをしたという話もよく聞きます。ベランダから侵入するということも、けっこうあるようです。

住んでいる地域にもより、不審者が多く出るところはありますが、閑静な住宅街でも、油断してはいけません。

女性が会社から戻ると、部屋の中に窓から侵入してきた何者かが待ち構えていて襲ってきたというケースもあります。中にはカーテンが切られ、テレビのヴォリュームを最大にしていたり、異常な行動をおこす侵入者もいるらしいので、何をされるかわかったものではありません。

運よく逃げ出せたとしても、その時のことがトラウマとなり、鬱になってしまったり、恐怖から病気になることもあるそうです。

あまりに気にしすぎるのはよくないのですが、自己防衛として、例えば部屋に入る時には必ず後ろを確認したり、窓が割られていないかどうか、ドアの鍵が違っていないかなど、気をつけることが大事です。

夜は窓を開けっぱなしで寝ない、家を出る時に電気をつけたまま出るなどの工夫して少しでも安全に暮らしましょう。

アラフォー独身女性の出会い

プロの出会い系サービスがおすすめ

アラフォー女性は理想が高いと言われます。ある時突然バッグをひったくられて困っていたら、目の前にイケメンが現れて、自分のバッグを取り戻してくれていたというような、ドラマチックな出会いを期待している人も多いようです。

現実には、難しいとはわかっていても、ここまで待っていたのだから、印象的な何かが起きるまでは、簡単には動けないという人がいるようです。

しかし、偶然の出会いはそうそう起きるわけではありません。自分から行動しなくては何もはじまりませんよ。

一般的に、趣味を通じて出会うケースがあるほか、マッチングサービスを利用するのもおすすめです。

自分をよく知る親や友人とは違ったプロのアドバイスで、自分の新たな一面を発見してもらえ、意外と相性のよい相手が見つかることがあります。

膨大なデータの中から、より理想に近い条件の、パートナーを求めている男性を探してもらえるので期待がもてますよ。

外見より中身が大事

アラフォーの独身女性だと、キャリアもそれなりにあり経済的にも余裕のある人が多いかもしれませんね。それだけに、相手にも経済的・社会的な地位を求めているかもしれません。

経済力があった方が結婚生活が安定するかもしれませんが、どんな生活をしていくか、何をしたいのかによっても、収入はあてにはなりません。

これからの人生を共に歩んでいけるかどうかの見極めは、内面的なものが重要です。学歴や職種、顔や体型などの条件で相手をふるいにかけてしまっては、最初からチャンスを見逃すことになります。

あまり選り好みせずに、まずは話をしてみて自分との相性をみてはいかがでしょうか。

アラフォー独身女性の貯金は多い方がいい

アラフォー独身女性の貯蓄はどのくらいだと思いますか?恋愛も気になりますが、同世代の経済状況も気になりますよね。

アラフォー独身女性の平均貯金額の調査では、約500万円から1,000万円ということです。これは、趣味や娯楽などにあまり使う事がなく、どちらかというと仕事優先の人が多いということでした。それなりに、貯金をしているようですね。

しかし、1,000万円というと、将来的には決して安心できる金額ではないですね。どうすれば貯金できるかという悩みを持つ女性も多いようです。

中には、全く貯金できなくて、車のローンなどの借金があって、今の生活も苦しい人がいます。恋愛から結婚に発展したとしても、相手の経済状況にゆだねることになるので、肩身の狭い思いをするかもしれません。

若い時だと、お金のことなんか気にしないで、勢いで結婚ということもありえましたが、アラフォーともなると、貯金があるかどうかは相手の見定める要因にもなります。

貯金そのものよりも、堅実的に貯金してきたという暮らしぶりが見られるのでしょう。あまりにも貯金がないと、どんなお金の使い方をしていたのかと思われ、恋愛の妨げになることもあります。

つまり、貯金はできるだけ多い方が、自分を助けることになるでしょう。

 - ライフハック

ページ
上部へ