知っとく.com

背中や肩甲骨の下の痛みの原因は病気?思わぬサインとは

   

背中や肩甲骨の下の痛みの原因は病気?思わぬサインとは

なんだか最近背中が痛い…特に肩甲骨の下あたりが痛いと感じている人へ。

マッサージをしてもシップを貼っても痛みが改善せず、長い間痛みが続く場合は要注意。

もしかしたら病気のサインかも知れません。

考えられる病気やその原因をまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

会社をズル休み!その理由で大丈夫?病院に行かなくてすむ方法

誰だって会社をズル休みしたい時ってありますよね。

【こんな教習所は嫌だ】教官の態度に耐えられない時の対処法”


自動車免許の取得のために教習所へ通っている人は思...

ホームページを閲覧した時の足跡はどんな情報が残るのか 教えます!


どうしても気になるホームページやブログを閲覧して...

【ドラムの練習をしたい】練習グッズと注意点 教えます!


ドラマーに憧れてドラムの練習を始めた場合、自宅で...

【兄弟の性格が真逆なんです】個性を伸ばす子育ての方法


「お兄ちゃんは大人しいのに弟はやんちゃで大変」な...

彼氏は優しい方がいい!泣く男性がおすすめな理由

彼氏募集中の女性に、「どんな男性が好きですか?」と聞くと「優...

彼氏が彼女の写真を撮りたがるのはこんな理由、教えます!

スマホで簡単に写真を撮れるようになってからは、それまで写真に...

卒業式にふさわしい着物の種類と、選び方はこれ!


大学の卒業式や子供の卒業式には、どんな衣装で参加...

予約サイトのホテルが満室なら、直接電話をかけてみよう!


出張や旅行先のホテルを予約したいけど、予約サイト...

成人式のファーはなしだと思う人に【おすすめの羽織もの教えます!】


成人式と言えば振り袖を着た女の子がイメージできま...

ハムスターの目の病気の種類と原因はこれ!


ハムスターの目から目やにが出たり、赤く腫れていた...

キッチンのシンクを、毎日簡単に掃除する方法


家の中で水回りは最も汚れやすいポイントであり、と...

覚えておいて損はナシ!電話の相手が友達でも守りたいマナー

メールやLINEでの連絡が便利なため、電話をする事が減ってき...

鼻が低い男性がモテるためにすべきこと


【鼻が低い】ことを悩む男性は世の中にたくさんいま...

【食後にタバコを吸って吐き気】病気の可能性や喫煙が及ぼす影響ついて教えます!


食後に吸うタバコは美味しくてやめられない!という...

【子猫を保護】衰弱していた場合の対処法


道端や家の庭などで衰弱した子猫を発見をして保護し...

犬が予防接種後に元気がない!症例や対処法 5つ


動物病院で予防接種を受けたあと、なんだか犬の元気...

【腎臓の検査は何科?】わかりにくい自覚症状の場合の対処法


朝起きた時にものすごく顔がむくんでいたり、尿の量...

飛行機に持ち込みができる薬と、注意が必要な医薬品教えます!


持病を持つ人や万が一のために飛行機に薬を持ち込み...

【目の充血が治らない】考えられる原因と病気と対処法はこれ!


目が赤くなってしまい、見た目も気になってしまうの...

スポンサーリンク


背中の肩甲骨の下の痛みの原因とは?

なんだか背中が痛い!特に肩甲骨の下辺りが痛いのはなぜ?

こんな症状に覚えがある人の原因とはなんでしょうか。

ズキズキ痛かったり痛みに波があるし、シップを貼ってもよくならないという人へ。

もしかしたら筋肉痛などではないかも知れません。
考えられる病気などを挙げてみます。

背中の「肩甲骨の下の痛み」から考えられる病気

背中が痛み、特に肩甲骨の下に異変を感じる人の中には病気の可能性も考えられます。

・膵臓炎

背中の左側から左下、またはみぞおちから左脇腹上部にかけて痛みが続く場合は膵臓炎の可能性があります。

膵臓炎の特徴は、空腹時には痛みが和らぎ、食事後には痛みが強くなります。
これは膵臓から分泌される消化酵素によって、膵臓に炎症が起きてるからです。

これらの症状が起きるほかの原因としては。胆石症やアルコールの過剰摂取も考えられます。

・膵臓癌

先ほどの膵臓炎の症状よりも重い痛みがある場合に考えられます。
胃のあたりに強い痛みを感じる場合もあります。

そのほかの症状としては、尿の色がいつもよりも濃くなったり、身体に痒みが出る場合もあります。

膵臓癌を患い、糖尿病を発症してしまう合併症にも注意をする必要があります。

・胃炎

膵臓炎や膵臓癌の痛む場所と同じなので、胃炎との区別が難しいです。
胃の辺りに強い痛みを感じ、さらに背中の左側から下にかけて症状が出ます。

さらに、胸やけや吐き気、嘔吐や吐血などの症状が出ると重症となってしまうので、要注意です。

・胃癌

胃炎と同じような症状ですが、黒い便が出るのが胃癌の初期症状です。

長い間胃の不快感が続く場合は早めの受診や検査を行いましょう。

このように背中に痛みを感じた場合に考えられる病気を挙げましたが、あくまで一例です。
自己判断をしないことが大切です。早めの治療を行いましょう。

背中の右肩甲骨の下の痛みの原因とは?

先ほどとは逆に、背中の右側に痛みを感じる場合、特に肩甲骨の下に痛みがある場合に考えられる病気を挙げてみます。

・胆石症

脂肪分が多い食事をした後に上腹部や右肩甲骨当たりに痛みを感じる場合に考えられます。
胆石症とは、胆嚢や胆管に結石ができて痛みを起こす病気です。

主に胆汁が固まってしまい、胆石となってしまうことが原因です。

はっきりとした痛む場所がありませんが、強い腹痛や発熱などが現れたら早めに受診をしましょう。
黄疸などが現れた場合は急を急ぎます。

・肋間神経痛

背中の右側が痛む場合に考えられるのが、肋間神経痛です。
肋骨に沿って痛みが走るため、かなりの激痛が走ります。
これはどちらか片方の胸の痛みが原因となり、長時間続く痛みではないものの強い痛みを生じる神経痛です。

これらの症状が起きた場合は早めに整形外科などで受診をしましょう。

・胸郭出口症候群

手のしびれから始まり、肩や肩甲骨に痛みが広がるのが特徴です。

これは鎖骨周辺の神経が何らかの原因で圧迫されて起きる症状です。

症状が悪化すると手の色が青紫になり、手を動かすことも難しくなってしまいます。

少しでも思い当たる点がある場合、早めに受診をして早期治療をしましょう。

日常の動作を正して痛みを改善しよう!

片方の肩甲骨に痛みを感じる原因は、日常的な動作が原因の可能性が高いです。
痛みに悩んでいる人は、ちょっとした心掛けで痛みから解放されると思いますよ。

こんな姿勢は取っていませんか?

・勉強をする時おかしな姿勢をしている。
・ついつい前かがみになっている。
・テレビを見るとき、右ひじか左ひじを付いている。
・バッグを持つ手がいつも同じ。

この中で1つでも「あるある」と思う点が見つかったら、ぜひこれからは気をつけてみましょう。

右ばかりを使っている、または左ばかり…という人は、どちらも同じように使うようにしてみましょう。

また、ついつい猫背になってしまう人も肩甲骨に痛みを感じやすいです。
姿勢を正すことを心がけてみましょう。

左右のバランスを考えて動作をすることで、身体全体のバランスも整います。

骨盤の歪みもこの動作に深く関係しているので、ぜひ注意をしてみましょう。

背中の痛みは「内臓疲労」のサイン

運動をしているわけじゃないのになぜか背中が痛いという場合、内臓が疲れていることも考えられます。

内臓の疲れが背中に出るってちょっと不思議な気もするでしょうけど、背中のマッサージをしても痛みが収まらない場合は、内臓疲労かも?と考えてみましょう。

ここ最近の食生活はどうでしたか?
暴飲暴食はしていませんか?
辛い物ばかり食べませんでしたか?

また、お酒の飲みすぎやストレスも考えましょう。

内臓は常に動いているため、内臓が疲れてしまうと背中に痛みが生じます。

背中の痛みは内臓疲労のサインだと思い、思い当たる点は改善しましょう。

 - 健康

ページ
上部へ