知っとく.com

勉強をするときに「音楽を聴くと暗記ができない」その根拠とは

   

勉強をするときに「音楽を聴くと暗記ができない」その根拠とは

勉強をするときに音楽は聴かない方がいいって、本当でしょうか?

いつも必ず音楽を聴く人は、こんな点に気をつけるだけで勉強効率がアップするようです。

そして、しっかり暗記をするために覚えておくべき「脳の仕組み」とは一体何でしょうか。

徹夜をしても暗記ができず悩んでいる人は、これからご紹介する勉強法をぜひお試しください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

夢を思い出す「よくない内容」を見た時の対処法


何かに追いかけられたような…寝ている間にそんな夢...

no image
夜になると体重が1㎏増加!ダイエット成功のカギは「むくみ」対策はこれだ!


朝起きた時の体重と、夜寝る前の体重はおよそ1㎏増...

【夜勤労働】寿命が縮むリスクとDNAを修復する食べ物


社会問題にもなっていますが、今の世の中には夜中も...

子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応


子供の習い事ランキング1位であるピアノの話題です...

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

スポンサーリンク


音楽を聴きながら勉強をすると暗記できないって本当?

勉強するときは、必ず音楽を聴いているという学生は多いでしょう。

特に流行の邦楽をついつい聴いてしまうけど、音楽を聴きながら勉強をするのは効率が悪くなるって本当でしょうか?

音楽を聴きたいのに納得がいかない!という意見も多いですよね。

親や友達に注意されてしまったという人は、ここでスッキリと解決しちゃいましょう。

集中して勉強をする方法を調べてみました。

みんながやっている勉強法や、「集中するために聴く音楽」などをご紹介します。

暗記科目では音楽を聴かない!集中できる勉強法

集中して勉強をするには、音楽の聴き方や音楽の内容を変えるとより効率がアップしますよ。

音楽を聴いてはいけないということではなく、歌詞があるかどうかにもよるようです。

上手く使い分ける勉強法はコチラ。

・計算科目

さくさく計算を行うには、実は音楽を聴きながら勉強をした方が効率アップします。
アップビートでノリのよいテンポの音楽を選びましょう。
単調な計算問題を解いているとついつい眠くなる人へは効果的です。

この曲なら眠気が覚める!という曲のレパートリーを探してみましょう。

・英語や暗記科目

英単語の勉強やひたすら暗記を要する勉強は、音楽を聴くことは向いていません。
歌詞のある歌は特に、暗記したいものと歌詞が混じってしまうので頭に入って来なくなります。

ただ、静か過ぎる空間が嫌だ!という場合は、カフェに流れるような静かな曲を選びましょう。
歌詞のないクラシックがおすすめです。

このように、音楽を聴いた方がいい科目とそうでない暗記科目をご紹介しました。

音楽1つでそんなに違うのか?と疑う人はぜひ実行してみましょう。

今まで暗記できなかった内容もスラスラ耳に入るかも知れませんよ。

苦手な暗記科目は好きな音楽で乗り越えよう!

先ほどの勉強法とは全く違う意見ですが「苦手な暗記をする時には好きな音楽を聴く」という人も中にはいます。

この場合の音楽効果を調べてみましょう。

とにかく暗記をしなくてはいけない日本史や世界史などが苦手な人は多いですよね。

苦手な勉強ほどつらいものはありません。
苦痛で仕方のない人は、いっそ1番大好きな曲を聴きながら勉強をしてしまいましょう。

これにより、嫌な勉強が楽しいものに変ります。

そして、この勉強内容とともに大好きな曲のことも思い出し、嫌な思い出にはならないはず。

この教科を解くときに曲も一緒に思い出してちゃんと答えられた、なんていう意見もあります。

曲の方ばかりに集中しては肝心な暗記はできませんが、こんな風に好きな曲を利用するのも手かも知れません。

音楽は右耳から、暗記は左脳で?

勉強を効率アップさせるための音楽の使い方について色々な意見がありますが、中にはこんな意見もあります。

「音楽は右耳から聴いて左脳で暗記をしよう」という理論的な考えを持っている人もいます。

これは、音楽は右脳で処理され、言葉や暗記は左脳で処理されるという理論から生み出した答えです。

しかしこの方法では、右耳から入った音を完全に右脳だけでは処理できず、左脳にも入ってしまいます。
つまり、勉強をしながら音楽を聴くと必然的に暗記の妨げになっているということです。

右耳では音楽を聴いてスラスラ暗記をするということはやはり不可能に近いということのようです。

どうしても音楽を聴かないと勉強ができないという人は、集中できない他の理由を考えてみる必要もありそうです。

しっかり暗記をするための「睡眠」効果やクラシック音楽

勉強とはひたすら暗記を続けるものの他でもありません。

でも、暗記作業がすぐに飽きる理由は何でしょうか?

実は脳の性質を考えてみると、脳とは単純作業はすぐに飽きてしまう性質なんだそうです。

なんだ!脳のせいなのか!ということです。

この性質を上手く使うには、飽きないように時間を決めたり、身体を使ったりすることで効率が上がるようです。

身体を使うとは「聴覚、嗅覚、視覚」に刺激を入れるということなので、一定時間を過ぎたらひと息を入れたりリラックスさせることで効率がアップします。

勉強がはかどる音楽はよくある「クラシック」なんです。
クラシックはあまり好きじゃないという人におすすめしたいのが、好きな楽器を見つけるということ。

ピアノが苦手ならラッパや太鼓系を使ったものはいかがでしょう?
クラシックと言っても幅広い分野があり、その演奏を聴くことで脳に刺激を与えることが可能です。

そしてしっかり暗記をするために1番大切なことは「睡眠」です。

記憶とは睡眠をすることで長期記憶となり、脳に定着をします。

暗記をしたら寝る、ということでより暗記効果がアップしますよ!

 - 勉強

ページ
上部へ