知っとく.com

勉強をするときに「音楽を聴くと暗記ができない」その根拠とは

   

勉強をするときに「音楽を聴くと暗記ができない」その根拠とは

勉強をするときに音楽は聴かない方がいいって、本当でしょうか?

いつも必ず音楽を聴く人は、こんな点に気をつけるだけで勉強効率がアップするようです。

そして、しっかり暗記をするために覚えておくべき「脳の仕組み」とは一体何でしょうか。

徹夜をしても暗記ができず悩んでいる人は、これからご紹介する勉強法をぜひお試しください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

耳に違和感・・・音が響く原因が知りたい!

耳に違和感があると気になって気になってしょうがないですよね。...

大学に入って勉強を楽しいと思えるか

受験勉強を頑張って希望の大学に入った!
<...

ツライ・・・夫に子供は欲しくないと言われてしまった

女性ならば結婚してすぐに子供が欲しいと思う事もあれば、数年し...

車のエンジンから変な音がする原因


車のエンジンを起動させたらいつもと違う音がする…...

高校生になってから勉強ができないその理由


「家で勉強をしようとしてもなぜか集中できない!」...

効率よく筋肉を付けるトレーニング方法


バッキバキに割れた腹筋になるぞ!と気合を入れて筋...

「緊急地震速報」は携帯の電源がオフだと受信できない!


大きな地震をお知らせする「緊急地震速報」はいくつ...

筋トレで肉体改造!体重と身長に合う理想的な筋肉量


自分の理想的な体型というのは人それぞれ違います。...

ロングヘアーとショートヘアーそれぞれの人気のひみつ


男性が好きな女性のヘアスタイルと言えば「ロングヘ...

パキラの育て方のコツ!種から育てる方法


南国の木のようなかわいいパキラを種から育てる方法...

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果


体が固いとケガをしやすくなり老化も進んでしまいま...

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方がいい


プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたい...

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由


お母さんが授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝な...

アパート契約の審査をブラックリスト者が通過するための条件


借金の返済が滞ったりお金の面で色々あった人は「ブ...

水泳と筋トレには正しい順番がある


ジムに通っている人は水泳と筋トレ、どちらを先に行...

歯茎から出血した!大量じゃなければ問題ないのか

リンゴをか丸かじりしたら歯茎から出血・・・みたいなCMを小さ...

大学に進学!進路の決め方はどうするべきか

高校から大学に進学しようと決めたけれど、どの大学へ行きどの学...

洗濯機への洗剤の入れ方をもう一度見直そう

主婦であれば洗濯は毎日の事でしょう。
日に二度...

小学5年生が社会のテストで成績アップする勉強法


小学5年生にもなると社会の内容が難しくなってきま...

鼻が低いか確かめる基準とチェック方法


メガネをかけてもすぐに落ちてしまうのは鼻が低いの...

スポンサーリンク


音楽を聴きながら勉強をすると暗記できないって本当?

勉強するときは、必ず音楽を聴いているという学生は多いでしょう。

特に流行の邦楽をついつい聴いてしまうけど、音楽を聴きながら勉強をするのは効率が悪くなるって本当でしょうか?

音楽を聴きたいのに納得がいかない!という意見も多いですよね。

親や友達に注意されてしまったという人は、ここでスッキリと解決しちゃいましょう。

集中して勉強をする方法を調べてみました。

みんながやっている勉強法や、「集中するために聴く音楽」などをご紹介します。

暗記科目では音楽を聴かない!集中できる勉強法

集中して勉強をするには、音楽の聴き方や音楽の内容を変えるとより効率がアップしますよ。

音楽を聴いてはいけないということではなく、歌詞があるかどうかにもよるようです。

上手く使い分ける勉強法はコチラ。

・計算科目

さくさく計算を行うには、実は音楽を聴きながら勉強をした方が効率アップします。
アップビートでノリのよいテンポの音楽を選びましょう。
単調な計算問題を解いているとついつい眠くなる人へは効果的です。

この曲なら眠気が覚める!という曲のレパートリーを探してみましょう。

・英語や暗記科目

英単語の勉強やひたすら暗記を要する勉強は、音楽を聴くことは向いていません。
歌詞のある歌は特に、暗記したいものと歌詞が混じってしまうので頭に入って来なくなります。

ただ、静か過ぎる空間が嫌だ!という場合は、カフェに流れるような静かな曲を選びましょう。
歌詞のないクラシックがおすすめです。

このように、音楽を聴いた方がいい科目とそうでない暗記科目をご紹介しました。

音楽1つでそんなに違うのか?と疑う人はぜひ実行してみましょう。

今まで暗記できなかった内容もスラスラ耳に入るかも知れませんよ。

苦手な暗記科目は好きな音楽で乗り越えよう!

先ほどの勉強法とは全く違う意見ですが「苦手な暗記をする時には好きな音楽を聴く」という人も中にはいます。

この場合の音楽効果を調べてみましょう。

とにかく暗記をしなくてはいけない日本史や世界史などが苦手な人は多いですよね。

苦手な勉強ほどつらいものはありません。
苦痛で仕方のない人は、いっそ1番大好きな曲を聴きながら勉強をしてしまいましょう。

これにより、嫌な勉強が楽しいものに変ります。

そして、この勉強内容とともに大好きな曲のことも思い出し、嫌な思い出にはならないはず。

この教科を解くときに曲も一緒に思い出してちゃんと答えられた、なんていう意見もあります。

曲の方ばかりに集中しては肝心な暗記はできませんが、こんな風に好きな曲を利用するのも手かも知れません。

音楽は右耳から、暗記は左脳で?

勉強を効率アップさせるための音楽の使い方について色々な意見がありますが、中にはこんな意見もあります。

「音楽は右耳から聴いて左脳で暗記をしよう」という理論的な考えを持っている人もいます。

これは、音楽は右脳で処理され、言葉や暗記は左脳で処理されるという理論から生み出した答えです。

しかしこの方法では、右耳から入った音を完全に右脳だけでは処理できず、左脳にも入ってしまいます。
つまり、勉強をしながら音楽を聴くと必然的に暗記の妨げになっているということです。

右耳では音楽を聴いてスラスラ暗記をするということはやはり不可能に近いということのようです。

どうしても音楽を聴かないと勉強ができないという人は、集中できない他の理由を考えてみる必要もありそうです。

しっかり暗記をするための「睡眠」効果やクラシック音楽

勉強とはひたすら暗記を続けるものの他でもありません。

でも、暗記作業がすぐに飽きる理由は何でしょうか?

実は脳の性質を考えてみると、脳とは単純作業はすぐに飽きてしまう性質なんだそうです。

なんだ!脳のせいなのか!ということです。

この性質を上手く使うには、飽きないように時間を決めたり、身体を使ったりすることで効率が上がるようです。

身体を使うとは「聴覚、嗅覚、視覚」に刺激を入れるということなので、一定時間を過ぎたらひと息を入れたりリラックスさせることで効率がアップします。

勉強がはかどる音楽はよくある「クラシック」なんです。
クラシックはあまり好きじゃないという人におすすめしたいのが、好きな楽器を見つけるということ。

ピアノが苦手ならラッパや太鼓系を使ったものはいかがでしょう?
クラシックと言っても幅広い分野があり、その演奏を聴くことで脳に刺激を与えることが可能です。

そしてしっかり暗記をするために1番大切なことは「睡眠」です。

記憶とは睡眠をすることで長期記憶となり、脳に定着をします。

暗記をしたら寝る、ということでより暗記効果がアップしますよ!

 - 勉強

ページ
上部へ