知っとく.com

離婚をした父親が養育費を払わない場合の請求方法

   

離婚をした父親が養育費を払わない場合の請求方法

女性が子連れ離婚をした場合、父親である元夫から養育費を受け取ることができます。

しかし全く払わない父親がとても多いのが現実。

ここで改めて子供を育てる義務について考え直しましょう。

しっかりと養育費を受け取る方法をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

耳に違和感・・・音が響く原因が知りたい!

耳に違和感があると気になって気になってしょうがないですよね。...

大学に入って勉強を楽しいと思えるか

受験勉強を頑張って希望の大学に入った!
<...

ツライ・・・夫に子供は欲しくないと言われてしまった

女性ならば結婚してすぐに子供が欲しいと思う事もあれば、数年し...

車のエンジンから変な音がする原因


車のエンジンを起動させたらいつもと違う音がする…...

高校生になってから勉強ができないその理由


「家で勉強をしようとしてもなぜか集中できない!」...

効率よく筋肉を付けるトレーニング方法


バッキバキに割れた腹筋になるぞ!と気合を入れて筋...

「緊急地震速報」は携帯の電源がオフだと受信できない!


大きな地震をお知らせする「緊急地震速報」はいくつ...

筋トレで肉体改造!体重と身長に合う理想的な筋肉量


自分の理想的な体型というのは人それぞれ違います。...

ロングヘアーとショートヘアーそれぞれの人気のひみつ


男性が好きな女性のヘアスタイルと言えば「ロングヘ...

パキラの育て方のコツ!種から育てる方法


南国の木のようなかわいいパキラを種から育てる方法...

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果


体が固いとケガをしやすくなり老化も進んでしまいま...

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方がいい


プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたい...

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由


お母さんが授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝な...

アパート契約の審査をブラックリスト者が通過するための条件


借金の返済が滞ったりお金の面で色々あった人は「ブ...

水泳と筋トレには正しい順番がある


ジムに通っている人は水泳と筋トレ、どちらを先に行...

歯茎から出血した!大量じゃなければ問題ないのか

リンゴをか丸かじりしたら歯茎から出血・・・みたいなCMを小さ...

大学に進学!進路の決め方はどうするべきか

高校から大学に進学しようと決めたけれど、どの大学へ行きどの学...

洗濯機への洗剤の入れ方をもう一度見直そう

主婦であれば洗濯は毎日の事でしょう。
日に二度...

小学5年生が社会のテストで成績アップする勉強法


小学5年生にもなると社会の内容が難しくなってきま...

鼻が低いか確かめる基準とチェック方法


メガネをかけてもすぐに落ちてしまうのは鼻が低いの...

スポンサーリンク


離婚後に養育費を払わないのは「義務違反」

子供がいる夫婦が離婚をしてしまい、母親が子供を引き取る場合が多いですね。

この場合には夫には「養育費を払う義務」が与えられます。

よって、子供が自立するまでは養育費を払い続けなければいけないのです。

しかし現状ではほとんどの場合が支払いをしていないようです。

「生活保持義務」

子供がいる親には「生活保持義務」があります。
民放820条に記載されている義務で、未成年の子供に対して生活の保障をするという内容です。

離婚をした場合でも同じことで、親である以上はしっかりと子供のために養育費を支払わなければなりません。

別れたからと言って払わないというのは、義務違反となってしまいます。

両親が子供のために生活費を分担し、ある程度の生活をさせることが親としての役目です。

離婚後の養育費を払わない父親はとても多い

子供と離れて暮らしても子供を養育する義務があることはわかりましたが、やはり現実では厳しいようです。

離婚した夫から養育費を受け取っている人は実に全体の3割程度しかいません。

この理由はやはり離れて生活をすることで自分中心の生活となり、慰謝料を払うということからどんどん離れて行ってしまっているということが背景となっています。

もともと財力がない場合も多く、支払う義務があることをわかってはいても支払えないということもあります。

そして離れた時間が経てば経つほど、父親としての自覚が薄れていってしまいます。

このような原因から、養育費を支払わない親が増えて行っているのでしょう。

母子家庭として育つ子供が十分な生活を送るのはとても大変です。

離婚をするときに話し合った慰謝料の大切さを離れて暮らす父親も考えなおすべきです

養育費を払わない離婚をした夫の給与を差し押さえる方法

慰謝料を支払ってもらえないというトラブルにならないために、離婚をするときにしっかりと取り決めるということがとても重要です。

慰謝料について口約束で決めるのは絶対に避けましょう。
いざという時に全く効力がないため、相手も支払いに応じなくなってしまいます。

ではどのようにするべきでしょうか?

「公正証書に書いておく」

協議離婚をする場合には「公正証書」に内容をしっかりと記入をしておくと、いざという時に申し立てをすることができます。

口約束ではこのような法的手続きが行えないため、しっかりと記入をしておきます。

申し立てにより、滞納された養育費についても制裁金を科すことが可能です。

それでも支払わない場合は夫の給与を差し押さえることができます。

離婚をするときはついつい喧嘩腰になったり、イライラしてしまい「早く終わらせたい」という理由から口約束をしてしまうことが多いでしょう。

しかし、このようなトラブルが起きた場合にしっかりと支払ってもらうためには書類が必要です。

ぜひ覚えておいてください。

養育費を払わないよくある夫の理由

養育費を払わない夫のよくある理由をまとめてみます。

思い当たることはありませんか?

・夫が再婚をした場合

これを理由に養育費が支払えないと言って来ることはよくあります。

再婚相手との生活により金銭的な余裕がなくなるため、離れた元妻と子供への養育費まで支払えなくなるというパターンです。

ですが、この場合でも義務はなくなりません。しっかりと要求をしましょう。

・収入が低い

夫の年収が200万以下である場合、養育費が負担になり支払えなくなるケースはとても多いです。

ですがお金がないのは子供を一人で育てる妻も一緒です。

お互い協力し合うことが大切です。この場合も請求をし続けることができます。

・自己破産をしている

借金が原因で自己破産をした場合でも養育費を支払う義務はもちろんあります。

しかし減額を求められた場合、ある程度は応じなくてはならないようです。

お互いの生活を考えて、支払える金額を決めて請求をしましょう。

養育費の話し合いは「家庭裁判所」で行おう

これから離婚をする夫婦にとって、養育費の金額を決めるということはとても難しいことです。

話し合いにならない場合が多く、途中で投げ出してしまう人もいます。

ですが、子供のことを考えてしっかりと話し合っておくべきです。
納得をするまで話をして取り決めた夫婦の場合、養育費を滞納することがほとんどないようです。

「話し合えない」

そもそも話にならないということが多いでしょう。
離婚をする前に決まらなかった場合は、離婚後でも家庭裁判所で話し合うことができます。

相手が応じない場合は裁判官が間に入ってもらえるため、暴言を吐いたり危険を感じる場合はこのように家庭裁判所を利用しましょう。

 - 経済 法律, 結婚 離婚

ページ
上部へ