知っとく.com

妊娠をしても流産をする可能性は誰にでもある

   

妊娠をしても流産をする可能性は誰にでもある

流産をした経験がある女性は実はとても多いです。

身近な人でも「実は…」ということはあるくらい、確率は高いものです。

妊娠をしても「流産をする可能性がある」ということを覚えておく必要がある、その理由をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

耳に違和感・・・音が響く原因が知りたい!

耳に違和感があると気になって気になってしょうがないですよね。...

大学に入って勉強を楽しいと思えるか

受験勉強を頑張って希望の大学に入った!
<...

ツライ・・・夫に子供は欲しくないと言われてしまった

女性ならば結婚してすぐに子供が欲しいと思う事もあれば、数年し...

車のエンジンから変な音がする原因


車のエンジンを起動させたらいつもと違う音がする…...

高校生になってから勉強ができないその理由


「家で勉強をしようとしてもなぜか集中できない!」...

効率よく筋肉を付けるトレーニング方法


バッキバキに割れた腹筋になるぞ!と気合を入れて筋...

「緊急地震速報」は携帯の電源がオフだと受信できない!


大きな地震をお知らせする「緊急地震速報」はいくつ...

筋トレで肉体改造!体重と身長に合う理想的な筋肉量


自分の理想的な体型というのは人それぞれ違います。...

ロングヘアーとショートヘアーそれぞれの人気のひみつ


男性が好きな女性のヘアスタイルと言えば「ロングヘ...

パキラの育て方のコツ!種から育てる方法


南国の木のようなかわいいパキラを種から育てる方法...

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果


体が固いとケガをしやすくなり老化も進んでしまいま...

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方がいい


プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたい...

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由


お母さんが授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝な...

アパート契約の審査をブラックリスト者が通過するための条件


借金の返済が滞ったりお金の面で色々あった人は「ブ...

水泳と筋トレには正しい順番がある


ジムに通っている人は水泳と筋トレ、どちらを先に行...

歯茎から出血した!大量じゃなければ問題ないのか

リンゴをか丸かじりしたら歯茎から出血・・・みたいなCMを小さ...

大学に進学!進路の決め方はどうするべきか

高校から大学に進学しようと決めたけれど、どの大学へ行きどの学...

洗濯機への洗剤の入れ方をもう一度見直そう

主婦であれば洗濯は毎日の事でしょう。
日に二度...

小学5年生が社会のテストで成績アップする勉強法


小学5年生にもなると社会の内容が難しくなってきま...

鼻が低いか確かめる基準とチェック方法


メガネをかけてもすぐに落ちてしまうのは鼻が低いの...

スポンサーリンク


妊娠初期に起こる「流産の可能性」の確率や原因

妊娠・出産を待ち望んでいる人にとっては非常にツラい経験となる「流産」についてのことをお話しします。

流産をする確率は年齢とともに一定の確立で起きています。

年齢が上がるとともにその確率は上がっていきます。

ここでよく誤解しがちな点は「年齢が若い人は流産しにくい」と認識をしていることです。

これは間違いで、年齢が若くても流産をしてしまうことがあります。

そして流産をした原因のほとんどが、母体ではなく胎児に問題があったということを覚えておいてください。

「休まなかったのが悪い」とお母さん自身を責めるのは間違っています。

これをよく理解をして、妊娠を考えましょう。

「妊娠初期でわかること」

・妊娠5週目以降頃

では妊娠検査薬で陽性反応が出たら、病院の超音波検査をします。

になっていれば、胆嚢という赤ちゃんを包む袋を確認することができます。

胆嚢が子宮内にあることを確認することで、子宮外妊娠の恐れもなくなります。

・妊娠6週目以降

この頃になるとようやく心拍が確認できるようになります。

この心拍がもし動いていないことが確認された場合は、流産となってしまいます。

流産とは、心拍が動いているかどうかで判断をするものです。

妊娠と流産の知識と考えられる原因や可能性

ここからは流産の種類やその原因について詳しくお伝えします。

しっかりとした知識を覚えて、原因を見つけることもお母さんの母体を守るためには必要なことです。

「流産の種類」

・早期流産

妊娠12週未満までの流産のことで、早期流産が怒る確率は全体の13~14%を占めます。

・後期流産

妊娠12週から22週未満までの流産のことです。こちらは早期流産よりも確率が低くなっています。

この2つのうちの「早期流産」の中には、超妊娠初期に流産をしてしまういわゆる「科学流産」を含めると、もう少し確率は上がると言われています。

科学流産のほとんどは気が付かないうちに起こっていることが多いです。

こうして見ると、流産ということが身近にも感じてしまいますね。

「流産の原因」

最初にも言いましたが、妊娠初期に起きる流産のほとんどが胎児側に問題があると言われています。

この場合、母体に原因は考えられないと言っておかしくはないようです。

流産を繰り返す場合には、母体に何らかの原因がある可能性が出て来ます。

流産を経験したらしっかりと検査をしましょう。

考えられる原因としては、黄体機能不全、高プロラクチン血症や、子宮内膜症、双角子宮などのなんらかの子宮の異常などが挙げられます。

検査をし、早期に治療を行うことで妊娠への望みが出て来ます。

流産の確率を減らし妊娠しやすい身体つくりをする

妊娠と流産について考えてきました。ここまで読むと、いかに出産をするということが大変なのか、改めて考えさせられますね。

そして妊娠をするということも奇跡的なことであるということも事実です。

妊娠を望む女性にとって、自分の身体を妊娠しやすい状態へすることへの努力は欠かせないものですよね。

では妊娠しやすい身体作りはどんなことがあるのか、ご紹介をしていきます。

・身体を温める

これはよく聞くことだと思います。身体が冷えた状態では子宮の血流も悪くなってしまうんです。
これにより子宮の筋肉が収縮し、妊娠しにくい状態となってしまいます。
また、妊娠をしても受精卵に栄養が届かない可能性も出てしまうでしょう。

温かい子宮こそ妊娠しやすい身体であり、受精卵が育ちやすい環境となります。

腹巻をしたりお風呂でしっかりと身体を温めて、冷やさない生活を送りましょう。

・タバコとお酒は控える

妊娠したら絶対にNGのタバコとアルコール。やはり妊娠を望んでいる間もできる限り控えるか、やめる覚悟が必要です。

ただ、我慢ばかりしてもストレスが溜まります。
妊娠の可能性が少しでも考えられる期間だけは控える、などの工夫をすることも大切だと思います。

「妊娠中に必要な成分」を摂取しよう

妊娠をして順調に胎児が成長をしてきたら、赤ちゃんと母体に必要な栄養をしっかりと摂りましょう。

ここではおすすめの食材をご紹介します。

・ビタミンC

果物やピーマン、ブロッコリーなどに多く含まれています。

ビタミンCをしっかり摂取することで血や骨を形成するコラーゲンや鉄分の働きを助けます。

・カルシウム

妊娠中は特にカルシウム不足になりがちなので、しっかりと摂りましょう。

推奨されている分量は通常のの1.5倍である1日900㎎とされています。

牛乳、ひじき、しらすなどが手軽に摂取することができます。

またチーズについてはあまり食べ過ぎないほうがいいものがあるようです。

事前に調べてみたりして取り入れてみましょう。

胎児の骨や筋肉の成長を助ける大切な成分でもあるため、食生活の中にどんどん取り入れましょう。

栄養バランスを考えて、色んな食材を食べることが望ましいです。

ただ、赤ちゃんの分までと食べ過ぎないように注意をしましょう。

もし流産をしてしまったら

妊娠と流産は隣り合わせの存在であり、流産をした経験はとてもツラいものですよね。

もし流産をしてしまったら、まずは心と体をゆっくりと休めてください。

周りに色々なことを言われても気にせず、しっかりと自分自身を癒しましょう。

パートナーである人は、妻への気遣いを忘れないでくださいね。

しっかりと話を聞いてあげましょう。

流産の悩みが消えないときは、信頼のある人に話を聞いてもらうか、カウンセリングを受けるといいかも知れません。

自分なりに前向きに過ごせる方法を見つけ出してください。

 - 妊娠

ページ
上部へ