知っとく.com

面接中に採用か不採用かわかる「フラグ」

   

面接中に採用か不採用かわかる「フラグ」

ある一説によると面接中にわかる「フラグ」によって、採用か不採用がわかってしまうというのです。

そのフラグとはどのようなことなのか、それぞれの場合のフラグをご紹介します。

「褒められたのに不採用」になった人も続出の恐ろしい「不合格フラグ」についてもぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

耳に違和感・・・音が響く原因が知りたい!

耳に違和感があると気になって気になってしょうがないですよね。...

大学に入って勉強を楽しいと思えるか

受験勉強を頑張って希望の大学に入った!
<...

ツライ・・・夫に子供は欲しくないと言われてしまった

女性ならば結婚してすぐに子供が欲しいと思う事もあれば、数年し...

車のエンジンから変な音がする原因


車のエンジンを起動させたらいつもと違う音がする…...

高校生になってから勉強ができないその理由


「家で勉強をしようとしてもなぜか集中できない!」...

効率よく筋肉を付けるトレーニング方法


バッキバキに割れた腹筋になるぞ!と気合を入れて筋...

「緊急地震速報」は携帯の電源がオフだと受信できない!


大きな地震をお知らせする「緊急地震速報」はいくつ...

筋トレで肉体改造!体重と身長に合う理想的な筋肉量


自分の理想的な体型というのは人それぞれ違います。...

ロングヘアーとショートヘアーそれぞれの人気のひみつ


男性が好きな女性のヘアスタイルと言えば「ロングヘ...

パキラの育て方のコツ!種から育てる方法


南国の木のようなかわいいパキラを種から育てる方法...

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果


体が固いとケガをしやすくなり老化も進んでしまいま...

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方がいい


プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたい...

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由


お母さんが授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝な...

アパート契約の審査をブラックリスト者が通過するための条件


借金の返済が滞ったりお金の面で色々あった人は「ブ...

水泳と筋トレには正しい順番がある


ジムに通っている人は水泳と筋トレ、どちらを先に行...

歯茎から出血した!大量じゃなければ問題ないのか

リンゴをか丸かじりしたら歯茎から出血・・・みたいなCMを小さ...

大学に進学!進路の決め方はどうするべきか

高校から大学に進学しようと決めたけれど、どの大学へ行きどの学...

洗濯機への洗剤の入れ方をもう一度見直そう

主婦であれば洗濯は毎日の事でしょう。
日に二度...

小学5年生が社会のテストで成績アップする勉強法


小学5年生にもなると社会の内容が難しくなってきま...

鼻が低いか確かめる基準とチェック方法


メガネをかけてもすぐに落ちてしまうのは鼻が低いの...

スポンサーリンク


面接でわかる「採用フラグ」って何?

バイトや企業の面接をしているときにすでに、採用か不採用かが分かってしまう「フラグ」があるようなんです。

よく聞く「採用フラグ」や「不採用フラグ」ってどんな意味か知っていますか?

「合格フラグ」や「不合格フラグ」とも呼ばれているようですが、面接官のしぐさや言動だけでわかるものでしょうか。

一説によると、ある場合が合格、逆に不採用がわかっちゃうサインなどがあるようです。

例えば、火曜日の夕方にバイトの面接をしたました。

そのときに「採用か不採用かは水曜までに電話で伝えます」と言われた場合、なんとなく不採用な気がしませんか?

この場合はどう判断をしますか?

これが面接のときに感じた「採用フラグ」だ!

「これは合格なんじゃないか?」と面接中に感じるのが「合格フラグ」です。

実際に面接を受けて「これだ!」とみんなが感じる「合格フラグ」をご紹介します。

「これが合格フラグだ!」

・面接官が前のめりで質問をしてきた。

・プライベートの質問までされた。

・内定後の具体的な話をされた。

・面接の日程や時間が早い。

・一次面接から最終面接までの期間が短い。

・人事担当に直接話しかけられる。

・なぜかお酒の話になる。

これが「合格フラグ」のようです。
このような流れがあると「採用」になるようなので、あながち間違いではなさそうですよ。

しかしこのサインを見つけて手応えを感じても、決して気を抜いてはいけません。

単なる勘違いという場合もよくあります。

話が弾んだからと言ってそれが「合格フラグ」だとは限らないので要注意です。

この合格フラグの例を聞くと1つでも「わかるかも」と思うことがあるでしょう。

確実な「合格フラグ」だと思うものは、採用後の流れについて具体的に説明がある場合は期待をしても良さそうです。

反対に全くなかった場合は「不採用フラグ」になります。

最終面接でうっかり勘違いをしちゃう恐ろしい「不採用フラグ」

前回は「合格フラグ」をご紹介しましたが、ついつい調子に乗ってしまってはいけません。

途中まで順調に進めてきた面接なのに、いきなり最終面接で不合格を言い渡される「不合格フラグ」があるようです。

なんだか怖いようですが、こちらも覚えておいた方がよさそうです。

「これが残念な不合格フラグ」

・なぜか褒められる。

・仕事と関係のない話ばかりをした。

・予定時間よりも早く終わった。

・なぜかエレベーターまで見送られた。

・趣味を聞かれた。

これが最終面接で落とされる「不合格フラグ」らしいのですが、これって…うっかり勘違いしちゃいませんか?

「褒められる」なんてことをされたら合格なんだと思い切り勘違いをしてしまいます。

なんだか恐ろしい「不合格フラグ」」ですね。

でも中には「志望動機についてダメ出しされた」という人もいるようです。これは納得しちゃいます。

このセリフも「不合格フラグ」らしいです。

「最後に何か言いたいことはありますか?」

「最後」って言われているあたりでダメだったんだと感じますね。

「合格フラグ」よりもわかりにくい「不合格フラグ」。

みなさん、面接でうっかり勘違いをしないように要注意です。

褒められても不採用になる「不合格フラグ」

ここまで紹介をした「合格フラグ」「不合格フラグ」の違いを考えると、もの凄く微妙な感じですよね。

話が盛り上がったから採用されることもあるけど、趣味を聞かれて不採用になる人もいる。

さらに「褒められたのに不採用」は精神的にもきついですね。

「面接官は落とす相手に優しくする」

最終面接の面接官の様子がやたらと優しい場合は要注意。

なんと面接官は「落とす相手には優しくする」らしいのです。

気を遣って優しくしている人がほとんどだとか。

うっかり勘違いしちゃう面接官のセリフはまだまだあるようです。

「これも不合格フラグ」

・「君のような学生と一緒に働きたい」と言われた。

・ものすごく会話が盛り上がった。

・「頭がいいね」などと言われた。

なんと「一緒に働きたい」と言われたにも関わらず不採用になることもあるようなんです。
これは痛い勘違いをしてしまいますね。

会話が盛り上がってもダメな場合があるなんて、もう判断が付きませんね。

ただ面接官も人間なので、その場では本当に楽しく会話で盛り上がるということが多いようです。

これはポジティブに捉えて、次へ活かすしかありませんね。

最終面接で合格するためのチェックポイント!

合格フラグと不合格フラグを学びましたが、まずは企業に採用される人を目指しましょう。

面接官は色んな視点から見ていますよ。

・熱意はあるのか

面接を希望した企業に入りたい理由をいま一度確認をしましょう。

企業側にしっかりと熱意が伝わる話し方や内容をポイントを抑えてチェックをしておきます。

・常識のある返事をする

面接官が趣味などを聞いたのは、あえて相手をリラックスさせて素の部分をチェックしています。

ここでボロが出てしまわないよう、どんな会話でも常識のある返答を心がけましょう。

・企業理念や方針をしっかり把握しておく

面接官に企業方針などをどれくらい理解しているかを質問されたら、しっかりと答えましょう。

・身だしなみを確認する

やはり見た目やマナーが大切です。

面接をするごとにしっかりチェックをし、入室や退室マナーを確認しましょう。

合格・不合格フラグは面接官によっても全く違います。

思わず勘違いをしてしまわないよう、緊張感を持って面接に臨みましょう。

 - 仕事

ページ
上部へ