知っとく.com

腫瘍マーカーの数値と、卵巣がんとの関係性

      2017/03/09

腫瘍マーカーの数値と、卵巣がんとの関係性

女性にとって、婦人科系の臓器の病気にはなりたくないものです。

症状はもちろんですが、複雑な想いを抱えてしまうことも多いものです。

今回はその中でも「卵巣がん」についてまとめてみます。

よく腫瘍マーカーの数値を診断に用いていますが、この腫瘍マーカーとは何でしょうか?

がんとの関係性について、迫ってみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
夜になると体重が1㎏増加!ダイエット成功のカギは「むくみ」対策はこれだ!


朝起きた時の体重と、夜寝る前の体重はおよそ1㎏増...

【夜勤労働】寿命が縮むリスクとDNAを修復する食べ物


社会問題にもなっていますが、今の世の中には夜中も...

子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応


子供の習い事ランキング1位であるピアノの話題です...

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理 教えます!


結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと思って...

スポンサーリンク


腫瘍マーカーの数値と卵巣がんとの関係

そんな腫瘍マーカーについてまとめていきます。

よく腫瘍マーカーの数値が高いからがんと判断してしまうようですが、実際にはそうではなく判断材料の1つとして考えるべきのようです。

「腫瘍マーカーとは?」

・血液中の中にあるもの

がんの種類にとって物質の種類は変わるが、がんができると血液中に増えるものが「腫瘍マーカー」です。

特異性の高い物質でもあるけど、正常な場合でも作られることがわかっています。

また、一定の基準値を超えるとがんと診断をされると考えられますが、この判断が確実だとも言えないのも事実。

細胞腫瘍が生産する特殊な物質なために、腫瘍マーカーの増加を発見をしたらほかの臓器も調べる必要があるようです。

それにより、より正確に判断を行うのが一般的な流れです。

・卵巣がんの場合

卵巣がん検査をする場合、CA125やCA130、CA602という物質を腫瘍マーカーとして検査に利用をしています。

CA125は糖タンパクの一種の物質であり、腫瘍マーカーの基本のようなものになっています。

これは上皮性腫瘍の「漿液性腺がん」が生産する最も多いものです。

しかし卵巣がん以外の子宮がんや子宮肉腫の場合でも数値が高いものなので、やはりいくつかの検査をして判断をしなくてはいけません。

CA125の数値と卵巣がんと子宮内膜症の関係性

ここからは、先ほど出てきた「CA125」という細胞について掘り下げて考えてみたいと思います。

特に卵巣がんを発見する際には有効な細胞となり、数値の大小によりがんの大きさや治癒などもわかります。

・CA125とは?

この細胞は通常は35IU/ml以下という数値になります。

この数値が35IU/ml以上の値になることを「陽性」とも呼び、主に子宮内膜症であることが多くの場合関係しています。

それは全体の50%~70%の割合を占めているので、卵巣がん以外の診断材料となっています。

この数値が500IU/ml以上となった場合については卵巣がんとの疑いを考えて診断をしていきます。

ただあくまでもCA125の数値だけではすべての判断を行うことはできず、判断材料の1つと考えるのが正しいということです。

卵巣マーカーの数値だけでは卵巣がんの診断はしない理由

腫瘍マーカーの数値を病気の診断材料として用いるというお話をしてきました。

そして「腫瘍マーカーの数値だけでは判断しない」ということについて、もう少しお話しします。

「腫瘍マーカーが高い数値を表す場合」

・進行卵巣がんでも陽性にならないことがある

・卵巣がんが進行をしなければ高い数値を示さない

・がんの臓器を特定しにくい

腫瘍マーカーが高い数値を出したとしても、すぐにがんと診断はできない理由が上記の内容です。

卵巣がんの疑いがある場合にはまず、エコー検査やCT検査、MRI検査などを行ってから、総合的な判断を考えていきます。

ですので、腫瘍マーカーの数値だけでは診断はしがたいでしょう。

・腫瘍マーカー検査について

卵巣がんにはCA125の腫瘍マーカーの細胞数値を用いています。
これのほかにはCA602も判断材料として利用をしています。

基準の数値は35U/ml以下となっており、この数値を上回った場合にはさまざまな検査を行って診断をします。

この数値は月経や閉経によっても大きく異なり、妊娠中の場合でも数値は上昇をする傾向にあります。

卵巣がんの主な症状

腫瘍マーカーを用いた診断についてまとめてきました。

では、もし卵巣がんになるとどのような症状が現れるのでしょうか?

卵巣がんについてまとめていきます。

「卵巣がんの疑いがある症状」

・トイレが頻繁になったり排尿困難となる

・下腹部や骨盤への痛み

・腹部の膨張が見られサイズが大きくなったように感じる

・食欲低下や満腹感がある

このような症状が見られる場合には卵巣がんの疑いがかけられます。

1つでも心当たりがある場合でも病院へ相談をするべきでしょう。

また4つの症状が見られ、月に12回以上ある場合にはいち早く診断を行うべきです。

この4つの症状が頻繁に見られる場合の56.7%が早期の卵巣がんであり、79.5%が後期の卵巣がんを発見し検出できるという研究結果が報告をされています。

自己診断はなかなかし難いでしょうけれど、もし1つでも違和感を感じる場合にはいかなる場合でも病院で正しい診断や検査を行うべきでしょう。

腹部や排尿に異常を感じたら!卵巣がんの疑いがある

4つの卵巣がんの症状を挙げてみましたが、卵巣がんは初期症状がほとんどないのが特徴であり、早期発見をしにくい病気です。

しかし別の件で婦人科検査を行っている場合に偶然発見をされることもあります。

このように早期発見を行うためには、何か不調を感じたら検査を行うことが大切でしょう。

卵巣の中で膨らむ卵巣がんにより膀胱が圧迫するため、排尿が近くなります。

頻繁な排尿困難を感じた場合、何らかの異常が起きていると疑いましょう。

卵巣がんには転移しにくいものと、転移しやすいものがあります。

転移した場合は腹水が溜まり腹部が大きく膨らむ症状が見られます。

こうなる前に少しでも異常を感じた場合はいち早く検査を受けるべきです。

 - 健康

ページ
上部へ