知っとく.com

タイは「パスポートの残存期限が5ヶ月」では入国NG!

   

タイは「パスポートの残存期限が5ヶ月」では入国NG!

今まさにブームになっている「タイ」への旅行へ行く前に!

必ず確認すべきことが「パスポートの有効期限」です。

あと5ヶ月あるから大丈夫!なんて言っている人は要注意。

そのパスポートでは入国できませんよ。

その理由と入国基準について、しっかりと覚えましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

no image
怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理 教えます!


結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと思って...

【隣の大学生】アパートでの騒音トラブルの対策と注意点


アパートの住人にとって最もイライラするのが「隣人...

高校の入学願書は誰が書く?注意すべき5つのポイントと正しい手続き


これから高校受験を控えている人は、受験勉強はもち...

私って間違ってる?正しい洋服の洗濯頻度 教えます!

自分のやり方が周りの人と違っているのか、気になることってあり...

スポンサーリンク


パスポートの有効期限内なのに「タイに入国できない」のはなぜ?

人気急上昇の海外旅行と言えば「タイ」ですよね。

食べ物もおいしいし、観光地もたくさんあって日本からも行きやすい。

そんなタイへいざ行こう!と思い、旅行会社でタイ行きの航空券を買おうとしたら「入国できない」と言われてしまうことがあるようです。

その理由とは「パスポートの有効期限が残り5ヶ月だから」ということ。
これは一体どういうことでしょうか?

ちなみにタイ旅行へは期限内に行く予定だったのにも関わらず「入国できない」とも言われる、その理由について考えてみましょう。

タイのパスポート残存期限への入国基準

なぜパスポートの有効期限が残り5ヶ月なのにタイへ入国することができないのか?

これについて詳しく調べてみましょう。

「タイの入国基準」

・パスポートについて

タイへ観光目的で入国をする場合、国際規定によりパスポートの有効期限が6か月以上と決められています。
これを残存期間とも呼びます。

注意点は、各空港会社によってパスポートの残存期間の規定が違います。
事前に必ず問い合わせて利用をしましょう。

観光目的の場合はタイ入国後30日以内、つまり29泊30日が条件です。
30日以上の滞在にいはビザを取得する必要があります。

滞在期間を1日でも超えてしまうと「1日につき500バーツの罰金」が課せられます。
必ずパスポートの押印されている日時と日程の確認を行いましょう。

・パスポートの発行が間に合わない場合

航空券を購入したあとに残存期間が足りないと気付いたとしても、この場合は取り合ってもらえないことがほとんどです。

旅行会社に事情を説明し、少ない残存期間でも行ける旅行先を見つけるしかなさそうです。

この場合、タイ以外への旅行になってしまいます。

パスポート有効期限が残りわずかでもタイへ入国した方法!

ここまでの流れでは「パスポートの残存期間が6か月以上ないとタイへ入国できない」ということがわかりました。

結局残存期間が5ヶ月の場合は諦めるしかないようですね…

と思いきや、少ない残存期間で入国をした方がいるようです。

この方はどのようにして入国したのでしょうか?

・経由としてタイへ入国する

タイを滞在の目的にするのではなく「経由」として入国するということは可能なようなんです。

表向きは「できない」ということになっていますが、経由なら大丈夫だったという証言がいくつもありました。

例えば最終目的地を香港にしておいて、経由でタイに立ち寄り「香港へ行く」ということをアピールします。

このときに購入した航空券を見せてアピールすると尚よいらしいです。

このような方法を使うと入国審査を通るようです。

まともにパスポートセンターや大使館などへ問い合わせても「ダメ」と言われた場合でも、このような方法なら「入国できた」場合は多いようです。

パスポートの申請時に必要な書類や写真の撮り方

ここからは海外旅行に必要なパスポートの作り方をご紹介します。
必要なものをしっかり揃えて申請をしましょう。

特に写真の撮り方にはいくつかの注意点があります。
スムーズに入国審査を通るために基本の撮り方を覚えましょう。

「申請時に必要な書類」

・一般旅券発給申請書

旅券課の窓口でもらいましょう。

・戸籍抄本(または戸籍謄本)1通

発行日から6か月以内のものを用意しましょう。

・住民票1通

発行日から6か月以内のもので、本籍地が入っているものが必要です。

・写真1枚

縦45mm×横35mmの大きさの写真。フチのないものが必要です。

帽子やサングラスを身に付けず、真正面を向いた上半身のものを撮影します。

できるだけ前髪を分けて顔がはっきりわかるようにします。

カラー写真が一般的ですが白黒でも大丈夫です。ただし白すぎるものはNG。

写真の顔と実物の差が激しいと入国審査で質問をされてしまいます。
出来る限り現状の写真を使うようにする必要があります。

・官製ハガキ

普通のハガキを1枚用意します。自分の住所と名前を記入しておきます。

パスポートが出来上がるとこのハガキでお知らせが届きます。

・身分証明書

運転免許証なら1点のみで申請可能。また失効後6ヶ月以内のパスポートも有効です。

健康保険証、年金手帳、恩給証書、身体障害者手帳、学生証の場合は2点用意をする必要があります。

「受領時に必要なもの」

・旅券引換書

申請時に受け取る引換書を忘れないようにします。

・ハガキ

旅券課から届いたハガキも持って行きます。

・手数料

有効期限によって違います。

有効期限が5年間のパスポートなら1万円、有効期限が10年のパスポートなら1万5000円です。

各国のパスポート残存期間の入国基準

パスポートの残存期間によって入国ができない場合があるということがよくわかりましたね。

そして「その国によって違いがある」ということが重要なポイントです。

各国の入国基準を見てみましょう。

・ヨーロッパ

残存期間3ヵ月以上

・シンガポール

残存期間6ヵ月以上

・タイ、インドネシア、マレーシア

残存期間6ヵ月以上

・アメリカ

残存期間90日以上

・グアム、サイパン

残存期間45日以上

このような基準となっています。

旅行へ行く前に必ず残りの期限を確認をしましょう。

航空券を買ってからでは取り返しのつかないことになってしまうのでご注意を。

 - 国際

ページ
上部へ