知っとく.com

学校を遅刻したときの「みんなの理由」

   

学校を遅刻したときの「みんなの理由」

「めんどうくさい」「朝はダルイ」という理由で、ついつい学校を遅刻してしまう人へ。

そのままでは、だらしない大人になってしまいますよ。

社会人になったらしっかりする、なんて思っていても、今のうちから直さないとそのクセは続きます。

ただ、うっかり寝坊をしちゃったときはどうしたらいいか?について、面白い理由をちょっとだけ参考にしてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


学校は遅刻してでも行くべき?理由を言うのが「めんどうくさい」

小学校、中学校、高校に大学。人生において「学校」というものはとても深く関わっています。

小学生の頃は毎日元気に通っていたけど、だんだん面倒くさくなったり、つまらないものと感じることは誰でもあるでしょう。

そして「ズル休み」をしてしまう、なんていうことも1度や2度あるかも知れません。

「めんどうくさいから」というだけでズル休みをする人の意見をよく聞いてみると、遅刻をすると周りに「どうしたの?」と聞かれたり先生に理由を言ったり…

そういうのが「めんどうくさい」なんだそう。

なので病気のふりをして1日家で過ごした方がマシだと考えて、学校は休んじゃうようです。

ただ、こんなことばかりしていれば当然両親に怒られますよね。

それについて、何でそんなに怒られなくちゃいけないのか?とも疑問に思うようです。

そもそも学校が楽しくない、だから行きたくない。

学校は遅刻をしてでも行くべきでしょうか?

こんな風にズル休みを繰り返しているとどんな危険があるでしょうか?

今後にどう影響をするのか、よく考えてみましょう。

学校を遅刻する理由ばかり考えている人へ

そもそも学校というのは自分1人の力では行けません。
お金を出してくれる存在、それは親ですよね。

学費を支払ってくれているから、学校へ行くことが出来ています。
そのことをよく考えてみましょう。

頭ではきっとわかっているつもりでも、当たり前のように見過ごしているはずです。

高校生ぐらいになれば社会人の1歩手前。親の手から離れて自立をしていきます。

学校は遅刻をしても許されるかも知れませんが、会社に遅刻をしたらクビになってしまいます。

学校がつまらないのなら勉強を目的にして行けばいいのです。

今しか体験できない学校の素晴らしさ、違う視点から見つけてみてほしいです。

学生のうちに「感謝のきもち」が分かれば、成人をしてもつまずかずに前を向いて行けます。

毎日遅刻やズル休みをする理由ばかり考えていると、大人になってもそのクセは直らなくなりますよ。

どうしても学校に遅刻をしてしまう!その理由

ここまでは「めんどうくさい」から遅刻をしたりズル休みをしている人へのアドバイスでした。

しかしここからは「どうしても遅刻してしまう人」についてのお話です。

わざわざ遅刻をするつもりはないのに、どうしても遅刻をしてしまう。

その理由を挙げてみます。

「どうしても遅刻をしてしまう理由」

・低血圧だから

・朝になるとお腹が下る

・自分なりには急いでいるつもり

「やむを得ない理由」

・電車が遅れた

・自転車が壊れた

・事故にあった

・学校が遠いから

・おばあちゃんを助けたから

・向かい風が強かったから

・夏休みが終わっていたことに気が付かなかった

ここまで遅刻をしてしまう理由を挙げてみました。最後の方は追及したくなるものばかりですが…

どんな場合にせよ、遅刻をしたのなら正直に理由を言ってしまった方がいいのです。

ヘタな嘘をついてもすぐにわかり、常習犯こそおかしな理由ばかりを言います。

「寝坊をしました」とハッキリ言ってしまった方が今後を考えても気まずくならないものです。

「嘘でしょ?」思わず吹き出す遅刻の理由

色々考えていると、うっかり寝坊をしちゃって学校を遅刻しちゃったのならいっそ笑いを取ってしまった方がいい気がしてきますね。

真面目に誤魔化す方法を考えたりズル休みをしちゃうより、その方がずっとマシです。

ただ、毎日ずっと遅刻をしちゃうと進級や進学にも影響が出てしまうので要注意!

「ウケを狙った遅刻の理由」

・犬が逃げてしまいました

・飼い猫が風邪をひきました

・玄関のドアが開かなかった

・うっかり特急に乗ってしまったので

・自転車に乗り遅れてしまいました

・家が家事になりました!

・迷子の子供を送り届けていました

・コンタクトレンズを落とした人がいたので一緒に探していました

・どうしても足が前に進まなかったので

どれもくだらない理由ですね。
でも思い切って行っちゃった方がみんなが笑ってくれるでしょう。

最初にも言いましたが「毎日」は厳禁です。

1人が遅刻をすると全員が集まるまで進めなくなるので、周りに迷惑をかけてしまいます。

そして社会に出ても遅刻グセが続いてしまいますよ。

遅刻をせず余裕のある行動ができてこそ「魅力的な大人」

ここからは頑張って遅刻をしないための心構えをいま一度確かめましょう。

学生時代に遅刻ばかりしている人は大人になっても何かの理由を付けては遅刻をしてしまいがち。

「電車が遅れた」という理由はよほどでない限り社会では認められませんよ。

「遅刻をしてしまう人の特徴」

・支度を始めるのが遅い

・夜遅くまで起きている

ほかにも色々あるかも知れませんがまずは「早く寝て早く起きる」ことから始めましょう。

時間に余裕を持って行動できてこそ大人です。そんな大人こそ魅力的にも思えますよ。

学校がつまらないから遅刻をしてしまう人は、根本的なことから考え直しましょう。

何かのきっかけでやりがいを見つければ、変な嘘をついて遅刻をしたらズル休みをしようなんて思わなくなります。

朝がダルイのなら早く寝ましょう。

最終的に困るのは自分なんです、しっかりと考えるべきです。

寝坊や遅刻ばかりをしていると「だらしない」というレッテルを貼られてしまいます。

自分の理想的な像を思い浮かべてみて生活態度を見直しましょう。

 - 仕事, 学校生活

ページ
上部へ