知っとく.com

学校を遅刻したときの「みんなの理由」

   

「めんどうくさい」「朝はダルイ」という理由で、ついつい学校を遅刻してしまう人へ。

そのままでは、だらしない大人になってしまいますよ。

社会人になったらしっかりする、なんて思っていても、今のうちから直さないとそのクセは続きます。

ただ、うっかり寝坊をしちゃったときはどうしたらいいか?について、面白い理由をちょっとだけ参考にしてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
友達に誘われた映画を見たくないと思ったときの対処法

友達からあまり見たくない映画に誘われたらどうしますか? <...

no image
これでスッキリ!メールを無視する友人の気持ちや対処法

友人にメールを送っても全く返信がなくて心配になったことってあ...

no image
大学院生なら結婚時期が遅れる?メリット・デメリットを考える!

大学だけでなく、大学院に進んで勉強をしたい!
...

no image
夫はスマホばかり・・ストレスが溜まる前の対処法はこれ!

夫にストレスを感じている妻は決して少なくありません。

no image
【抱負の例文】作文の課題のポイントを抑えて大学に合格する!


大学入試の際に「抱負を作文に書け」という課題が出...

no image
喧嘩したら無視されてしまった!友達と仲直りする方法

友達と喧嘩してしまうことってありますよね。
...

no image
【ママ必見!】魚が好きじゃない子どもに食べさせるコツ教えます!

魚を食べることが体に良いということは分かっているけれど、子ど...

no image
【学校の友達が合わない】と悩んでいるあなたに伝えたいポイントと対策

学校を楽しいと感じることもあれば、楽しくないと感じることだっ...

no image
【不安解消!】教授からメールの返信こない時の対処法

大学生になれば教授とメールのやりとりをすることが出てきます。...

no image
【働くママ必見!】仕事と家庭のストレスを解消しよう!

働くママが増えましたよね。

仕...

no image
夏休みの終わりになると子供は憂鬱に・・親としてできること

夏休みが始まると子供は喜び、親は落ち込みますよね。

no image
たくさんはいらない!ご飯と味噌汁に漬け物さえあれば良し!

毎日しなければならないこと、それは「食事」です。

no image
長電話なんてしたくない!迷惑な女友達への対処法教えます!

電話で話すのは好きですか?

電...

犬が怖い・・・だけど克服したい!おすすめの方法教えます!

ここ数年で犬を飼う人が本当に増えたと思います。

no image
子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

no image
【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

no image
家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

no image
空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

no image
【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

no image
【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

スポンサーリンク


学校は遅刻してでも行くべき?理由を言うのが「めんどうくさい」

小学校、中学校、高校に大学。人生において「学校」というものはとても深く関わっています。

小学生の頃は毎日元気に通っていたけど、だんだん面倒くさくなったり、つまらないものと感じることは誰でもあるでしょう。

そして「ズル休み」をしてしまう、なんていうことも1度や2度あるかも知れません。

「めんどうくさいから」というだけでズル休みをする人の意見をよく聞いてみると、遅刻をすると周りに「どうしたの?」と聞かれたり先生に理由を言ったり…

そういうのが「めんどうくさい」なんだそう。

なので病気のふりをして1日家で過ごした方がマシだと考えて、学校は休んじゃうようです。

ただ、こんなことばかりしていれば当然両親に怒られますよね。

それについて、何でそんなに怒られなくちゃいけないのか?とも疑問に思うようです。

そもそも学校が楽しくない、だから行きたくない。

学校は遅刻をしてでも行くべきでしょうか?

こんな風にズル休みを繰り返しているとどんな危険があるでしょうか?

今後にどう影響をするのか、よく考えてみましょう。

学校を遅刻する理由ばかり考えている人へ

そもそも学校というのは自分1人の力では行けません。
お金を出してくれる存在、それは親ですよね。

学費を支払ってくれているから、学校へ行くことが出来ています。
そのことをよく考えてみましょう。

頭ではきっとわかっているつもりでも、当たり前のように見過ごしているはずです。

高校生ぐらいになれば社会人の1歩手前。親の手から離れて自立をしていきます。

学校は遅刻をしても許されるかも知れませんが、会社に遅刻をしたらクビになってしまいます。

学校がつまらないのなら勉強を目的にして行けばいいのです。

今しか体験できない学校の素晴らしさ、違う視点から見つけてみてほしいです。

学生のうちに「感謝のきもち」が分かれば、成人をしてもつまずかずに前を向いて行けます。

毎日遅刻やズル休みをする理由ばかり考えていると、大人になってもそのクセは直らなくなりますよ。

どうしても学校に遅刻をしてしまう!その理由

ここまでは「めんどうくさい」から遅刻をしたりズル休みをしている人へのアドバイスでした。

しかしここからは「どうしても遅刻してしまう人」についてのお話です。

わざわざ遅刻をするつもりはないのに、どうしても遅刻をしてしまう。

その理由を挙げてみます。

「どうしても遅刻をしてしまう理由」

・低血圧だから

・朝になるとお腹が下る

・自分なりには急いでいるつもり

「やむを得ない理由」

・電車が遅れた

・自転車が壊れた

・事故にあった

・学校が遠いから

・おばあちゃんを助けたから

・向かい風が強かったから

・夏休みが終わっていたことに気が付かなかった

ここまで遅刻をしてしまう理由を挙げてみました。最後の方は追及したくなるものばかりですが…

どんな場合にせよ、遅刻をしたのなら正直に理由を言ってしまった方がいいのです。

ヘタな嘘をついてもすぐにわかり、常習犯こそおかしな理由ばかりを言います。

「寝坊をしました」とハッキリ言ってしまった方が今後を考えても気まずくならないものです。

「嘘でしょ?」思わず吹き出す遅刻の理由

色々考えていると、うっかり寝坊をしちゃって学校を遅刻しちゃったのならいっそ笑いを取ってしまった方がいい気がしてきますね。

真面目に誤魔化す方法を考えたりズル休みをしちゃうより、その方がずっとマシです。

ただ、毎日ずっと遅刻をしちゃうと進級や進学にも影響が出てしまうので要注意!

「ウケを狙った遅刻の理由」

・犬が逃げてしまいました

・飼い猫が風邪をひきました

・玄関のドアが開かなかった

・うっかり特急に乗ってしまったので

・自転車に乗り遅れてしまいました

・家が家事になりました!

・迷子の子供を送り届けていました

・コンタクトレンズを落とした人がいたので一緒に探していました

・どうしても足が前に進まなかったので

どれもくだらない理由ですね。
でも思い切って行っちゃった方がみんなが笑ってくれるでしょう。

最初にも言いましたが「毎日」は厳禁です。

1人が遅刻をすると全員が集まるまで進めなくなるので、周りに迷惑をかけてしまいます。

そして社会に出ても遅刻グセが続いてしまいますよ。

遅刻をせず余裕のある行動ができてこそ「魅力的な大人」

ここからは頑張って遅刻をしないための心構えをいま一度確かめましょう。

学生時代に遅刻ばかりしている人は大人になっても何かの理由を付けては遅刻をしてしまいがち。

「電車が遅れた」という理由はよほどでない限り社会では認められませんよ。

「遅刻をしてしまう人の特徴」

・支度を始めるのが遅い

・夜遅くまで起きている

ほかにも色々あるかも知れませんがまずは「早く寝て早く起きる」ことから始めましょう。

時間に余裕を持って行動できてこそ大人です。そんな大人こそ魅力的にも思えますよ。

学校がつまらないから遅刻をしてしまう人は、根本的なことから考え直しましょう。

何かのきっかけでやりがいを見つければ、変な嘘をついて遅刻をしたらズル休みをしようなんて思わなくなります。

朝がダルイのなら早く寝ましょう。

最終的に困るのは自分なんです、しっかりと考えるべきです。

寝坊や遅刻ばかりをしていると「だらしない」というレッテルを貼られてしまいます。

自分の理想的な像を思い浮かべてみて生活態度を見直しましょう。

 - 仕事, 学校生活

ページ
上部へ