知っとく.com

足の疲れが取れない人は「ひと工夫の寝方」で翌朝スッキリ!

   

足の疲れが取れない人は「ひと工夫の寝方」で翌朝スッキリ!

1日中忙しくお仕事をすると「足がだるい」と感じることが多いですよね。

足がだるいとなかなか寝付けないし、翌朝も疲労感が抜けていないまま。

こんなことが続かないように、足の疲労はマッサージや寝方に工夫をして乗り切りましょう。

翌朝すっきと目覚めるためのひと工夫をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


足の疲れの原因にストレス?改善する寝方を考える

「足がだるい…」と感じたまま寝ようとしても、なかなか寝付けないものですね。

また、朝起きたときも目覚めが悪く足の疲れも取れないまま。
これが続いてしまうと精神的にも苦痛となり、ストレスが溜まる一方です。

まず、足がだるくなる原因を考えてみましょう。

・筋肉疲労

足がだるい原因の多くは日常の疲れから起こる筋肉疲労が原因でしょう。
1日中立ち仕事をしたり、ハードなスポーツなどを思い浮かべてみればその足の疲労を思い浮かべることができますね。

しかし、1日中座った状態で過ごしていても足の疲れは溜まります。
あまり動かなくても血行不良によって足がだるくなるということが起こります。

・ストレス

強いストレスを感じると、人間の血管は縮んでしまいます。これにより血行が悪くなってしまい足がだるいということになってしまいます。

人によってはこむら返りが起きる人もいます。

ストレスが原因で足のこむら返りが起きるなんて思ってもみないことでしょけど、心当たりがある場合はしっかりと睡眠を取って身体を休めることが先決でしょう。

ここからは足の疲れを改善させる睡眠方法を考えていきます。

足の疲れを取る寝方とマッサージ方法

寝る前にちょっと行うだけで、寝起きの足が軽くなる寝方をご紹介します。

「足の疲れを取るマッサージ方法」

・足の指をグーパー

あおむけに寝た状態で両足を伸ばします。

このまま足の指を10回グーパーと、曲げたり伸ばしたりを繰り返します。
こうすることで足の緊張した筋肉をほぐすことができます。

・足裏を伸ばす

かかとを突き出した状態で指先は天井へ反らします。
そのまま4秒伸ばし、4秒力を抜く。これを左右片足づつ繰り返してみましょう。

これで疲れた足の裏の血行を改善させます。

・足全体をリラックス

左足を立てた状態で、ひざに右のふくらはぎ痛を乗せる。
そのまま右足をスライドさせ、足首からひざの裏までマッサージします。

片足づつ行いましょう。

・足全体をバタバタさせる

両足を天井に向け、バタ足をするように足全体の筋肉をブルブルさせます。
これにより足先に溜まった水分を排出させる手助けをすることができます。

足がむくんでしまう人は1づつ試してみましょう。

足が疲れたときは寝方を工夫をしましょう

足の疲れを取るマッサージをしたら、寝るときにもちょっとした工夫をしてより効果をアップさせましょう。

・足の下に枕を置いて寝る

枕やクッションを用意して足の下に置き、足を高くして寝るだけでも足のむくみが改善されます。

足を高くすることで足先にたまった水分や血行を促し、寝起きが楽になります。

ただ、やり方には注意をしましょう。

足のひざの裏からふくらはぎをしっかりと支えるように、枕やクッションを置きましょう。

足首だけを高くしてしまうとひざに負担がかかってしまうのでご注意を。

さらに高さは10㎝程度にしましょう。
あまりにも高くしてしまうとかえって疲労がたまってしまいます。

ちょうどいいものがない場合はタオルや毛布などを丸めてみてはいかがでしょうか。

足が疲れたときは「足を高くする」という方法だけでも疲労回復につながります。

マッサージを行ってから足を高くして寝た方がより効果的ですよ。

ノンレム睡眠で目覚める寝方は「90分の倍数の時間」

ちゃんと寝ているつもりなのに寝起きがぼんやりしてしまう…こんな経験ありますよね。

しっかりと疲れを取るために睡眠時間を増やすのなら、その時間にポイントがあるようです。

・90時間の倍数を睡眠時間にする

睡眠中にはレム睡眠とノンレム睡眠が繰り返し行われていることはご存知でしょうか。

この2つは約90分の間に行われているそうなんです。

とくにノンレム睡眠が終わるころに起床をすることで、眠気が覚めてさっぱりと起きることができることがわかっています。

ということは、ただ長時間眠るのではなく「90分の倍数の時間」を考えて目覚まし時計をセットすると、頭がスッキリした状態で起きれるということです。

短時間で起きるのなら、4時間ではなく4時間半がおすすめです。

これなら短い時間でも眠気が覚めてきた状態の中起きることができるので、起きたあとにぼんやりしたり眠気が襲ってくることも少なくなるとか。

起きた後の疲労感に悩んでいる人はぜひ「90分間隔」を目安に睡眠時間を考えましょう。

腰が痛い人はうつぶせ寝はNG!その理由とは?

腰痛持ちの人で「うつぶせ寝」をする人はとても多いようです。

ただ、うつぶせ寝をして疲労が改善されるかと言えばそうではないようですね。

実はうつぶせ寝をすることで腰への負担は増えてしまうようです。

腰が痛い人は腰を下にして眠ることで自然な曲線を保つことができるので、できるだけあお向け寝をしましょう。

あお向けで寝るときに、腰の下に座布団などを挟んで寝ると腰に湾曲ができるので、腰への負担はより減らすことができます。

うつぶせ寝をは腰だけではなく顔や股関節の歪みの原因ともなってしまうので、できるだけあお向け寝をした方がよさそうです。

ここまで足の疲れを取る寝方や翌朝すっきりと目覚める睡眠時間などをご紹介してきました。

足がだるいのが続くと心身ともにつらくなってしまいますね。

その日の疲れはその日のうちに解消するようにしましょう。

 - 健康

ページ
上部へ