知っとく.com

赤ちゃんのオムツの悩み!背中もれを減らす方法

   

赤ちゃんのオムツの悩み!背中もれを減らす方法

まだ小さな赤ちゃんの便はゆるゆる。

「あっ!」と気付いたときには背中もれ…

その度に着替えさせたり後処理をしたりしていると、ウンザリしてしまいますよね。

これはオムツの当て方が悪いのでしょうか?

どうしたら、背中もれや横もれを減らせるのでしょうか?

先輩ママの必殺ワザをご紹介します。

ぜひこれで背中もれから脱出してみてくださいね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

【夫が出張で不在】こんな時みんなが食べているご飯を調査!


結婚している主婦にとって、夫が出張で不在の時はち...

友達関係がめんどくさい!遊ぶ約束したのに憂うつになる人の特徴


友達と遊ぶというとても単純な行動に憂うつさを感じ...

警視庁へ潜入!見学ツアーに個人で参加する方法


刑事ドラマなどでお馴染みの場所と言えばそう、警視...

【テスト前日】徹夜で一夜漬けするならこの方法で勉強する!


学生の皆さんの多くはテスト前日になると焦ってしま...

読書レポートの書き方!本読みのコツとポイント


高校や大学などで読書レポートの課題が出された時の...

【彼女と俺】真剣な話し合いをするのに適した4つの場所


彼女と険悪なムードになってしまった時は、1度真剣...

喧嘩から仲直りするコツは3つ!親子の場合教えます


親に向かってついつい反抗的な態度を取ってしまった...

【超多忙】医者の彼氏から連絡こない4つの理由


女性にとって結婚したい憧れの職業の男性TOP3に...

【バツイチ彼氏】元妻に嫉妬してしまう時の3つの心がけ


今の時代、バツイチなんて珍しくもなく身近な人でも...

顧問に「部活を辞めたい」と伝える前に考えたい5つのこと

「中学に入ったら部活を頑張りたい!」

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

スポンサーリンク


何とかならない?赤ちゃんのオムツの背中もれ!

毎日赤ちゃんのお世話に追われる中で、ダントツに困ることがこれではないですか?

ズバリ、オムツの横もれ背中もれ!

しっかりオムツを当てているのに、背中からもれるのはどうして?と思ってしまうでしょう。

まだ月齢が小さい赤ちゃんのゆるい便を、しっかりとキャッチさせるのは難しいのでしょうか?

そしてサイズが小さいのかな?と思ってサイズアップをしたら今度は横から漏れてしまってがっかりなんていうことも。

オムツの悩みの中でダントツトップになる悩みですよね。

ベビー服やお布団も汚れてしまうし、何度も続くと大変です。

こうなる原因は一体なんでしょうか?オムツの当て方の問題なのでしょうか?

オムツの悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんのオムツから「横もれ・背中もれ」を食い止めるポイント

オムツの背中もれを何とか食い止めるには、まずはしっかりとオムツの当て方を見直して…

あとはオムツのメーカーを変えてみる、ということが実は有効です。

メーカーごとに少しづつ違いがあるので、その子に合うものを探してみましょう。

周りの人に情報を聞いてみたり、お試し品があれば使ってみるとより明確ですね。

ここで漏れにくくする当て方のポイントを確認してみましょう。

「横もれ背中もれを防ぐポイント」

・股下にゆとりをもたせる

股下にゆとりをもたせずにぴったりとあててしまうと、勢いよく便が出たときに行き場がなくなってしまいます。

これにより背中もれを起こしてしまうんです。

おむつを当てるときは、股下をゆったりとさせてみましょう。

・ギャザーは内側に向かっているか確認

足回りの便をキャッチさせるには、ギャザーを内側に寄せておくことが大事です。

あまりいじらない方がいいようですね。

外側に寝ている状態では横もれの原因になってしまうので、最後に確認をしておきましょう。

このポイントを注意して、オムツのメーカーや当て方を確認してみましょう。

特に股下にゆとりを持たせただけでも改善されることがありますよ。

便秘がちな赤ちゃんはオムツから「背中もれ」しやすいかも

オムツの背中もれや横もれの対策がわかったところで「背中もれしやすい場合」についてもう少し考えてみましょう。

赤ちゃんのゆるい便は、オムツからもれやすいのは仕方のないことですよね。

こんな中「便秘をしやすい赤ちゃん」は特に要注意です。

赤ちゃんの中には、便秘しがちな子もいるでしょう。

その子の場合、いきなり便が出てしまうのでもれてしまうことがあります。

「そろそろ出るかも…」と思う日には、注意してみておくといいかも知れません。

しょっちゅうもれてしまって、大変な思いばかりで嫌になると思いますが、月齢が過ぎて離乳食から徐々に固形のものへと近づくと同時に、便の硬さも変わっていきます。

いつまでもゆるい便のままではないのです。

固形の便になれば処理がぐーんと楽になりますよ。

正しいオムツの付け方を教えて下さい

おむつのサイズが合っていないのでは?

赤ちゃんに身体に合ってない、おむつが小さすぎる場合、おなかまわりや足まわりにすき間ができて、そこから漏れちゃう事も!

体形や体勢に合っていないのでは?

赤ちゃんは成長と共に、身体の骨格や大きさや、体勢も変わってきます。

寝返りしたり、ハイハイしたり、あんよしたり♡

それに伴い、おしっこや、うんちが流れる方向も変わってくるのです。

おむつの形状が身体に合っていないと、すき間ができて漏れの原因になることがあります。

赤ちゃんのおしっこの量が増えた。おむつが間に合わない。

赤ちゃんは大きくなると、おしっこの回数が減りますよね。

ついつい

『吸収力が良いから、まだ変えなくても大丈夫よね~~~。』

と余裕で構えていると、漏れちゃう事も!!!

おむつかぶれの原因にもなるので、回数は変えてあげたいですね^^。

先輩ママ伝授「必殺逆ハの字止め」で背中もれから解放

ここまで「オムツの背中もれ」についてまとめてきましたが「それでも全然直らない!」という方はこちらもお試しください。

ベテランママが編み出した必殺ワザです。

「必殺!逆ハの字止め」

オムツを止めるテープを「逆ハの字」のようにします。
そうすると背中のすき間がなくなり、背中もれを防げるようになります。

この方法を使っても「大量うんち」の場合はどうしても防げないものです。

そのたびに洋服を着替えるのはもううんざり…という場合にはこちら。

「ガーゼを挟む!」

どうせ背中もれをしちゃうのなら、オムツと服の間に布を挟んでおけばいい、そんな発想から編み出した方法です。

布を挟んでおくだけで背中もれをしたときでも洋服を着替えなくて済みます。

また、背中の汗まで吸収してくれるので実は一石二鳥の方法です。

何度も着替えることに苦労をしているのなら、ガーゼを挟んでしまいましょう。
使い古したガーゼハンカチを使うのも手だと思います。

柔らかい素材のものを選びましょう。

背中もれ対策には「ティッシュや2枚重ね」で夜もぐっすり

まだまだあります、背中もれを防ぐ方法。

先ほどはテープを「逆ハの字」に止めたりガーゼを挟む方法でした。

もっと簡単に済ませたいという方はこちらもおすすめです。

「ティッシュを挟んじゃう」

もうおわかりですよね。背中の部分にティッシュを入れておけばいいんです。

入れるコツは、ティッシュを2、3枚重ねて折りたたんでいつも漏れてしまう部分に挟んでおきましょう。

これならオムツと一緒に捨ててしまうので、ガーゼよりも簡単ですね。

ティッシュは柔らかいものを使うようにしましょう。
もしかぶれたりしたらすぐにやめましょう。

「夜だけは2枚重ね」

赤ちゃんの中には「夜だけ背中もれしちゃう」子もいるようです。

大きくなってくると便だけではなくおしっこも背中もれをするときがあります。

寝ている間はわかりにくく、そのままでは不衛生で寝冷えをしてしまうので対策を取っておきましょう。

その場合には、オムツを2枚重ねてしまうというのも1つの手ですよ。

1サイズ上のものを上からかぶせてもいいし、同じサイズのものを少しずらして重ねてもいいと思います。

この2つの方法なら外出先でもサッと行えるのでおすすめです。

 - 子育て, 未分類

ページ
上部へ