知っとく.com

ハワイ旅行へ行く費用を抑えるポイントを教えます!

      2017/03/11

ハワイ旅行へ行く費用を抑えるポイントを教えます!

常夏の島ハワイ!憧れのハワイへ旅行に行ってみたいけど高そうだし…という方へ。

安く行く方法は、ご存知ありませんか?

高いからと諦めてしまう前に、費用を抑えてハワイへ行く方法やちょっとした裏ワザなどをご紹介します。

新婚旅行や卒業旅行の計画できっと役立つ情報なので、ぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【働くママ必見!】仕事と家庭のストレスを解消しよう!

働くママが増えましたよね。

仕...

夏休みの終わりになると子供は憂鬱に・・親としてできること

夏休みが始まると子供は喜び、親は落ち込みますよね。

たくさんはいらない!ご飯と味噌汁に漬け物さえあれば良し!

毎日しなければならないこと、それは「食事」です。

長電話なんてしたくない!迷惑な女友達への対処法教えます!

電話で話すのは好きですか?

電...

犬が怖い・・・だけど克服したい!おすすめの方法教えます!

ここ数年で犬を飼う人が本当に増えたと思います。

子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

【夫が出張で不在】こんな時みんなが食べているご飯を調査!


結婚している主婦にとって、夫が出張で不在の時はち...

友達関係がめんどくさい!遊ぶ約束したのに憂うつになる人の特徴


友達と遊ぶというとても単純な行動に憂うつさを感じ...

警視庁へ潜入!見学ツアーに個人で参加する方法


刑事ドラマなどでお馴染みの場所と言えばそう、警視...

【テスト前日】徹夜で一夜漬けするならこの方法で勉強する!


学生の皆さんの多くはテスト前日になると焦ってしま...

読書レポートの書き方!本読みのコツとポイント


高校や大学などで読書レポートの課題が出された時の...

【彼女と俺】真剣な話し合いをするのに適した4つの場所


彼女と険悪なムードになってしまった時は、1度真剣...

喧嘩から仲直りするコツは3つ!親子の場合教えます


親に向かってついつい反抗的な態度を取ってしまった...

【超多忙】医者の彼氏から連絡こない4つの理由


女性にとって結婚したい憧れの職業の男性TOP3に...

【バツイチ彼氏】元妻に嫉妬してしまう時の3つの心がけ


今の時代、バツイチなんて珍しくもなく身近な人でも...

スポンサーリンク


ハワイ旅行へ費用を抑えて行く方法とは?

海外旅行で大人気のハワイ。海外旅行初心者でも行きやすいと評判ですよね。

新婚旅行でも定番となっていますが、実際に行くとなると気になるのが費用です。

だいたい5泊6日のプランならいくらの予算を立てるべきでしょうか?

また、費用を抑えて行く方法についても気になるところ。

ハワイをお得に行く方法をまとめていきます。

安い費用でハワイ旅行へ行くなら「雨期」が狙い目

まずハワイのシーズンを季節ごとに見ていきましょう。

どの時期に行くかによって気候や費用が全く違います。

「ハワイのシーズン」

・1月~4月

気温が低くお正月は費用が高め。

・5月~6月

雨期に入るため雨の日が多い。費用が1番安いシーズン。

・7月~8月

夏休みを利用をして行く学生も多く目立ち、費用も高め。

・9月~11月

1番安定をした気候に入り、旅行者の数も少なめで料金も高め。

「おすすめツアー」

海外旅行初心者の人がツアーで行くのなら、大手旅行会社を選んだ方が無難です。

料金はどのランクのホテルを選ぶかによって全く変わります。

さらに航空会社によっては座席が狭いなどということも考えられます。

こちらもよく見比べた上で決めた方がよいでしょう。

機内サービスの評判がいいのは「東京発」の便だと言われています。

これは激しい競争からなるサービスによるものだと思います。

ハワイ旅行への費用と「燃油サーチャージ」について

ハワイ旅行へお得な費用で行くには、ほかにも覚えておくべきことがあります。

航空券のほかにかかる燃油サーチャージという言葉を聞いたことがありますが、これについて説明をしていきます。

・燃油サーチャージ

航空運賃のほかに燃油サーチャージというものが必要な場合はこのような内訳となります。

航空運賃 + 燃油サーチャージ + 航空保険特別料金 + 空港使用料 + 米国入国税です。

例えば、ホノルルまでの旅費が6.5万円だとすると、その他の諸費用などを合わせて約8.4万円~10万円近くになります。

航空券を購入する前に事前に確認をしておきましょう。

安い費用でハワイ旅行へ行くなら、航空券や宿泊代が全て込みのツアーを申し込むことが分かりやすくておすすめです。

そして、ツアー代のほかにも食事代やお土産代、交通費などが必要だということもお忘れなく。

こう考えると意外と費用は高くなってしまいますね。

ハワイへ低予算で行くコツ!早期購入と乗り換え便

ハワイ旅行へお得に行きたいけど、航空券がなかなか高くて踏み切れないという人は多いかも知れません。

何度もハワイ旅行へ行く人はどのように安く行っているかをご紹介します。

・とにかく早く航空券を入手する!

例えばお盆休みにハワイ旅行へ行きたいのなら、何か月も前に購入してしまうんです。

航空券の料金が分かった時点で購入することで高くなる前に入手することが可能となります。

何か月も先の予定を立てることはなかなか難しいのですが、安く行くためにはこの方法は見逃せません。

ただし、キャンセル料がいつから発生をしてどのくらいかかるのかはしっかりと把握しておきましょう。

・乗り換え便がお得

ハワイへの航空券を安く購入する方法として、乗り換え便を選ぶという方法もあります。

直行便とは違い時間がかかりますがその分安く行くことができます。

例えば、東京からハワイの直行便が20万円だったとします。

これを韓国経由の乗り換え便にすると14万円ほどで行けたりします。

ただし時間は倍くらいの時間である14時間以上かかってしまいます。

ですが、時間に余裕がある人はこちらがおすすめです。

若者世代に人気の旅行は「ビーチリゾート」

ハワイへ費用を抑えて行くコツをご紹介してきました。

シーズンを変えて行ったり、乗り換え便を利用したりすることで低予算で行けるということがわかりましたね。

ハワイ旅行は新婚旅行だけではなく、学生の卒業旅行にも大人気です。

やはりビーチリゾートの根強い人気は未だに変わらないようですね。

ハワイのほかにはグアムも人気の国です。

現代の若者にはとても人気のハワイですが、ちょっと前の世代に人気の国はどこかと言うと「フランス」だということが分かっています。

親世代にはヨーロッパやアメリカなどのちょっと遠い国であり、観光地がたくさんある国が人気のようです。

憧れの地といったイメージでもあるのでしょう。

国内旅行でも比較をしてみると若者世代に人気なのが「沖縄」で、親世代に人気なのは「北海道」や「京都」だそうです。

こちらでもビーチリゾートが人気のようですね。

ハワイや沖縄へ旅行へ行くには、早めに計画を立てておくことが大切のようです。

色んなツアーを比較して楽しい旅行に行きましょう。

 - 観光 デート

ページ
上部へ