知っとく.com

ハワイ旅行へ行く費用を抑えるポイントを教えます!

      2017/03/11

ハワイ旅行へ行く費用を抑えるポイントを教えます!

常夏の島ハワイ!憧れのハワイへ旅行に行ってみたいけど高そうだし…という方へ。

安く行く方法は、ご存知ありませんか?

高いからと諦めてしまう前に、費用を抑えてハワイへ行く方法やちょっとした裏ワザなどをご紹介します。

新婚旅行や卒業旅行の計画できっと役立つ情報なので、ぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

耳に違和感・・・音が響く原因が知りたい!

耳に違和感があると気になって気になってしょうがないですよね。...

大学に入って勉強を楽しいと思えるか

受験勉強を頑張って希望の大学に入った!
<...

ツライ・・・夫に子供は欲しくないと言われてしまった

女性ならば結婚してすぐに子供が欲しいと思う事もあれば、数年し...

車のエンジンから変な音がする原因


車のエンジンを起動させたらいつもと違う音がする…...

高校生になってから勉強ができないその理由


「家で勉強をしようとしてもなぜか集中できない!」...

効率よく筋肉を付けるトレーニング方法


バッキバキに割れた腹筋になるぞ!と気合を入れて筋...

「緊急地震速報」は携帯の電源がオフだと受信できない!


大きな地震をお知らせする「緊急地震速報」はいくつ...

筋トレで肉体改造!体重と身長に合う理想的な筋肉量


自分の理想的な体型というのは人それぞれ違います。...

ロングヘアーとショートヘアーそれぞれの人気のひみつ


男性が好きな女性のヘアスタイルと言えば「ロングヘ...

パキラの育て方のコツ!種から育てる方法


南国の木のようなかわいいパキラを種から育てる方法...

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果


体が固いとケガをしやすくなり老化も進んでしまいま...

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方がいい


プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたい...

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由


お母さんが授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝な...

アパート契約の審査をブラックリスト者が通過するための条件


借金の返済が滞ったりお金の面で色々あった人は「ブ...

水泳と筋トレには正しい順番がある


ジムに通っている人は水泳と筋トレ、どちらを先に行...

歯茎から出血した!大量じゃなければ問題ないのか

リンゴをか丸かじりしたら歯茎から出血・・・みたいなCMを小さ...

大学に進学!進路の決め方はどうするべきか

高校から大学に進学しようと決めたけれど、どの大学へ行きどの学...

洗濯機への洗剤の入れ方をもう一度見直そう

主婦であれば洗濯は毎日の事でしょう。
日に二度...

小学5年生が社会のテストで成績アップする勉強法


小学5年生にもなると社会の内容が難しくなってきま...

鼻が低いか確かめる基準とチェック方法


メガネをかけてもすぐに落ちてしまうのは鼻が低いの...

スポンサーリンク


ハワイ旅行へ費用を抑えて行く方法とは?

海外旅行で大人気のハワイ。海外旅行初心者でも行きやすいと評判ですよね。

新婚旅行でも定番となっていますが、実際に行くとなると気になるのが費用です。

だいたい5泊6日のプランならいくらの予算を立てるべきでしょうか?

また、費用を抑えて行く方法についても気になるところ。

ハワイをお得に行く方法をまとめていきます。

安い費用でハワイ旅行へ行くなら「雨期」が狙い目

まずハワイのシーズンを季節ごとに見ていきましょう。

どの時期に行くかによって気候や費用が全く違います。

「ハワイのシーズン」

・1月~4月

気温が低くお正月は費用が高め。

・5月~6月

雨期に入るため雨の日が多い。費用が1番安いシーズン。

・7月~8月

夏休みを利用をして行く学生も多く目立ち、費用も高め。

・9月~11月

1番安定をした気候に入り、旅行者の数も少なめで料金も高め。

「おすすめツアー」

海外旅行初心者の人がツアーで行くのなら、大手旅行会社を選んだ方が無難です。

料金はどのランクのホテルを選ぶかによって全く変わります。

さらに航空会社によっては座席が狭いなどということも考えられます。

こちらもよく見比べた上で決めた方がよいでしょう。

機内サービスの評判がいいのは「東京発」の便だと言われています。

これは激しい競争からなるサービスによるものだと思います。

ハワイ旅行への費用と「燃油サーチャージ」について

ハワイ旅行へお得な費用で行くには、ほかにも覚えておくべきことがあります。

航空券のほかにかかる燃油サーチャージという言葉を聞いたことがありますが、これについて説明をしていきます。

・燃油サーチャージ

航空運賃のほかに燃油サーチャージというものが必要な場合はこのような内訳となります。

航空運賃 + 燃油サーチャージ + 航空保険特別料金 + 空港使用料 + 米国入国税です。

例えば、ホノルルまでの旅費が6.5万円だとすると、その他の諸費用などを合わせて約8.4万円~10万円近くになります。

航空券を購入する前に事前に確認をしておきましょう。

安い費用でハワイ旅行へ行くなら、航空券や宿泊代が全て込みのツアーを申し込むことが分かりやすくておすすめです。

そして、ツアー代のほかにも食事代やお土産代、交通費などが必要だということもお忘れなく。

こう考えると意外と費用は高くなってしまいますね。

ハワイへ低予算で行くコツ!早期購入と乗り換え便

ハワイ旅行へお得に行きたいけど、航空券がなかなか高くて踏み切れないという人は多いかも知れません。

何度もハワイ旅行へ行く人はどのように安く行っているかをご紹介します。

・とにかく早く航空券を入手する!

例えばお盆休みにハワイ旅行へ行きたいのなら、何か月も前に購入してしまうんです。

航空券の料金が分かった時点で購入することで高くなる前に入手することが可能となります。

何か月も先の予定を立てることはなかなか難しいのですが、安く行くためにはこの方法は見逃せません。

ただし、キャンセル料がいつから発生をしてどのくらいかかるのかはしっかりと把握しておきましょう。

・乗り換え便がお得

ハワイへの航空券を安く購入する方法として、乗り換え便を選ぶという方法もあります。

直行便とは違い時間がかかりますがその分安く行くことができます。

例えば、東京からハワイの直行便が20万円だったとします。

これを韓国経由の乗り換え便にすると14万円ほどで行けたりします。

ただし時間は倍くらいの時間である14時間以上かかってしまいます。

ですが、時間に余裕がある人はこちらがおすすめです。

若者世代に人気の旅行は「ビーチリゾート」

ハワイへ費用を抑えて行くコツをご紹介してきました。

シーズンを変えて行ったり、乗り換え便を利用したりすることで低予算で行けるということがわかりましたね。

ハワイ旅行は新婚旅行だけではなく、学生の卒業旅行にも大人気です。

やはりビーチリゾートの根強い人気は未だに変わらないようですね。

ハワイのほかにはグアムも人気の国です。

現代の若者にはとても人気のハワイですが、ちょっと前の世代に人気の国はどこかと言うと「フランス」だということが分かっています。

親世代にはヨーロッパやアメリカなどのちょっと遠い国であり、観光地がたくさんある国が人気のようです。

憧れの地といったイメージでもあるのでしょう。

国内旅行でも比較をしてみると若者世代に人気なのが「沖縄」で、親世代に人気なのは「北海道」や「京都」だそうです。

こちらでもビーチリゾートが人気のようですね。

ハワイや沖縄へ旅行へ行くには、早めに計画を立てておくことが大切のようです。

色んなツアーを比較して楽しい旅行に行きましょう。

 - 観光 デート

ページ
上部へ