知っとく.com

こどもが腹痛を訴える!食事は関係あるのか

   

こどもが腹痛を訴える!食事は関係あるのか

こどもが腹痛を訴える事はよくあることです。

小さいこどもだと痛みをうまく伝える事ができないので、親としては見極める事も難しく心配になってしまいます。

こどもの腹痛の原因は、何なのでしょうか。

腹痛に食事は関係あるのでしょうか。

もちろん病気の可能性もあるので、様子を見て病院を受診しなければなりません。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


食事の後にこどもが腹痛を訴えるが原因が分からない

食事の後にこどもがお腹が痛いと言ったら

「食べ過ぎたんじゃない?」

と思ってしまいますが、もし頻繁に繰り返すなら、ただの食べ過ぎだとは思えないですよね。

お腹が痛いというだけで下痢や嘔吐の症状がなければしばらく様子をみますが、それでも心配になってしまいます。

こどもが腹痛を訴えた時は、まずこどもの様子を観察する事が大切です。

ある程度大きくなれば自分の体がどういう状態なのかを説明できますが、小さい子は体調が悪い=お腹が痛いと言ってしまう事も多いので、本当にお腹が痛いのか、別の部分が痛いのか、元気があるのかないのかなど観察しあまりにも強い痛みがあるようであれば、病院を受診した方がいいでしょう。

また便秘が原因でお腹が痛くなるという事もあります。
お腹に便が溜まっていないかチェックしてみましょう。
病院で浣腸をしたらすっきり元気になる子も多いんです。

元気そうだし、便秘でもないという場合はその日の食事のメニューを思い出してみて下さい。
こどもの嫌いな物が入っていませんでしたか?

嫌いな物を食べたくなくて、腹痛を訴えていたという可能性もあります。

原因は食事じゃない!こどもに起こる反復性腹痛とは?

小児から思春期にかけて多くみられる病気の一つに、「反復性腹痛」があります。

これは1ヵ月に1回以上の腹痛があり、それが3ヶ月以上続く場合を言います。

この病気の症状は腹痛を繰り返すということなのですが、その痛みの強さや痛む場所、時間などは個人差があります。

多くの場合はへその周辺に痛みを感じ1時間ほどで落ち着きますが、1日中痛いという人もいるようです。

ストレスが原因で反復性腹痛を起こしている場合は、ストレスのかかり具合によっても症状の出方が変わってくるようで、学校に行きたくないというのがストレスの原因であれば学校のある日に症状が出て、休日になると症状がおさまるということがあります。

反復性腹痛の原因には「器質的疾患」と「非器質的疾患」があり「器質的疾患」は内臓疾患などの異常が原因となっており、

検査を行ってその疾患が何かというのを調べる必要があります。
それから治療を行っていきます。

器質的疾患であれば、腹痛以外に体重の減少、嘔吐、出血などの症状がでる場合もあります。

「非器質的疾患」は内臓疾患の異常はなく、ストレスなどが原因で起こります。

反復性腹痛はこの「非器質的疾患」の場合が多いので、治療も大切ですがこどもがどんなことにストレスを感じているのかに、気付く事が大切です。

日頃からこどもとのコミュニケーションをとるように、心がけましょう。

食事の後にこどもが腹痛を訴えた時の病気の可能性

食事の後にこどもが腹痛を訴える時、病気の可能性はあるのでしょうか。

考えられる病気は「過敏性腸症候群」の可能性があります。

過敏性腸症候群は血液や腸に異常がないのにも関わらず、便秘や下痢などの腹痛・不快感が続く病気です。

この病気にはいくつかのタイプがあります。

・下痢型
突然便意があり下痢を起こします。
通勤や通学の電車内で起こった場合に「またあるかもしれない・・・」という不安がストレスになり、下痢を引き起こしやすくなってしまいます。

・便秘型
腸管が痙攣をおこして便が停滞します。
その為水分が奪われるので、固い便やコロコロした便になるので、便秘が悪化してしまいます。

・交代型
便秘型と下痢型の症状が交互にやってきます。

過敏性腸症候群の原因ははっきりとは分かっていませんが、ストレスが大きな原因ではと考えられていて、20代~30代に増えてきているようです。

治療法としては

・食事療法
・運動療法
・薬物療法

の3つが基本となります。

日常生活に影響が出る程症状があるのであれば、病院を受診した方がいいでしょう。

こどもが腹痛を訴えたら他の症状がないかをチェック

こどもが腹痛を訴えてきた場合、あまりにも我慢できない痛みだと見て感じる場合はすぐに病院を受診しましょう。

我慢できそうな痛みであれば、他の症状がないかをチェックします。

熱や咳、鼻水が出ているようであれば風邪の可能性がありますし、便がしばらく出ていないというのであれば便秘からの腹痛かもしれません。

下痢であれば急性胃腸炎の可能性もあり、便に血が混じっているようであれば腸重積という事もあるので、便がでるようであればその状態も確認しておきましょう。

また、呼吸の様子も確認する必要があります。

呼吸がいつもより速いというなら肺炎の可能性も考えられ、ゼイゼイした呼吸であれば喘息の可能性もあります。

こどもが腹痛を訴えた時、痛みなどの判断は難しく小さな子だとさらに難しいと思います。

腹痛を訴えてから痛みがどんどん増してくるようであれば、緊急性のある腹痛となるので注意が必要です。

繰り返す腹痛は心因性の場合も

こどもが腹痛を繰り返す場合、心因性という事があります。

休日や就寝中などは平気なのに、登校前や登園前になるとお腹が痛くなるという場合は心因性かもしれません。

登校前や登園前という事もあり、「仮病だろう」と思ってしまうかもしれませんがそうではなく、ストレスや不安によって体調を崩してしまうのです。

こどもが何にストレスを感じているのか知り、それを解決することが大切です。

こどもがリラックスできるような環境を、作ってあげたいですね。

 - 健康, 子育て

ページ
上部へ