知っとく.com

知りたい!思春期男子の恋愛観やあの行動の意味

      2017/02/27

知りたい!思春期男子の恋愛観やあの行動の意味

男子の思春期は、親にとってはちょっと接しづらい時があるんですよね。

また、女子からみてもこの頃の男子の行動に疑問を感じる事があるようです。

ちょっと生意気だし、いっそのこと思春期がなければいいのでは?

と思うかもしれません。

しかし思春期は体や心が大人になっていく重要な時期なんです。

思春期男子の恋愛観知りたくないですか?

あの行動の意味も知りたくありませんか?

知れば、生意気な男子の事がかわいく見えてくるかもしれませんよ。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

no image
怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理 教えます!


結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと思って...

【隣の大学生】アパートでの騒音トラブルの対策と注意点


アパートの住人にとって最もイライラするのが「隣人...

高校の入学願書は誰が書く?注意すべき5つのポイントと正しい手続き


これから高校受験を控えている人は、受験勉強はもち...

私って間違ってる?正しい洋服の洗濯頻度 教えます!

自分のやり方が周りの人と違っているのか、気になることってあり...

スポンサーリンク


恋愛観の違いより思春期は男子女子の身体の違いが大きい

思春期には男子と女子の恋愛観の違いも出てきますが、何より大きな違いは身体です。
個人差もありますが、男子は小学校の高学年くらいから女子なら小学校中学年くらいから始まるようですね。

平均は男子が11歳頃、女子が10歳頃です。

どんな風に身体は変化するのでしょうか。

女子の場合は胸が大きくなってきたりするので分かりやすいですが、男子の場合は精巣が増大する変化なので
周りも自分自身も気付きにくいでしょう。

しかしこの頃身長がぐんと伸びるので毎月身長を測っていれば分かりやすいかもしれません。

男子の場合声変わりし始めたり、女子の場合は初潮を迎えた頃に「あ、思春期に突入したな」と思う人も多いようですが
すでに思春期は始まっていて、声変わりや初潮を迎えるのは思春期の後期なんです。

それって恋愛感情?思春期男子のよくわからない行動

思春期の頃ってそれまで一緒に遊んでいた男子女子が少し距離をおいてしまったりしますよね。
もちろん積極的な男女は思春期に関係なく話しかけたり遊んだりしているでしょう。

むしろ女子の方が積極的な子が多いかもしれませんね。

しかし多くの男子はそういきません。

思い出してみて下さい。
特定の男子とよく目が合うな~と思いませんか?
目が合うのにすぐに逸らす。しかもそっけなく!

「何か用事あるなら言ってよ!」とちょっとイラっとしてしまうかもしれませんがちょっと待って下さい。
その男子はあなたに恋愛感情を持っている可能性が高いです。

おとなしい思春期男子は好きな女子に話しかける事が恥ずかしくてできません。
告白なんてもってのほか!!!

好きだから話したい ➔ 恥ずかしくて話せない ➔ 見つめる ➔ 目が合う ➔ 恥ずかしくて目をそらす

こうなってしまうんですね。

直接話す事が恥ずかしい思春期男子ですが、LINEでならやりとりができます。

ただ女子からすれば意味不明なメッセージだったり、「何このスタンプ・・・」と思う事があるかもしれません。
いや、多々あるでしょう。

しかしそれは彼らが頑張ってやりとりした結果なんです。
頑張って頑張りすぎて、きっと自分でもワケが分からない状態になっているでしょう。

そうやって考えると目が合って逸らされる事も、意味不明なLINEもかわいく見えてきませんか?

思春期男子の恋愛勘違いあるある

思春期には男子も女子も「気になるな」「かっこいいな」「かわいいな」と思う事が増えてくるでしょう。
付き合う人達が増えるのもこの時期です。

しかし男子はちょっとした事で勘違いしてしまう事が多いんです。
そこで思春期男子にありがちな恋愛勘違いあるあるをまとめてみました。

●優しくされると好きになる

女子にちょっと優しくされただけなのに「こいつ俺の事好きなんじゃない?」
と勘違いして、勘違いしたまま自分が気になって好きになってしまう。
優しくされているのは自分だけじゃないんですけどね・・・

●恋愛に関する質問を真に受けてしまう

男子と比べると女子は積極的に話しかけてきます。
時には「彼女いるの?」とか「好きなタイプは?」など恋愛に関する質問をしてくる事もあるでしょう。
女子からしてみればたいして意味はなかったりするのですが、【自分の事が知りたい=好き】と勘違いしてしまうんですね。

●恋愛に関しては自意識過剰

女子は好きな男子の友達と仲良くなってから、少しづつ好きな相手に近づいていったりもします。
なのでいつも一緒にいる男子に頻繁に話しかけたりするんですけど、その話しかけられた男子は
「俺の事好きなんだな」と思いこんでしまいます。

その女子が何かの理由で自分を避け出した時には「あぁ恥ずかしいんだな」なんて気持ちがいいくらいポジティブです。

●自分を好きになってくれた女子はいつまでも自分に気がある

友達から「○○ちゃん、お前の事好きらしいぞ」と聞かされる。
でも恥ずかしいから何もリアクションはできない。
親しくなることがなくても相手はずっと自分の事を好きだと思ってしまう。

残念ながら女子って気持ちが変わりやすいものなんですよね・・・

思春期男子の恋愛勘違いあるあるをまとめましたが、どれも思春期だけでなく
大人の男性にも当てはまると思いませんか?

そう考えると男って単純でかわいいですよね。

男子は積極的な女子が好き!

草食系男子という言葉があるように恋愛に積極的な男子が少なくなっています。

好きでもなかなか自分から話しかける事ができないんですよね。
そんな時女子から積極的に話しかけられると男子は嬉しいんです。

積極的な女子が好きって男子が意外と多いんですよ。

でも男子に話しかけるのが恥ずかしい女子もいるでしょう。

好きだけどみんながいるところで話しかけるのは恥ずかしい。

そんな時は帰る時「バイバイ」「また明日」の一言を勇気を出してみましょう。
帰りなら人も少ないのでチャンスです。

たった一言だけでも男子は嬉しいですし、「俺の事好きなのかな?」って思うんじゃないでしょうか。
ほら、男子って勘違いしやすいですから。

思春期の恋愛 親はどうすればいいのか

中学生になると初めての彼氏、彼女ができる子も多いでしょう。
しかし親としては心配ですよね。

中学生は心も身体も大人になっていく時期ではありますが、まだまだ子どもの部分も多く
親がしっかりみていなければなりません。

この頃の付き合いと言えば、学校から一緒に帰ったり休日一緒に出かけたりといった感じですね。
休日デートする事はいいけれど、やっぱり心配・・・という時は門限を決めておきましょう。
夕方の早い時間がおすすめです。

受験が近づくと「恋愛なんてしてる暇ないでしょ!」と付き合う事を反対したくなってしまうかもしれません。
でもこの時期の恋愛ってすごく大事なんですよね。
一緒に勉強したり、付き合う事でモチベーションが上がってつらい受験も乗り越る事ができたりとプラスの事も
多いでしょう。

あまり頭ごなしに反対するのはやめた方がいいかもしれませんね。

 - 子育て

ページ
上部へ