知っとく.com

タバコアレルギーは検査できる!

   

タバコアレルギーは検査できる!

アレルギーというと、アトピーや花粉症と思い浮かべる人が多いでしょう。

身体が痒くなったり、鼻水に悩まされたり、ひょっとしたらこれはアレルギーかも?と思って検査を受ける人も増えているそうです。。

最近では、ダニやそば、牛乳などの天然の物質だけでなく、化学物質でアレルギー反応が起こる人も多いと言います。

意外と知られていないのはタバコのアレルギーです。

人知れず辛い思いをしている人もいるので、気をつけましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果


体が固いとケガをしやすくなり老化も進んでしまいま...

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方がいい


プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたい...

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由


お母さんが授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝な...

アパート契約の審査をブラックリスト者が通過するための条件


借金の返済が滞ったりお金の面で色々あった人は「ブ...

水泳と筋トレには正しい順番がある


ジムに通っている人は水泳と筋トレ、どちらを先に行...

歯茎から出血した!大量じゃなければ問題ないのか

リンゴをか丸かじりしたら歯茎から出血・・・みたいなCMを小さ...

大学に進学!進路の決め方はどうするべきか

高校から大学に進学しようと決めたけれど、どの大学へ行きどの学...

洗濯機への洗剤の入れ方をもう一度見直そう

主婦であれば洗濯は毎日の事でしょう。
日に二度...

小学5年生が社会のテストで成績アップする勉強法


小学5年生にもなると社会の内容が難しくなってきま...

鼻が低いか確かめる基準とチェック方法


メガネをかけてもすぐに落ちてしまうのは鼻が低いの...

新築物件の登記手続きと住所変更にまつわる費用など


住宅ローンを組み家を新築で建てると、引っ越しをす...

金魚の病気のひとつ目が飛び出す「ポップアイ」について


飼っている金魚の目がなんだか飛び出して見えるのは...

顔から黄色い汁が出るその原因は「ステロイド」かも


皮膚から黄色い汁が出るような症状が出ると、想像を...

外国人が日本語を話すだけでなごむ!エピソード


「コンニチワ」「アリガトゴザイマース」などと外国...

11月にキャンプに行く!テントで寝るのは寒そうだよね!

キャンプに行きたい!と思うのはどんな季節ですか?

「家を新築にすると不幸になる」って本当?その理由とは


「家を建てると不幸になる」という言葉を聞いたこと...

胃カメラの検査を受ける適正な期間とは


健康を保つためには定期的な健康診断を行うことが大...

マネージャーは部活でどんな役割なの?これから高校進学する人へ


高校へ行ったらマネージャーになりたい!と考える人...

バイクのマフラーをピカピカに磨きたい!おすすめの道具とコツ


焼け付いたバイクのマフラーをピカピカな新品のよう...

ニューヨーク観光をするための費用と安く行く方法


ニューヨークにはマンハッタンや自由の女神、摩天楼...

スポンサーリンク


タバコアレルギーは化学物質過敏症!検査した方がいいかも

最近では、化学物質によるアレルギーが増えています。

病院で簡単に検査できますが、たくさんの物質があるため、原因物質を特定するのはかなり難しいそうです。

検査する時は、自分が苦手なものをあらかじめ申告し、その物質について調べてもらいましょう。

例えば、通りすがりの人の香りが強すぎて具合が悪くなることはありませんか?単に香りが苦手な人もいますが、科学的な香りに反応している場合があります。

タバコの副流煙、洗濯洗剤や柔軟剤、シャンプーやコンディショナー、ハンドクリーム、ペンキなど塗料に含まれる揮発性有機化合物などにより、鼻や喉の粘膜が刺激され、息苦しくなることがあります。肌につくとかゆくなったり、じんましんが出る場合もあります。

タバコの副流煙は言うまでもないですが、シャンプーや柔軟剤なども、自分は大丈夫でも過敏症の人もいるということをお忘れなく。

時々は、香りがきつすぎないかどうかチェックしてみてはいかがでしょうか。

タバコアレルギーの検査をすすめる理由

タバコアレルギーに気がつかない人は多いそうです。

実際の症状としては、そんなくらいでアレルギーなの?と思ってしまうほど軽いものがあります。

公共の施設などでは、全面禁煙の場所が増えてきたとはいえ、まだまだ禁煙場所は少なく、また喫煙者が重く受け止めていないことが多いため、小さい子どもまでもが副流煙を吸い込んでしまうことが多々あります。

タバコの煙が残っているだけで、頭痛や吐き気、めまいを起こす人もいます。

タバコに触れただけで動機が激しくなるといった症状が出る場合もあります。

大体の場合は、呼吸器系の症状が多く、鼻水がとまらなかったり、咳がひどく喘息のような感じになったり、息がきれる、呼吸困難といった症状が出ることが多いです。

タバコを吸っている人が近くにいるだけで具合が悪くなる場合もあるので、アレルギーだと気がつかない人もいるようです。

しかし知らずに放置してしまうと、症状が悪化し、命の危険さえあると言います。ちょっとでも思い当たることがあれば、検査してみましょう。

タバコ産業はアレルギー検査をさせないつもり?

公共施設をはじめ、会社の休憩室なども分煙が進み、こんなにもタバコによる影響が医学的にも指摘されているというのに、いまだにタバコ産業は莫大な利益を生み出しています。

ウォール街ではタバコやカジノなどのような投資信託のことを悪徳ファンドとも呼ばれています。

最近では、省エネに取り組んでいる企業に投資するエコファンドや、環境に優しい企業に投資する環境ファンドが人気であるかのようにマスコミはとりあげていますが、実は悪影響を与えそうな悪徳ファンドの方が配当が高いので、利益を優先する投資家であればマークしているのも事実です。

人の為になる行いを実践している企業に投資がいかないと、研究そのものがすたれてしまうことがあります。

ニコチン測定でタバコの危険度を知る

タバコアレルギーかどうかは、ニコチンの測定でわかるそうです。

ニコチンは、タバコの中のニコチンという物質が代謝されたものです。

このニコチンそのものは害はないと言われていますが、本来は私たちの体内に存在しない物質なので、この物質の濃度を計測すると、受動喫煙、能動喫煙の際の危険度がわかるそうです。

医療機関で検査をする時には、まずどんな時にどんな症状が出るのか、またその症状が治まる時はどんな風に治まるのかということを聞かれます。

そして、通常であれば尿や血液などで検査されます。

なお、この検査には保険が適用されないため、数千円から1,2万円ほどかかることがあります。医療機関によっても違いますが、電話などで確認してから禁煙治療に健康保険が適用となる病院の方が安心ですね。

タバコの副流煙は風邪にも悪影響

近年では、タバコを吸う人が身体に与える影響だけでなく、その人が出す煙を吸い込むことで周りの人にも影響を与えているという事が明らかになっています。

タバコには数千種類の化学物質が入っており、副流煙にも害のある物質が多々含まれています。

特に小さいお子様がいる家庭では、健康な身体であっても悪影響があるほか、風邪をひいていたり、喘息やダニアレルギーなどを持っている場合は、更に悪化してしまう可能性が高いのです。

換気扇の下、或いは他の部屋で吸っているから大丈夫だと思っている愛煙家の方が多いですが、実は完全に煙が逃げることはないので、微細な化学物質が部屋の間を移動して、結局は吸わない人も煙を体内に取り込むことになります。

どうしても吸わずにはいられないという方は、必ず外に出て吸ってください。

タバコは自分だけではなく、周りの人を苦しめているという事実から、決して目をそらさないで下さい。

 - 健康

ページ
上部へ