知っとく.com

入籍や結婚祝いのお返しを贈る「内祝い」のマナー

      2017/09/28

入籍や結婚祝いのお返しを贈る「内祝い」のマナー

これから入籍や結婚式を挙げる予定がある人は、ぜひ覚えておくべきマナーをご紹介します。

周りの人からお祝いを頂いたら「内祝い」を贈るかと思います。

大切な感謝の気持ちを込めたお返しを贈るには、どのような方法を取るべきでしょうか。

贈る時期や金額や内容について、詳しくまとめてみました。

しっかり行うことで今後の付き合い方も変わります。

相手に喜ばれる品物を贈りましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


結婚や入籍祝いのお返しを贈る時期や予算とは?

晴れて結婚をし、結婚式や入籍のお祝いをもらったらお返しとして内祝いを贈りましょう。

内祝いのマナーとして覚えておくべきこととはご存知ですか?

気になるのは贈る時期や予算についてではないでしょうか。

まずはこの2つについてまとめてみます。

・内祝いを贈る時期

結婚式を挙げた人はその2週間後あたりに贈るのが無難です。

1ヶ月以内でも遅くはなりませんが、それ以上遅くなると失礼に当たりますのでご注意を。

手渡しが出来ずに直接郵送をする場合には、あらかじめお礼状も送りましょう。

・内祝いの予算

予算について迷うかと思いますが、頂いた金額の半額程度がおおよその目安となります。

全て同じものにしてしまうと、頂いた金額との差が生じることがあります。

ある程度の目安や基準に分けて、選べばいいのではないでしょうか。

入籍祝いのお返しにおすすめの品物

それでは具体的にどんな内祝いがおすすめなのかご紹介します。

相手によって喜ばれる品物を変えることで、より感謝の気持ちが伝わりますよ。

また、選ぶべきではないものもぜひ覚えておきましょう。

「おすすめの内祝い」

・親戚

一番身近な親戚へは、日持ちする食品や日用品などが無難でしょう。

迷う場合はカタログギフトをお渡ししてしまえばいいと思います。

お子さまがいる方へは、その子への贈り物も添えるとより一層喜ばれます。

好きなものをあらかじめ聞いておくことをおすすめします。

・友人

友人への内祝いは、その人の好みに合わせて贈りましょう。

迷ったときは、人気のあるスイーツなお洒落な雑貨などがおすすめです。

・会社関係

上司や同僚への内祝いは、無難なお菓子がいいでしょう。

会社で配でるように個包装のものを選びましょう。

「選んではいけない内祝い」

内祝いとして選ぶべきではないものは刃物や割れるものです。

縁が切れるものをイメージしてしまうものを選ぶのはやめましょう。

また、自分の好みを押し付けるような行為はやめましょう。

もらっても困るものは決して選ぶべきではありません。

入籍祝い後のお返しをする色んなパターンについて

よくある流れは結婚式を行ってから入籍をするというパターンですが、最近では色々なケースが増えていますね。

ケースごとでの内祝いを贈るタイミングを考えてみましょう。

・入籍後に結婚式を挙げる場合

入籍をしてすぐに結婚式を挙げるなら、結婚式から1か月以内に内祝いを贈りましょう。

ただ、入籍から結婚式まで間が空く場合もあります。

この場合での内祝いは2パターンに分かれます。

その後の結婚式に出席をしてくれる相手なら、結婚式で引き出物としてお返しをします。

ただ、結婚式には参加をしないという相手にはお祝いを頂いた1ヶ月以内に内祝いを贈りましょう。

・結婚式を挙げない場合

最近では結婚式を挙げないカップルも多いです。

この場合、入籍祝いを頂いたら1か月以内に内祝いを贈りましょう。

実際には、入籍後に贈るということになります。

どのパターンにしてもすぐにお礼はしましょう。

今後の付き合いを良好にさせるための夫婦としての第一歩です。

内祝いに添える「お礼状」の書き方マナー

このように、お祝いを頂いたら内祝いとしてお返しを贈るということがマナーとなっています。

ですが、若い世代にとっては馴染みが薄いことでしょう。

内祝いの予算についても、頂いた金額の半分がベターとされているということをわざわざ教えてくれる人は少ないかも知れません。

必ずしも守らなくてはいけないということではないのですが、一般常識としてはぜひ覚えておくべきです。

若い年齢で結婚記念日をする場合、友人たちの多くにとってお祝い金は大きな負担となっています。

大切なお金ですので、しっかりとお礼とお返しを贈りましょう。

今後の付き合いもこれがきっかけで明暗が決まってしまうものです。

結婚祝いのお返しにはお礼状も添えよう

ここまで、内祝いの内容や大切さについてご紹介してきました。

お祝いを頂いたらまずは感謝の気持ちを伝えるということが1番大切です。

そして、内祝いは相手に喜ばれる品物を贈りましょう。

内祝いを郵送する場合の注意点があります。

・お礼状の書き方

内祝いのお礼状の内容は「お祝いへの感謝の気持ち」を中心に文面を作成します。

「ご報告」という言葉を使用してもOKです。

今後のお付き合いについてもお願いを添えましょう。

・配送通知も兼ねる

お礼状を送る意味として、内祝いを贈ることを相手に通知することも大事です。

まずはお礼状だけを郵送してから内祝いの配送手続きを取れれば、相手の都合のよいタイミングで受け取ってもらえます。

 - 結婚 離婚

ページ
上部へ