知っとく.com

チェックしよう!犬の鼻の乾燥からわかる病気

      2017/09/28

チェックしよう!犬の鼻の乾燥からわかる病気

犬を飼っている人は犬の鼻に注目したことはあるでしょうか。

犬の鼻の状態で重大な病気が見つかることもあるのです。

今回は、犬の鼻が乾燥したときの原因や症状やアレルギーについてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
夜になると体重が1㎏増加!ダイエット成功のカギは「むくみ」対策はこれだ!


朝起きた時の体重と、夜寝る前の体重はおよそ1㎏増...

【夜勤労働】寿命が縮むリスクとDNAを修復する食べ物


社会問題にもなっていますが、今の世の中には夜中も...

子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応


子供の習い事ランキング1位であるピアノの話題です...

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理 教えます!


結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと思って...

スポンサーリンク


犬の鼻が乾燥していたらチェックすべきポイント

愛犬の健康管理は見た目では難しくなかなかすぐに気づけないもの。

見るからに元気がないと思うまでは判断をつけにくいです。

健康を判断するポイントとして「犬の鼻」をチェックする方法をご紹介します。

元気な状態の犬の鼻といえば冷たく湿っています。

これが温かく乾いている場合には体調がすぐれない可能性があります。

ただ、寝ているときは乾いていることが多いので、日中起きているときに乾いているなら次のチェックも行いましょう。

・食欲低下

・便や尿の異常

・咳や嘔吐

・発熱など

鼻の乾きとともにこのような症状が見られる場合、感染症の疑いがあります。

よくに鼻が乾燥をしてひび割れているようなことがあれば注意をしましょう。

ジステンバーという感染症にかかってしまうと有効な治療がないために手遅れになってしまうこともあります。

少しでも鼻がカサカサしているように見えたら、体調について観察すべきです。

異常が見られる場合には早期に獣医へ相談しましょう。

犬の鼻が乾燥するのは水分不足の可能性もある

犬の鼻が乾燥してしまう原因として「水分不足」も考えられます。

水分が足りていない状態が続き脱水気味になってしまうと鼻が乾いてしまいます。

気温の高い日はしっかりと水分を与えるようにしましょう。

水分補給を行うことで鼻の乾燥がなくなればとくに心配はいらないと思います。

ただ、ほかに気になる症状が見られる場合には注意をすべきです。

下痢や便秘が続いている場合での犬の鼻は乾いてしまうものです。

このような症状が何日も続く場合、別の病気の可能性も出てきます。

おかしいと感じたら早めに動物病院を受診しましょう。

犬の鼻の乾燥の原因は「角化症」かも

元気そうで異常はないけれど、とにかく鼻がカサカサしていてひび割れしてしまう犬の鼻には何が起きているのでしょうか。

この場合は”角化症”というものになっている可能性があります。

この症状や原因や治療法についてまとめてみます。

「角化症の症状と原因」

犬の鼻が見るからに乾燥していてひび割れているような症状が見られるのが角化症です。

これは人間のひじやかかとがガサガサになってしまうのと同じような症状です。

皮膚が乾燥をして固く厚くなることでこのような状態になってしまい、ひび割れてやがてはむけてしまったりします。

この原因として、もともと生まれ持った体質であることと、膿皮症やアトピーや食物アレルギーによる湿疹だという2つがあげられます。

ほとんどの場合の原因が後者であり、とくにアレルギー体質の犬は注意をしましょう。

「角化症の治療法」

治療はその原因にもとづいて行います。

皮膚の乾燥が原因の場合には保湿効果のある塗り薬で治療をします。

人間と同じように乾燥から守ることで改善していきます。

角化症になりやすい犬には保湿性のあるシャンプーを使用すると効果的です。

痒みが見られる場合には、痒み止め効果のあるシャンプーと塗り薬を使います。

アレルギー体質の犬の場合には根本的な治療が必要となります。

その犬の症状と原因を追究し、獣医と相談をしながら治療を進める必要があります。

鼻の乾きからわかる犬の病気

・角化症になった犬に注意すること

犬の鼻は見た目以上に敏感なものであり、乾燥をしたときは色々な原因があります。

先ほどにもお伝えしましたが、アレルギーが原因で角化症になる場合にはその原因を追究しなくては根本的な治療にはなりません。

角化症になると乾燥や痒みを伴うだけでなく、アレルゲン物質や細菌が侵入しやすい状態になってしまいます。

アレルギー検査を行い、ドッグフードの変更や環境を整えたりして治療をしていかなければなりません。

角化症になっている犬の鼻は傷付きやすく炎症を起こしやすいので、雑菌やチリなどにも十分注意をしましょう。

・感染症ジステンバーの症状

鼻の乾燥とともに体調の異常が見られる場合にはすぐに獣医へ相談すべきです。

ジステンバーになると消化器系と呼吸器系両方の症状が見られることが特徴です。

これにかかった場合には入院をし、抗生物質の投与をして治療が行われます。

体力のない子犬や老犬が感染する例が多く、鼻以外に肉球も硬くカサカサになることがあります。

犬の鼻で毎日の健康チェックをしよう

ここまで犬の鼻の乾燥からわかる病気などをお伝えしてきましたが、日中起きているときに乾燥することはよくあります。

とくに体調がすぐれないということがなければさほど心配はいりません。

犬の鼻が乾燥しやすいときは、寝ているときや眠いときにも見られます。

起きているときは下で鼻を舐めて濡らしていますが、寝ているときはできません。

なので、寝ているときに鼻が乾燥をしていても、起きたときに元気であればとくに問題はないでしょう。

犬はにおいを嗅ぐときにも鼻を舐めることで嗅覚をより感じ取りやすくしているそうです。

愛犬の行動と様子は毎日チェックをすることで、異常を早期発見することができます。

これからは鼻にも注目してみてください。

 - ペット

ページ
上部へ