知っとく.com

結婚退職をしてすぐに失業保険が受け取れる条件

      2017/09/28

結婚退職をしてすぐに失業保険が受け取れる条件

結婚を機に退職する場合でもある条件をクリアした人はすぐに失業保険が支給されます。

失業保険を受け取るための条件や扶養と関係についてなど、女性にとって気になる点をご紹介します。

とくに、遠方へ引っ越す方や入籍のタイミングに迷っている人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

no image
怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理 教えます!


結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと思って...

【隣の大学生】アパートでの騒音トラブルの対策と注意点


アパートの住人にとって最もイライラするのが「隣人...

高校の入学願書は誰が書く?注意すべき5つのポイントと正しい手続き


これから高校受験を控えている人は、受験勉強はもち...

私って間違ってる?正しい洋服の洗濯頻度 教えます!

自分のやり方が周りの人と違っているのか、気になることってあり...

スポンサーリンク


結婚退職が理由でも失業保険は受け取れる?

結婚を機に退職をした場合でも失業保険は受け取れるのかが気になる方は、次のような点を考えてみてください。

失業保険を受け取るには条件となっているため、受け取れない場合もあります。

・失業保険の受給資格がある人とは

失業の理由はとくに問わないのですが、失業後も再就職をするという意思があることが条件となっています。

そのため、結婚退職をしてそのまま専業主婦になる人は受給資格がありません。

また、離職するまでの2年間で、雇用保険に12か月以上加入をしていた人が条件となっています。

雇用保険加入期間をしっかりと把握しておきましょう。

結婚をして引っ越す場合や、結婚をきっかけに勤務先を変えたいと考える方は受給資格があるので申請をしましょう。

このように、失業保険というものは失業をしたあとも「働く意思がある人」へ受給されるものです。

しばらくゆっくりとしてからまた再就職を目指す場合には支給されません。

結婚退職が理由だと失業保険の支給は3か月後

結婚退職したあとも働く意思がある人は失業保険が受け取れます。

しかし覚えておくべき点があります。

「失業保険が受け取れるのは3カ月後」

一般的に自己退職をした場合だと、失業保険が支払われるまでおよそ3カ月かかります。

退職をしてすぐにハローワークで手続きを行うと、7日間の待機期間と3カ月の給付制限期間があるために時間がかかってしまいます。

よって、失業保険をあてにして退職をしてしまうことはあまりおすすめしません。

「失業保険がすぐに支給される場合」

会社都合で退職せざるを得なくなった場合ならすぐに失業保険の支給が開始されます。

しかし、このような条件をクリアした場合には、結婚を理由にすぐに受け取ることが可能になります。

とくに遠くへ引っ越した場合に有効となるので覚えておきましょう。

・片道の通勤時間が2時間以上になった

・退職して1か月以内に引っ越しをして住所が移転した

このような条件に該当をした場合には、7日間の待機期間後から支給が開始されます。

手続きには住民票の写しなどが必要となります。

結婚退職をしてすぐに失業保険を受け取ると扶養になれない

県外の彼と結婚をするために退職する場合には失業保険をすぐに受け取ることが可能となります。

このとき迷ってしまうのが入籍のタイミングかと思いますが、失業保険を受け取っている間は旦那さんの扶養にはなれません。

そのために、自分で年金や国民健康保険の支払い手続きを行わなければならないのでお金と手間がかかります。

今後旦那さんの扶養の範囲内で働くことを希望する人ならばすぐに転職先を決めてしまったほうがいいでしょう。

かと言って入籍を先延ばしにしても、失業保険の支給も3カ月後となる可能性が出てきます。

結婚を機に引っ越しと退職をし、失業保険をすぐに受け取っても支払うものがそれなりにあると覚えておくべきです。

結婚を理由に失業保険を受け取るための条件

結婚退職と失業保険の支給についてご紹介してきましたが、遠方へ引っ越しをした場合にのみすぐに支給が開始されるということが分かりました。

これを「特定理由離職者」と呼びますが、条件をクリアした人のみ7日間の待機期間後から支給が開始されます。

結婚を機に配偶者と同居をするために遠方へ引っ越すという条件は、退職から1ヶ月以内に住所が移転された事実も必要となります。

よって、退職をしたあと結婚準備を行うための期間を空けたりすると認められなくなります。

また、入籍をしていない場合についてもハローワーク側にとっても判断基準がなくなるので難しくなってきます。

また、失業保険を受け取っている間は扶養になることはできないという点も踏まえて、結婚退職後の生活を考えるべきですね。

結婚をしてもすぐに転職先が決まってしまえば、失業保険について考えずに済みます。

失業保険の受給を延長することができる条件

失業保険が支給される条件の中には、このような場合も認定されます。

・病気やけがをした

・妊娠や出産や育児で働けない

・親族の介護のため

・配偶者の転勤

このような、やむを得ない理由があり仕事をすることが難しい対象者には失業保険の支給が認められます。

支給される期間は通常、退職日の翌日から1年間となっています。

ただし、上のような理由で1年経っても働けない場合には受給期間を延長することができます。

理由や条件によっては最大3年間の延長ができます。

失業保険が支払われる対象の人は、今後働く意思のある人に限られます。

そして、認定されるにはそれまでの勤務期間なども関係しているということも覚えておくべきです。

 - 結婚 離婚

ページ
上部へ