知っとく.com

結婚退職をしてすぐに失業保険が受け取れる条件

      2017/09/28

結婚退職をしてすぐに失業保険が受け取れる条件

結婚を機に退職する場合でもある条件をクリアした人はすぐに失業保険が支給されます。

失業保険を受け取るための条件や扶養と関係についてなど、女性にとって気になる点をご紹介します。

とくに、遠方へ引っ越す方や入籍のタイミングに迷っている人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


結婚退職が理由でも失業保険は受け取れる?

結婚を機に退職をした場合でも失業保険は受け取れるのかが気になる方は、次のような点を考えてみてください。

失業保険を受け取るには条件となっているため、受け取れない場合もあります。

・失業保険の受給資格がある人とは

失業の理由はとくに問わないのですが、失業後も再就職をするという意思があることが条件となっています。

そのため、結婚退職をしてそのまま専業主婦になる人は受給資格がありません。

また、離職するまでの2年間で、雇用保険に12か月以上加入をしていた人が条件となっています。

雇用保険加入期間をしっかりと把握しておきましょう。

結婚をして引っ越す場合や、結婚をきっかけに勤務先を変えたいと考える方は受給資格があるので申請をしましょう。

このように、失業保険というものは失業をしたあとも「働く意思がある人」へ受給されるものです。

しばらくゆっくりとしてからまた再就職を目指す場合には支給されません。

結婚退職が理由だと失業保険の支給は3か月後

結婚退職したあとも働く意思がある人は失業保険が受け取れます。

しかし覚えておくべき点があります。

「失業保険が受け取れるのは3カ月後」

一般的に自己退職をした場合だと、失業保険が支払われるまでおよそ3カ月かかります。

退職をしてすぐにハローワークで手続きを行うと、7日間の待機期間と3カ月の給付制限期間があるために時間がかかってしまいます。

よって、失業保険をあてにして退職をしてしまうことはあまりおすすめしません。

「失業保険がすぐに支給される場合」

会社都合で退職せざるを得なくなった場合ならすぐに失業保険の支給が開始されます。

しかし、このような条件をクリアした場合には、結婚を理由にすぐに受け取ることが可能になります。

とくに遠くへ引っ越した場合に有効となるので覚えておきましょう。

・片道の通勤時間が2時間以上になった

・退職して1か月以内に引っ越しをして住所が移転した

このような条件に該当をした場合には、7日間の待機期間後から支給が開始されます。

手続きには住民票の写しなどが必要となります。

結婚退職をしてすぐに失業保険を受け取ると扶養になれない

県外の彼と結婚をするために退職する場合には失業保険をすぐに受け取ることが可能となります。

このとき迷ってしまうのが入籍のタイミングかと思いますが、失業保険を受け取っている間は旦那さんの扶養にはなれません。

そのために、自分で年金や国民健康保険の支払い手続きを行わなければならないのでお金と手間がかかります。

今後旦那さんの扶養の範囲内で働くことを希望する人ならばすぐに転職先を決めてしまったほうがいいでしょう。

かと言って入籍を先延ばしにしても、失業保険の支給も3カ月後となる可能性が出てきます。

結婚を機に引っ越しと退職をし、失業保険をすぐに受け取っても支払うものがそれなりにあると覚えておくべきです。

結婚を理由に失業保険を受け取るための条件

結婚退職と失業保険の支給についてご紹介してきましたが、遠方へ引っ越しをした場合にのみすぐに支給が開始されるということが分かりました。

これを「特定理由離職者」と呼びますが、条件をクリアした人のみ7日間の待機期間後から支給が開始されます。

結婚を機に配偶者と同居をするために遠方へ引っ越すという条件は、退職から1ヶ月以内に住所が移転された事実も必要となります。

よって、退職をしたあと結婚準備を行うための期間を空けたりすると認められなくなります。

また、入籍をしていない場合についてもハローワーク側にとっても判断基準がなくなるので難しくなってきます。

また、失業保険を受け取っている間は扶養になることはできないという点も踏まえて、結婚退職後の生活を考えるべきですね。

結婚をしてもすぐに転職先が決まってしまえば、失業保険について考えずに済みます。

失業保険の受給を延長することができる条件

失業保険が支給される条件の中には、このような場合も認定されます。

・病気やけがをした

・妊娠や出産や育児で働けない

・親族の介護のため

・配偶者の転勤

このような、やむを得ない理由があり仕事をすることが難しい対象者には失業保険の支給が認められます。

支給される期間は通常、退職日の翌日から1年間となっています。

ただし、上のような理由で1年経っても働けない場合には受給期間を延長することができます。

理由や条件によっては最大3年間の延長ができます。

失業保険が支払われる対象の人は、今後働く意思のある人に限られます。

そして、認定されるにはそれまでの勤務期間なども関係しているということも覚えておくべきです。

 - 結婚 離婚

ページ
上部へ