知っとく.com

正しい洗濯機の使い方と洗剤の量の計り方

      2017/09/28

正しい洗濯機の使い方と洗剤の量の計り方

洗濯物が臭う原因として、洗剤の量が間違っているということはご存知でしょうか。

正しい洗剤の量の計り方は知っているようで実はわかりにくいものです。

洗濯機の重さと洗剤の量の基準の決め方をまとめてみました。

きれいに洗濯をするコツや洗濯機をきれいに使う方法もご紹介します。

ちょっとした工夫でシミ汚れもきれいに落ちますよ!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


正しい洗濯機の使い方とは?洗剤の量がわからない

汚れた服を洗ってくれる頼もしい家電と言えば洗濯機ですよね。

洗濯機の使い方ってちゃんとわかっていますか?

洗濯洗剤の量は計って入れていますか?

洗剤の説明書を見ると「〇kgに対して〇杯」という風に書かれていますが、この重さは洗濯物の重さなのか水の重さなのか果たしてどちらでしょうか。

また、洗濯機の取扱説明書に書いてある洗剤の量の指示が違った場合はどちらが正しいのかも悩みます。

わかってそうで意外と分からない、洗濯機や洗剤の量について詳しく解説していきます。

正しい洗濯機の使い方と洗剤の量

上手に洗濯をするコツは、正しい洗濯機の使い方と正しい洗剤の量がポイントです。

・正しい洗剤の量

まず、洗濯洗剤はたくさんいれた方が汚れが落ちると思っている人がいます。

これは大きな間違いです。

洗剤をたくさん入れても汚れの落ち具合はほぼ変わりません。

それどころか、洗剤の量が多すぎるとすすぎの回数を増やさなければなりません。

しっかりすすがないと洗剤が落ちなくなるので水が無駄になってしまいます。

正しい洗剤の量で洗いましょう。

・正しい洗濯機の使い方

洗濯機には洗える分量の重さが決まっています。

それ以上の重さの洗濯物を入れてしまうと重くなってしまって回らなくなり、きちんと洗うことができなくなります。

洗濯物の重さを計ることはやらなくても大丈夫ですが、洗濯機の7分目くらいを限度にして洗うようにしましょう。

たくさんある場合は2回に分けた方がしっかりと洗えます。

洗濯機の種類と洗剤の量

洗濯機に対して正しい洗剤の量を計るには、まず洗濯機の容量を確かめます。

7㎏と表示されている場合なら洗濯機の7割程度の洗濯物を入れた状態がだいたい7㎏だと考えていいと思います。

それを目安に、7㎏分の洗剤を計って入れましょう。

水の量はあまり考えずに洗濯機の大きさと洗濯物の量で決めてしまって大丈夫です。

また、ドラム型洗濯機の場合だと洗剤の量がよくわからない場合があります。

指示通りに入れてしまうと入れすぎてしまうことが多いので、スプーン1杯より2割程度減らした分量で洗ってみましょう。

洗い具合を見て、次回から調節していけばいいと思います。

事前に洗剤を付けてつけ置き洗いをすると効果的

洗濯機を上手に使えると洗濯物の汚れがきれいに落ちるようになります。

汚れを効果的に落とすにはちょっとした工夫をすると、よりスッキリときれいになるので試してみましょう。

・部分洗いをしておく

シミがついていたり汚れが強い部分があれば、洗濯機に入れる前にしみ抜き洗剤などを使って洗っておきます。

洗剤を付けた部分を歯ブラシなどで叩き洗いをしておくとよいでしょう。

・つけ置き洗いをする

全体的に汚れている場合は、バケツにぬるま湯と洗剤と液体酵素系漂白剤を入れて浸けておくと汚れが落ちやすくなります。

また、白物なら粉末タイプの酵素系漂白剤の方が落としやすいです。

・のこり湯を活用する

洗濯はぬるま湯を使った方がよく落ちます。

お風呂の残り湯を活用して洗濯を行いましょう。

この時、色落ちしやすいものには注意をしましょう。

洗濯物が臭ったら!洗濯機クリーナーを使おう

洗濯物がなんだか臭うようになったら洗濯機の中に原因があると思います。

洗濯槽はカビが生えやすいので、定期的に「洗濯槽クリーナー」などを使ってきれいにしましょう。

臭いの原因がなくすことが肝心です。

また、洗剤の量を入れすぎている場合は洗濯のカスが洗濯槽に付着してしまいます。

これがカビの原因につながってしまうので、洗剤の量には注意をしましょう。

洗剤を入れ過ぎることでも洗濯物が臭ってしまいます。

これは、溶けきれずに残ってしまった洗剤が臭いを引き起こす原因となっています。

洗濯物の量に合った洗剤を使いましょう。

もし洗濯機に洗剤が付着していたらこのようなことを行ってみてください。

洗濯機を空の状態ですすいでみたり、それでもまだ洗剤が残るようならすすぎの回数を増やしましょう。

また、洗濯をする際には洗剤をよく溶かした状態の中に洗濯物を入れましょう。

洗濯物と洗剤を一緒に入れてしまうと溶けにくいです。

また、洗濯機に残ったゴミをこまめに取り除いたりして洗濯機にも汚れがたまらないようにします。

そうすることできれいな洗濯機でしっかり洗濯ができますね。

このように、たかが洗濯と言っても使い方を間違うと洗濯物が臭ったりカビが生えやすくなります。

洗濯機に洗濯物を詰め込まないように注意をして正しい方法で洗いましょう。

 - 洗濯・掃除

ページ
上部へ