知っとく.com

いつもより猫のトイレが近いのは病気のサイン

      2017/09/28

いつもより猫のトイレが近いのは病気のサイン

猫を飼っている人は猫のトイレへ行く回数を把握しているでしょうか。

何となくトイレへ行く間隔が近いと感じたらよく観察をする必要があります。

猫の尿の変化から病気を見つけることができます。

また、いち早く症状を見つけてあげることで早期回復につながります。

今回は、猫がなりやすい病気と症状、その原因についてご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

no image
怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理 教えます!


結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと思って...

【隣の大学生】アパートでの騒音トラブルの対策と注意点


アパートの住人にとって最もイライラするのが「隣人...

高校の入学願書は誰が書く?注意すべき5つのポイントと正しい手続き


これから高校受験を控えている人は、受験勉強はもち...

私って間違ってる?正しい洋服の洗濯頻度 教えます!

自分のやり方が周りの人と違っているのか、気になることってあり...

スポンサーリンク


猫のトイレが近いのは何のサイン?

最近飼っている猫がトイレに行く回数が増えた気がする…そんなときは心配になりますよね。

猫の排尿の平均回数は1日2~3回が目安です。

これより多い場合は注意をして観察をした方がいいでしょう。

とくにトイレに何度も行くことが何日も続く場合は病気の疑いがあります。

このように頻繁にトイレへ行くようになった猫には何が起きているのでしょうか。

よくある症状や病気の例をあげていきたいと思います。

猫のトイレが近い場合にチェックするポイント

猫のトイレ回数が増えたときは尿の量もチェックしましょう。

尿の量は猫トイレの砂の塊の大きさで分かります。

猫の砂は尿をすると固まるので、心配なときの目安になります。

猫が何度もトイレに行き、小さな塊ばかりある場合は頻尿となり、大きな塊が増えたら多尿だと言えます。

頻尿の場合は膀胱炎などの疑いがあり、多尿の場合は腎不全や糖尿病などいくつかの病気の疑いが出てきます。

どちらにしても、尿に異変を感じたら早めに受診すべきです。

トイレが近い猫に疑われる病気や原因

猫がなりやすい病気と言うと、実は泌尿器系の病気が圧倒的に多いです。

泌尿器系の病気のことを下部尿路疾患(FLUTD)と呼び、とくに猫はさまざまな病気になりやすいです。

トイレ回数が増えたり、トイレのたびに苦しそうな様子が見られたら何かの病気かも知れないと疑いましょう。

「猫がなりやすい泌尿器系の病気」

・膀胱炎

・尿路結石

膀胱や尿道に細菌や結石ができてしまい、尿をすると痛みや残尿感を伴います。

・尿石症

猫の尿は濃度が濃いことから結石ができやすいと言われています。

尿中のマグネシウムやカルシウム、アンモニアや尿酸、シュウ酸などが結晶化してしまうことが原因。

結晶が尿道に詰まってしまい尿が出にくくなってしまいます。

猫の膀胱炎の原因と症状

ここでは猫がなりやすい膀胱炎の症状や原因についてまとめてみます。

猫が病気になってしまうととても心配になってしまいますよね。

ですが、主な原因は人間と同じように生活環境やストレスによるものと言われています。

とくに膀胱炎は急な気温の低下などにより影響を受けやすいため室温への配慮が必要です。

また、食事に気を付けるようにすることで膀胱炎の予防をすることができます。

猫のストレスについてですが、猫はデリケートな性質であることからストレスを受けやすいです。

ストレスを溜めないためには、一緒に遊んであげることで運動をし、発散をさせてあげましょう。

・膀胱炎の症状

トイレの回数が増えたり、水を頻繁に飲むようになります。

また、尿の色が濃くなったりなんだか濁っているように見えます。

においも普段より強くなっていることが多く、血が混じる場合もあります。

尿をするときに痛みを伴うため、元気がなく具合が悪そうに見えると思います。

・猫が膀胱炎になったときの対処法

早めに動物病院へ連れて行くことが大切です。

早期回復を目指すためには原因を追究してあげることが大切ですが、猫がストレスを感じている場合にはやはり遊ばせる環境を整えましょう。

また、猫が落ち着くように撫でてあげることでも安心をするでしょう。

猫の体調変化にいち早く気づいてあげよう

猫がトイレへ行く頻度が近いときに考えられる病気についてご紹介してきました。

ただ、一概に当てはまるわけではないのでまずは動物病院で診断してもらいましょう。

猫のトイレが近くなる原因として、膀胱炎や尿結石などの病気をあげてみましたが、これ以外に原因がある場合は要注意です。

腎臓病や糖尿病が原因の場合は多量の尿が特徴です。

猫の死亡原因の第一位とされるのが腎臓病なので、思い当たる点があれば早めに受診を行いましょう。

老化をした猫もかかりやすい病気なので、日ごろからちょっとした変化に気づいてあげるようにしましょう。

膀胱炎や尿結石の場合は痛みや不快感が伴いますので、大変苦しそうな症状になります。

この原因は運動不足や水分不足などがあげられます。

気温の変化に合わせて水分の確保をしてあげることや、トイレを清潔に保つことで細菌感染を防げます。

運動不足だと感じた場合はキャットタワーや遊べる棚など用意してあげましょう。

できるだけ快適に過ごせるように家の中を工夫をし、健康を保てるように食事にも気をつけてください。

尿の変化で猫の重大な病気を発見できることがあります。

少しでも不安を感じたら早めに受診をすることが大切ですね。

 - ペット

ページ
上部へ