知っとく.com

いつもより猫のトイレが近いのは病気のサイン

      2017/09/28

いつもより猫のトイレが近いのは病気のサイン

猫を飼っている人は猫のトイレへ行く回数を把握しているでしょうか。

何となくトイレへ行く間隔が近いと感じたらよく観察をする必要があります。

猫の尿の変化から病気を見つけることができます。

また、いち早く症状を見つけてあげることで早期回復につながります。

今回は、猫がなりやすい病気と症状、その原因についてご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


猫のトイレが近いのは何のサイン?

最近飼っている猫がトイレに行く回数が増えた気がする…そんなときは心配になりますよね。

猫の排尿の平均回数は1日2~3回が目安です。

これより多い場合は注意をして観察をした方がいいでしょう。

とくにトイレに何度も行くことが何日も続く場合は病気の疑いがあります。

このように頻繁にトイレへ行くようになった猫には何が起きているのでしょうか。

よくある症状や病気の例をあげていきたいと思います。

猫のトイレが近い場合にチェックするポイント

猫のトイレ回数が増えたときは尿の量もチェックしましょう。

尿の量は猫トイレの砂の塊の大きさで分かります。

猫の砂は尿をすると固まるので、心配なときの目安になります。

猫が何度もトイレに行き、小さな塊ばかりある場合は頻尿となり、大きな塊が増えたら多尿だと言えます。

頻尿の場合は膀胱炎などの疑いがあり、多尿の場合は腎不全や糖尿病などいくつかの病気の疑いが出てきます。

どちらにしても、尿に異変を感じたら早めに受診すべきです。

トイレが近い猫に疑われる病気や原因

猫がなりやすい病気と言うと、実は泌尿器系の病気が圧倒的に多いです。

泌尿器系の病気のことを下部尿路疾患(FLUTD)と呼び、とくに猫はさまざまな病気になりやすいです。

トイレ回数が増えたり、トイレのたびに苦しそうな様子が見られたら何かの病気かも知れないと疑いましょう。

「猫がなりやすい泌尿器系の病気」

・膀胱炎

・尿路結石

膀胱や尿道に細菌や結石ができてしまい、尿をすると痛みや残尿感を伴います。

・尿石症

猫の尿は濃度が濃いことから結石ができやすいと言われています。

尿中のマグネシウムやカルシウム、アンモニアや尿酸、シュウ酸などが結晶化してしまうことが原因。

結晶が尿道に詰まってしまい尿が出にくくなってしまいます。

猫の膀胱炎の原因と症状

ここでは猫がなりやすい膀胱炎の症状や原因についてまとめてみます。

猫が病気になってしまうととても心配になってしまいますよね。

ですが、主な原因は人間と同じように生活環境やストレスによるものと言われています。

とくに膀胱炎は急な気温の低下などにより影響を受けやすいため室温への配慮が必要です。

また、食事に気を付けるようにすることで膀胱炎の予防をすることができます。

猫のストレスについてですが、猫はデリケートな性質であることからストレスを受けやすいです。

ストレスを溜めないためには、一緒に遊んであげることで運動をし、発散をさせてあげましょう。

・膀胱炎の症状

トイレの回数が増えたり、水を頻繁に飲むようになります。

また、尿の色が濃くなったりなんだか濁っているように見えます。

においも普段より強くなっていることが多く、血が混じる場合もあります。

尿をするときに痛みを伴うため、元気がなく具合が悪そうに見えると思います。

・猫が膀胱炎になったときの対処法

早めに動物病院へ連れて行くことが大切です。

早期回復を目指すためには原因を追究してあげることが大切ですが、猫がストレスを感じている場合にはやはり遊ばせる環境を整えましょう。

また、猫が落ち着くように撫でてあげることでも安心をするでしょう。

猫の体調変化にいち早く気づいてあげよう

猫がトイレへ行く頻度が近いときに考えられる病気についてご紹介してきました。

ただ、一概に当てはまるわけではないのでまずは動物病院で診断してもらいましょう。

猫のトイレが近くなる原因として、膀胱炎や尿結石などの病気をあげてみましたが、これ以外に原因がある場合は要注意です。

腎臓病や糖尿病が原因の場合は多量の尿が特徴です。

猫の死亡原因の第一位とされるのが腎臓病なので、思い当たる点があれば早めに受診を行いましょう。

老化をした猫もかかりやすい病気なので、日ごろからちょっとした変化に気づいてあげるようにしましょう。

膀胱炎や尿結石の場合は痛みや不快感が伴いますので、大変苦しそうな症状になります。

この原因は運動不足や水分不足などがあげられます。

気温の変化に合わせて水分の確保をしてあげることや、トイレを清潔に保つことで細菌感染を防げます。

運動不足だと感じた場合はキャットタワーや遊べる棚など用意してあげましょう。

できるだけ快適に過ごせるように家の中を工夫をし、健康を保てるように食事にも気をつけてください。

尿の変化で猫の重大な病気を発見できることがあります。

少しでも不安を感じたら早めに受診をすることが大切ですね。

 - ペット

ページ
上部へ