知っとく.com

猫を飼うための部屋へ改造をする方法

   

猫を飼うための部屋へ改造をする方法

これから猫を飼う人へ、猫が快適に暮らせるお部屋へ改造方法をご紹介します。

猫が運動不足にならないための工夫やくつろげる猫スペースの確保のやり方などがありますが、どれも工夫次第でお金をかけずに行えます。

人間と猫の暮らしをより楽しいものにしましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果


体が固いとケガをしやすくなり老化も進んでしまいま...

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方がいい


プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたい...

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由


お母さんが授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝な...

アパート契約の審査をブラックリスト者が通過するための条件


借金の返済が滞ったりお金の面で色々あった人は「ブ...

水泳と筋トレには正しい順番がある


ジムに通っている人は水泳と筋トレ、どちらを先に行...

歯茎から出血した!大量じゃなければ問題ないのか

リンゴをか丸かじりしたら歯茎から出血・・・みたいなCMを小さ...

大学に進学!進路の決め方はどうするべきか

高校から大学に進学しようと決めたけれど、どの大学へ行きどの学...

洗濯機への洗剤の入れ方をもう一度見直そう

主婦であれば洗濯は毎日の事でしょう。
日に二度...

小学5年生が社会のテストで成績アップする勉強法


小学5年生にもなると社会の内容が難しくなってきま...

鼻が低いか確かめる基準とチェック方法


メガネをかけてもすぐに落ちてしまうのは鼻が低いの...

新築物件の登記手続きと住所変更にまつわる費用など


住宅ローンを組み家を新築で建てると、引っ越しをす...

金魚の病気のひとつ目が飛び出す「ポップアイ」について


飼っている金魚の目がなんだか飛び出して見えるのは...

顔から黄色い汁が出るその原因は「ステロイド」かも


皮膚から黄色い汁が出るような症状が出ると、想像を...

外国人が日本語を話すだけでなごむ!エピソード


「コンニチワ」「アリガトゴザイマース」などと外国...

11月にキャンプに行く!テントで寝るのは寒そうだよね!

キャンプに行きたい!と思うのはどんな季節ですか?

「家を新築にすると不幸になる」って本当?その理由とは


「家を建てると不幸になる」という言葉を聞いたこと...

胃カメラの検査を受ける適正な期間とは


健康を保つためには定期的な健康診断を行うことが大...

マネージャーは部活でどんな役割なの?これから高校進学する人へ


高校へ行ったらマネージャーになりたい!と考える人...

バイクのマフラーをピカピカに磨きたい!おすすめの道具とコツ


焼け付いたバイクのマフラーをピカピカな新品のよう...

ニューヨーク観光をするための費用と安く行く方法


ニューヨークにはマンハッタンや自由の女神、摩天楼...

スポンサーリンク


猫を飼う前に!部屋を改造をして準備をしましょう

お家で猫を飼いたいと思ったとき、今住んでいる場所で果たして猫を飼うことができるのかを考えると思います。

猫を飼うためのスペースを確保することはわかるのですが、ほかにはどんな工夫や準備をする必要があるのでしょうか。

猫を飼った経験がある人はある程度把握できると思うのですが、初めて飼う人にはなかなか想像が付かないかと思います。

今回の記事は、初めて猫を飼う人が準備すべきことや、すでに猫を飼っている人へより快適な空間へするための改造方法などをご紹介していきます。

まず最初に行う準備はこれです。

「猫の爪とぎ対策」

これを行わないと家中が傷だらけになってしまいます。

これについては、ペットショップなどで販売されている、段ボール製の爪とぎを置くことが有効的です。

お値段も100円程度なのでぜひ準備をしておきましょう。

「猫の脱走対策」

猫はときに脱走をしてしまいます。

とくに夏場の窓を網戸だけにしてしまうと、器用な猫は爪で開けてしまい外に逃げてしまいます。

これに対しては、網戸にも付けられる防犯用のカギを設置しておくといいでしょう。

泥棒対策にもなるので一石二鳥ですね。

猫の習性を利用して快適に暮らせる部屋に改造をする

猫が快適に暮らせる部屋にするには、猫本来の習性を考えてあげることが1番です。

高い場所を好む猫にはキャットタワーがあると喜びます。

わざわざ購入をしなくても、棚やタンスなどの置き方を工夫して、手作りキャットタワーにしてもいいでしょう。

その猫が好みそうな場所に爪とぎを置いておくのもおすすめです。

地面にいるとノミやダニがいるので、それを避けるために高い場所へ行く習性があります。

また、好奇心旺盛な猫は高い場所から見渡すことが大好きです。

上から見下ろすことで自分が優位に立っているとアピールする意味もあるようです。

また、子猫のうちは盛んに動き回りますが、年を取るとあまり動かなくなります。

運動不足にならないためにも、キャットタワーを利用して少しでも動ける環境を作っておきましょう。

狭い部屋で猫を飼うための改造方法

独身の人でも猫を飼っている人は多いです。

犬のように飼い主に忠誠的ではありませんが、気まぐれな生活をする猫は比較的飼いやすいペットです。

しかし、狭いアパートやマンションでの飼育は運動不足になってしまいストレスが溜まってしまうでしょう。

飼うためのおすすめの大きさは、猫1匹に対して2部屋以上あることが理想的です。

このような部屋ではない場所で飼うならば、猫が快適に暮らせる工夫を行いましょう。

先ほどのキャットタワーも有効的ですし、猫が遊べるトンネルなどがあるといいでしょう。

あまり物を置かないようにして、少しでも走れる空間作りを心がけるべきです。

猫スペースを作ってあげよう

・部屋のちこちに猫スペースを作ってあげよう

猫と暮らしているうちに、その猫が気に入っている場所が見つかるはずです。

その場所に、猫が入って休んだり遊べるような専用ボックスなどを置いてみてはいかがでしょうか。

その中で猫が安心した様子を見せるようになれば、猫の場所が出来上がります。

猫が入って気に入ったものであれば、ティッシュ箱や段ボール箱でも大丈夫。

猫は自分の体がすっぽり入る場所こそ大好きです。

空き箱は捨てずに置いてみましょう。

猫が暮らすための部屋は、落ち着くスペースと運動ができる場所や高さが必要です。

ただ、高い棚や窓のブラインドには注意をしましょう。

よじ登ってケガをすると危険な場所があれば、配置替えをしたり登らないように工夫をしておきましょう。

猫のトイレ専用部屋を作るととても楽!

猫と長年暮らす人の中にはたくさんの猫を飼っている人がいます。

この場合に苦労をするのが猫のトイレ問題。

猫のトイレは1匹に対して1個用意することが理想的であり、衛生上を考えてもそうするべきです。

猫の飼い主のみなさんが頭を悩ますのが、トイレの設置場所です。

リビングに置いてしまうと臭いが気になってしまい人間が落ち着きません。

猫の数が複数になったら、猫のトイレ部屋を作ってしまうととっても楽です。

そして猫の頭数のトイレを用意することで、後処理のペースも必死にならなくて済みます。

猫砂が飛び散っても気にならないのでこれはおすすめです。

猫のトイレ部屋が作れない場合には、トイレのスペースを工夫して確保しましょう。

これから猫を初めて飼う人は、ある程度の準備をしておき、実際の生活が始まってから工夫を重ねていくことが大切です。

ぜひ猫との暮らしを楽しみましょう。

 - ペット

ページ
上部へ