知っとく.com

マンションを購入するなら現金一括を目指す!

   

マンションを購入するなら現金一括を目指す!

マイホームを買うなら住宅ローンを組むか、現金で一括購入を目指すか…。

大きな買い物なのでとても難しい問題ですね。

今回は、マンションを現金で一括購入をするということについてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

雑草対策に!庭にはアスファルトとコンクリートのどちらを使うべきか


お庭を持つ人にとって悩ましい存在である雑草。 ...

どうしよう!?洗面台が水漏れを起こす原因と点検すべきパーツ


ある日突然それは起こるもの…それは、洗面台の水漏...

鼻で呼吸をすると変な音が鳴る原因と対処法


鼻で呼吸をすると「ピー」と変な音が出てしまったと...

受験に不安はつきもの!合格発表を待つ間でも気持ちを安定させる方法


志望校へ向かって受験勉強を続けている受験生の中で...

筋トレをしよう!腹筋でも落ちないお腹の横の脂肪を落とす方法


お腹の横についたプヨプヨの脂肪を落としたい! ...

耳に違和感・・・音が響く原因が知りたい!

耳に違和感があると気になって気になってしょうがないですよね。...

大学に入って勉強を楽しいと思えるか

受験勉強を頑張って希望の大学に入った!
<...

ツライ・・・夫に子供は欲しくないと言われてしまった

女性ならば結婚してすぐに子供が欲しいと思う事もあれば、数年し...

高校生になってから勉強ができないその理由


「家で勉強をしようとしてもなぜか集中できない!」...

効率よく筋肉を付けるトレーニング方法


バッキバキに割れた腹筋になるぞ!と気合を入れて筋...

「緊急地震速報」は携帯の電源がオフだと受信できない!


大きな地震をお知らせする「緊急地震速報」はいくつ...

筋トレで肉体改造!体重と身長に合う理想的な筋肉量


自分の理想的な体型というのは人それぞれ違います。...

ロングヘアーとショートヘアーそれぞれの人気のひみつ


男性が好きな女性のヘアスタイルと言えば「ロングヘ...

パキラの育て方のコツ!種から育てる方法


南国の木のようなかわいいパキラを種から育てる方法...

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果


体が固いとケガをしやすくなり老化も進んでしまいま...

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方がいい


プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたい...

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由


お母さんが授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝な...

アパート契約の審査をブラックリスト者が通過するための条件


借金の返済が滞ったりお金の面で色々あった人は「ブ...

水泳と筋トレには正しい順番がある


ジムに通っている人は水泳と筋トレ、どちらを先に行...

歯茎から出血した!大量じゃなければ問題ないのか

リンゴをか丸かじりしたら歯茎から出血・・・みたいなCMを小さ...

スポンサーリンク


マンションを現金一括購入をすると得られるメリット

マイホームの購入をするにはたいていの人は住宅ローンを組むと思います。

しかし中には現金を貯めて一括購入を目指す人もいます。

大きなお金を貯めることは容易なことではありませんが、住宅ローンを組む時にもある程度の頭金を用意しておいた方がよいということから、現金を準備することが大切だと分かっています。

今回は、マンションを現金で一括購入をする際のメリット、気になるデメリットについてもご紹介します。

まず大きなメリットをお話します。

現金一括購入をすると、住宅ローンにかかる金利を負担せずに済みます。

住宅ローンを利用する際には融資手数料、保証料、団体し尿生命保険料などがかかってきます。

このような諸費用が一切かからないという面では大きなメリットとなります。

また、住宅ローンを組まないことで契約から引き渡しまでの期間が早くなります。

住宅ローンを組む際には審査を通るか待つ必要がありますね。

この時間がない分手っ取り早く契約を済ませることができます。

ただ、その分容易な契約をしやすくなるとも言えます。

審査待ちの間に考え直すこともできるので、現金で一括購入をする時には事前にしっかりと考えておくことが必要です。

中古や新築マンションを現金で購入するときの注意

現金でのマンション購入を考えている人は、次のようなポイントに注意をしてマイホーム探しをしましょう。

・安くでも修繕費用が高くつく

最近では中古物件を購入してリフォーム工事を行う人が多いです。

中古物件の良さも見直されていますが、老朽化している場合は修繕費用が高くなることがあります。

また、流行りのリノベーション物件もあると思いますが色々な物件を見比べて購入をした方がよいでしょう。

築年数が古い物件は後から問題が発生することがあるので、わかりにくい場合は専門家に物件を見てもらうこともおすすめです。

・営業トークに惑わされない

新築マンションを見学をすると不動産会社の営業さんから後押しをされると思います。

色々な物件を見てから購入をしたいと考えているのなら、しっかりとその旨を伝えましょう。

現金で一括購入を考えていることを伝えてしまうと、より強引にプッシュされることがあります。

その点は伏せておいた方がよいでしょう。

マンションをはローンを組むより現金で購入をした方が損?

・現金で購入すると税金が高くなる?

マンションを現金で一括購入すると、住宅ローンを組むよりも税金が高くなるのでは?という疑問を持つ人がいます。

この理由は、住宅ローンを利用することで住宅取得促進税制いわゆる「ローン控除」を利用できる可能性があるからです。

これは年末の借入残高から数%を所得税から差し引くことです。

しかし、この控除はいつも利用できるわけでもなく、数年後には廃止されるかも知れません。

別の形での税制が決まるかも知れませんが、それを当てにわざわざ住宅ローンを組む必要はないと思います。

つまり、現金で一括購入をした方が損をするということはなく、ただ控除がないということになります。

現金で一括購入をすると税務署から探りが入る

マンションを現金で一括購入するということでメリットがたくさんあることがわかりました。

1番のメリットは、今後住宅ローンに悩むことなく住み続けることができるということですよね。

住宅ローンに関わって来る手数料や諸費用がかからないということで、費用を抑えることができます。

ただ、現金で一括購入をすることにこだわってしまい、手元にある現金を全てつぎ込んでしまうことは危険です。

せっかくマイホームを手に入れたのに生活が困窮してしまうことのないようにしましょう。

ある程度の必要な資金を残した状態で、購入に臨むことが大切です。

また、現金で一括購入をすると税務署から書類が届くことがあります。

大きな金額の住宅を購入をするということで、購入資金の出どころを探られます。

つまり、誰かからの贈与された資金であれば「贈与税」が課税されるからです。

もし自分の親から資金の援助を受ける場合には特例の制度を受けることがあります。

そういった制度についてあらかじめ調べておくことで手続きもスムーズに行えます。

マンションの大きさや築年数を考える

自分の希望をするマンションとはどのようなタイプでしょうか。

マンションにはある程度の基準で見分けることができます。

・マンションの総戸数

マンションを選ぶときにまず考えるのが大きさ、つまり総戸数ではないでしょうか。

静かな環境を希望する場合には小規模マンションを考えるかも知れません。

小規模マンションだと低層住宅も多く落ち着いた環境が整っていることが多いです。

ただ、管理人の勤務時間が短かったり管理費などの負担が大きいことがあります。

そして、総戸数の多いマンションはたしかに人の出入りも多く賑やかな雰囲気があります。

しかし、管理人の常駐時間が長く管理費が安い、また共有施設が充実していることが多いです。

総戸数が200戸を超える場合に、ラウンジやジムやプールなどが完備されていることもあります。

・築年数

新築マンションが希望だけど費用と見合わない場合は、築年数10年以上のマンションがいいでしょう。

これは10年以上を超えた物件は価格が低下をしていることと、耐震性が強化された物件であるということです。

現金でマンションを一括購入を考えるなら、色んな観点から考えて契約をすることが大切です。

 - ライフハック, 経済

ページ
上部へ