知っとく.com

マンションを購入するなら現金一括を目指す!

      2017/09/28

マンションを購入するなら現金一括を目指す!

マイホームを買うなら住宅ローンを組むか、現金で一括購入を目指すか…。

大きな買い物なのでとても難しい問題ですね。

今回は、マンションを現金で一括購入をするということについてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


マンションを現金一括購入をすると得られるメリット

マイホームの購入をするにはたいていの人は住宅ローンを組むと思います。

しかし中には現金を貯めて一括購入を目指す人もいます。

大きなお金を貯めることは容易なことではありませんが、住宅ローンを組む時にもある程度の頭金を用意しておいた方がよいということから、現金を準備することが大切だと分かっています。

今回は、マンションを現金で一括購入をする際のメリット、気になるデメリットについてもご紹介します。

まず大きなメリットをお話します。

現金一括購入をすると、住宅ローンにかかる金利を負担せずに済みます。

住宅ローンを利用する際には融資手数料、保証料、団体し尿生命保険料などがかかってきます。

このような諸費用が一切かからないという面では大きなメリットとなります。

また、住宅ローンを組まないことで契約から引き渡しまでの期間が早くなります。

住宅ローンを組む際には審査を通るか待つ必要がありますね。

この時間がない分手っ取り早く契約を済ませることができます。

ただ、その分容易な契約をしやすくなるとも言えます。

審査待ちの間に考え直すこともできるので、現金で一括購入をする時には事前にしっかりと考えておくことが必要です。

中古や新築マンションを現金で購入するときの注意

現金でのマンション購入を考えている人は、次のようなポイントに注意をしてマイホーム探しをしましょう。

・安くでも修繕費用が高くつく

最近では中古物件を購入してリフォーム工事を行う人が多いです。

中古物件の良さも見直されていますが、老朽化している場合は修繕費用が高くなることがあります。

また、流行りのリノベーション物件もあると思いますが色々な物件を見比べて購入をした方がよいでしょう。

築年数が古い物件は後から問題が発生することがあるので、わかりにくい場合は専門家に物件を見てもらうこともおすすめです。

・営業トークに惑わされない

新築マンションを見学をすると不動産会社の営業さんから後押しをされると思います。

色々な物件を見てから購入をしたいと考えているのなら、しっかりとその旨を伝えましょう。

現金で一括購入を考えていることを伝えてしまうと、より強引にプッシュされることがあります。

その点は伏せておいた方がよいでしょう。

マンションをはローンを組むより現金で購入をした方が損?

・現金で購入すると税金が高くなる?

マンションを現金で一括購入すると、住宅ローンを組むよりも税金が高くなるのでは?という疑問を持つ人がいます。

この理由は、住宅ローンを利用することで住宅取得促進税制いわゆる「ローン控除」を利用できる可能性があるからです。

これは年末の借入残高から数%を所得税から差し引くことです。

しかし、この控除はいつも利用できるわけでもなく、数年後には廃止されるかも知れません。

別の形での税制が決まるかも知れませんが、それを当てにわざわざ住宅ローンを組む必要はないと思います。

つまり、現金で一括購入をした方が損をするということはなく、ただ控除がないということになります。

現金で一括購入をすると税務署から探りが入る

マンションを現金で一括購入するということでメリットがたくさんあることがわかりました。

1番のメリットは、今後住宅ローンに悩むことなく住み続けることができるということですよね。

住宅ローンに関わって来る手数料や諸費用がかからないということで、費用を抑えることができます。

ただ、現金で一括購入をすることにこだわってしまい、手元にある現金を全てつぎ込んでしまうことは危険です。

せっかくマイホームを手に入れたのに生活が困窮してしまうことのないようにしましょう。

ある程度の必要な資金を残した状態で、購入に臨むことが大切です。

また、現金で一括購入をすると税務署から書類が届くことがあります。

大きな金額の住宅を購入をするということで、購入資金の出どころを探られます。

つまり、誰かからの贈与された資金であれば「贈与税」が課税されるからです。

もし自分の親から資金の援助を受ける場合には特例の制度を受けることがあります。

そういった制度についてあらかじめ調べておくことで手続きもスムーズに行えます。

マンションの大きさや築年数を考える

自分の希望をするマンションとはどのようなタイプでしょうか。

マンションにはある程度の基準で見分けることができます。

・マンションの総戸数

マンションを選ぶときにまず考えるのが大きさ、つまり総戸数ではないでしょうか。

静かな環境を希望する場合には小規模マンションを考えるかも知れません。

小規模マンションだと低層住宅も多く落ち着いた環境が整っていることが多いです。

ただ、管理人の勤務時間が短かったり管理費などの負担が大きいことがあります。

そして、総戸数の多いマンションはたしかに人の出入りも多く賑やかな雰囲気があります。

しかし、管理人の常駐時間が長く管理費が安い、また共有施設が充実していることが多いです。

総戸数が200戸を超える場合に、ラウンジやジムやプールなどが完備されていることもあります。

・築年数

新築マンションが希望だけど費用と見合わない場合は、築年数10年以上のマンションがいいでしょう。

これは10年以上を超えた物件は価格が低下をしていることと、耐震性が強化された物件であるということです。

現金でマンションを一括購入を考えるなら、色んな観点から考えて契約をすることが大切です。

 - ライフハック, 経済

ページ
上部へ