知っとく.com

遠方の親戚の葬式を欠席する場合のマナー

      2017/09/28

遠方の親戚の葬式を欠席する場合のマナー

突然の親戚の不幸が起きた場合は出席するのが一般的なマナーですが遠方に住んでいる場合はどうすべきでしょうか。

大変だけど出席するべきか欠席をしてもいいのか、その判断基準はどう考えたらいいのか難しいですよね。

葬式を欠席する場合のマナーや香典の送り方、これからのお墓参りについて考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

【夫が出張で不在】こんな時みんなが食べているご飯を調査!


結婚している主婦にとって、夫が出張で不在の時はち...

友達関係がめんどくさい!遊ぶ約束したのに憂うつになる人の特徴


友達と遊ぶというとても単純な行動に憂うつさを感じ...

警視庁へ潜入!見学ツアーに個人で参加する方法


刑事ドラマなどでお馴染みの場所と言えばそう、警視...

【テスト前日】徹夜で一夜漬けするならこの方法で勉強する!


学生の皆さんの多くはテスト前日になると焦ってしま...

読書レポートの書き方!本読みのコツとポイント


高校や大学などで読書レポートの課題が出された時の...

【彼女と俺】真剣な話し合いをするのに適した4つの場所


彼女と険悪なムードになってしまった時は、1度真剣...

喧嘩から仲直りするコツは3つ!親子の場合教えます


親に向かってついつい反抗的な態度を取ってしまった...

【超多忙】医者の彼氏から連絡こない4つの理由


女性にとって結婚したい憧れの職業の男性TOP3に...

【バツイチ彼氏】元妻に嫉妬してしまう時の3つの心がけ


今の時代、バツイチなんて珍しくもなく身近な人でも...

顧問に「部活を辞めたい」と伝える前に考えたい5つのこと

「中学に入ったら部活を頑張りたい!」

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

スポンサーリンク


遠方に住む親戚の葬式に対するマナーとは?

不幸というものは突然起こるものですが、遠く離れた親戚のお葬式が行われる場合どうしても出席することが難しい場合があると思います。

こういった場合はどのように対応するのが正しいマナーなのかが気になるところ。

離れて住んでいるとはいえ親戚の不幸に何もしないのは失礼にあたります。

そして親戚と言っても近い親戚と遠い親戚が存在します。

どの場合でも離れていても出席しなくてはいけないものでしょうか。

反対にどういった場合なら欠席をしてもよく、その場合はどのような応対をすべきでしょうか。

遠方に暮らす親戚のお葬式についてまとめてみます。

遠方に住む遠い親戚のお葬式を欠席する場合のマナー

遠方の親戚の葬式に出席するか欠席するかの判断のひとつに、その親戚との関係性から判断をすることがあります。

遠い親戚で一度も冠婚葬祭でお会いしたことや関わりがない場合は、弔電を打ち香典とお悔みの手紙を添えて郵送することで失礼にあたりません。

ただし、一度でもお世話になったお相手ならやはり葬儀に出席をすることがマナーかと思います。

どうしても不都合で欠席をしたい場合は直接電話でお悔みの言葉を伝えるべきでしょう。

親戚との関係は遠方に住んでいたとしても、ほかの身内が揃う場合にはやはり顔を揃える意味でも出席をしておいた方がいいですね。

この場合には両親や親族ともよく相談をして判断をした方がいいと思います。

後々に問題にならない方法を考慮して出席か欠席かを判断しましょう。

遠方に住む親戚の葬式や墓参りについて考える

近年では遠方へのお墓参りへ行くということが難しいということで、お墓自体を身近な場所へ移す人が増えています。

お墓自体も霊園の数が足りない場合もあり納骨堂を利用する人も多くなっています。

新たにお墓を建てるためには100万円以上かかることもあり、その費用を考慮しても納骨堂の方が安く済みます。

こちらからわざわざ行かなくても身近な場所へ移すことでこまめにお墓参りをすることができるというメリットがあります。

ただ、遺骨の移動をするためには色々な手続きを行わなくてはなりません。

まずは菩提寺や霊園などの管理人からの許可を得て、さらに役所へ届け出を提出します。

そして残った墓地を解体をして更地にしてや開眼法要を行います。

このような手続きを取ってでもお墓を移したことへのメリットが大きい場合なら考えても良さそうですが、遠方からでもお墓参りに訪れて親戚が集まるという習慣が減っているのも事実です。

遠方に住む親戚の不幸があった場合に駆けつけるかどうかは自分の判断だけで行動せずに両親にも相談をするべきでしょう。

親戚の葬式を欠席するときのマナーと手紙の書き方

遠方に住む親戚の葬式や法事に出席するか欠席するかはその相手との関係によっても大きく違うでしょう。

いくら親戚でも会ったことのない相手ならばマナーさえしっかりと守れば欠席でも構いません。

また、家族での出席を相手側から望まれることもあります。

遠方から家族全員で出向くことはお金の面でも心身の面でも厳しい場合がありますよね。

この場合どうすべきか迷う場合には両親にもよく相談をしてうまく断る方法や費用を抑える方法などを考えてみましょう。

急な葬式を欠席する場合にはすぐに電話でお悔みの電話をし、初七日までに手紙を添えた香典を郵送します。

手紙の内容は「この度は突然のことで、心からお悔やみ申し上げます。本日心ばかりの香典を送らせて頂きます。(氏名)」と書き添えておきましょう。

これを一筆箋に書き、現金を入れた現金書留の封筒へ同封をして送ります。

葬式に届けるお花のサービスを利用してみる

離れている親戚の葬式へどうしても出席できない場合に気持ちを伝える手段として「花を届ける」ということもおすすめです。

参列できない人に代わってご遺族へお供えの花を届けるサービスがあるので利用をしてみましょう。

葬式に花束を持って参列する人はなかなかいないのでお花が届くと喜ばれます。

お花であれば葬儀会場を演出することもでき、故人の柩に入れてもらうことも可能です。

こうしたお花のサービスは葬儀場でも注文をすることができますが、一般のお花屋さんのほうが豪華でリーズナブルだという口コミが多いです。

このようなサービスがあることをぜひ覚えておき、万が一のときにお役立てください。

家族や親戚と離れて暮らしている場合はいかなる事態に備えて日頃から密に連絡を取っておくことで、スムーズな対応ができます。

不幸を想定することはよくありませんが、長い目で考えてそういった場合にはどうすべきかを考えておくことが大切ですね。

 - ライフハック

ページ
上部へ