知っとく.com

電話の相手は?非通知を調べる方法に迫る

      2017/09/28

電話の相手は?非通知を調べる方法に迫る

相手が誰なのかがわからない非通知電話。

そんな電話から何度も着信があるだけでストレスとなり、夜中にかかってきたら睡眠妨害となります。

このような非通知電話の相手を特定する方法はないのでしょうか?

その方法に迫り、非通知電話を拒否する設定方もご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

クラスのグループへの入り方を実践して友達を作ろう!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【悩める受験生へ】不安な気持ちを乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

モテる彼女が心配!職場の飲み会に彼氏が不安を抱く理由はこれ!


男としてはいつだって彼女に何か起きないか心配をし...

【男性必見】彼女が料理をしないタイプということはココで分かる

付き合い初めの頃は彼女がどんな女性であるかをよく分かっていな...

旦那の友達と、妻としての上手な付き合い方 教えます!


学生時代の仲間や会社の同僚など、旦那さんの友達付...

【大学を退学したいなら親に内緒のまま】と悩んだ時の対処法

頑張って受験勉強をして入った大学も、様々な理由で退学したいと...

スポンサーリンク


非通知電話の相手を調べる方法とは?

迷惑な非通知電話は自宅の固定電話や携帯電話にかかってきても、その相手が誰が知りたくなります。

かかってくる時間が夜中であれば睡眠妨害となり精神的にも苦痛を与えられます。

非通知電話の相手を調べる方法はないものでしょうか?

相手は何のために非通知で電話をかけてくるのかを突き止めるべく、着信があったらすぐに出てみたりしますよね。

しかし無言のまま切られてしまうケースが大半であり、これに対応しているだけでウンザリしてしまいます。

このような迷惑な非通知電話の相手を調べる方法について調べ、何とか相手を突き止める方法や非通知電話を拒否する方法をご紹介します。

非通知電話の相手は警察が調べることはできるが一般的には無理

相手がわからない非通知電話を何とか追跡したい!と考えても、実は一般的には相手を特定する方法がありません。

これは非通知電話をかけてくる相手に犯罪行為が認められた場合のみ特定をすることができます。

ただしこれは警察の手によって追跡する方法です。

そして「発信者を知りたい」という理由だけでは調べてもらえません。

もし非通知電話以外にもストーカー行為などの被害があるのであればその証拠を集めて警察へ被害届を提出しましょう。

すぐに受理をされるためにはしっかりと証拠を取るべきです。

そうではなく、非通知電話がかかってきて困っているという場合であれば、電話会社に相談をしましょう。

非通知電話を拒否をする設定を行うしかないと思います。

非通知電話の相手を調べるまでの証拠集め

直前にかかってきた電話番号を教えてくれるNTTの「136」というサービスがあります。

これは固定電話にかかってきた番号を教えてくれるもので、着信があったあとに「136」を押してさらに「1」をプッシュするとガイダンスが教えてくれるというシステムです。

ただし、教えてくれる電話番号はある条件に当てはまる場合は教えてもらえません。

・非通知設定をされている

・公衆電話からの着信

・国際電話

このような場合は教えてもらえないために、やはり非通知電話の相手は特定できないということになります。

しかし何度も不信な着信がある場合は「着信記録」を作りましょう。

その記録を警察へ見せて相談をして相手を特定することができて、というケースもあります。

泣き寝入りをせずにしっかりと証拠を取っていくことが重要ポイントです。

NTTの便利な電話サービス「104」「136」「159」

NTTの電話番号案内サービス「104」「136」「159」についてその内容をご紹介します。

・「104」

料金:60円~/回

知りたい個人名や店名、住所などから電話番号を教えてくれるサービス。

音声案内のアナウンスが2回流れます。

案内のリピートは無制限です。

サービス料金については、月に1度だけの利用なら60円ですが2回目以降については90円となります。

そして深夜(11時~午前8時)の利用は150円と割増料金となっています。

・「136」

料金:30円/回

不在時にかかってきた直前の着信番号を案内してくれるサービスです。

ただし相手が非通知設定をしている場合や、公衆電話、国際電話の場合は通知がされません。

通知されない場合でも料金は発生します。

・「159」

料金:30円/回

こちらからかけた相手が話し中の場合に一旦切って「159」にかけて「1」を押すと、先ほどの相手の電話が終了したときに通知をしてくれるサービスです。

また「3」を押すことで自動的に相手に電話をかけることもできます。

登録の有効期間は45分間。

相手の話し中が続く場合は再登録をしなくてはなりません。

「非通知電話の拒否設定」をしたあとも警戒をすべき理由

何度もかかってくる非通知電話を一気に防ぎたい場合は「非通知電話の拒否設定」で解決します。

これで電話がかかってくることはなくなりますが、場合によっては別の方法で嫌がらせ行為をするケースもあります。

もし何らかの心当たりがある場合はさらなる対策が必要となってきます。

ストーカー行為へと発展しそうであれば証拠をしっかりと押さえておき、警察へと相談をしましょう。

各電話会社の非通知電話の拒否設定

各電話会社の非通知電話の拒否設定をご案内します。

・NTTドコモ

非通知拒否設定を確認する方法

「148」にダイヤル→確認

非通知拒否設定方法

「148」にダイヤル→「1」を選択→設定完了

非通知拒否設定を解除する方法

「148」にダイヤル→「0」を選択→設定を解除

・au

非通知拒否設定方法

「1481」にダイヤル→設定完了

非通知拒否設定を解除する方法

「1480」にダイヤル→設定を解除

・softbank

非通知拒否設定方法

「144」にダイヤル→「1」を選択→「#」を選択→お断りガイダンスを選択→「#」を選択→設定完了

このように各電話会社の非通知電話の着信を拒否することで簡単に撃退をすることができます。

 - ライフハック

ページ
上部へ