知っとく.com

学校をサボると罪悪感が・・・そんな気持ちを解放する方法教えます

   

学校をサボると罪悪感が・・・そんな気持ちを解放する方法教えます

小学校・中学校・高校・大学のうちに、誰でも一度は学校をサボりたいと思ったことがあるでしょう。

サボりたいと思っても、本当にサボるのはなかなか勇気のいることです。

せっかくサボっても、ズル休みをしてしまったという罪悪感に襲われる可能性もあります。

休むためにサボったのに罪悪感を感じていては、心が休まりません。

ここでは、罪悪感を感じなくてすむ方法についてお話します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

【夫が出張で不在】こんな時みんなが食べているご飯を調査!


結婚している主婦にとって、夫が出張で不在の時はち...

友達関係がめんどくさい!遊ぶ約束したのに憂うつになる人の特徴


友達と遊ぶというとても単純な行動に憂うつさを感じ...

警視庁へ潜入!見学ツアーに個人で参加する方法


刑事ドラマなどでお馴染みの場所と言えばそう、警視...

【テスト前日】徹夜で一夜漬けするならこの方法で勉強する!


学生の皆さんの多くはテスト前日になると焦ってしま...

読書レポートの書き方!本読みのコツとポイント


高校や大学などで読書レポートの課題が出された時の...

【彼女と俺】真剣な話し合いをするのに適した4つの場所


彼女と険悪なムードになってしまった時は、1度真剣...

喧嘩から仲直りするコツは3つ!親子の場合教えます


親に向かってついつい反抗的な態度を取ってしまった...

【超多忙】医者の彼氏から連絡こない4つの理由


女性にとって結婚したい憧れの職業の男性TOP3に...

【バツイチ彼氏】元妻に嫉妬してしまう時の3つの心がけ


今の時代、バツイチなんて珍しくもなく身近な人でも...

顧問に「部活を辞めたい」と伝える前に考えたい5つのこと

「中学に入ったら部活を頑張りたい!」

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

スポンサーリンク


学校をサボると罪悪感を感じる学生は多い

誰だって一度や二度は、学校をサボりたいと思ったことはあるでしょう。

しかし、小学校や中学校、高校のうちは親に何と言っていいのか分からずにサボりたい気持ちを持ちながらも学校へ行く人が多いのです。

それでも何とか仮病を使ってサボったのにも関わらず、罪悪感を感じてしまい

「休まなかった方がよかったのかも・・・」

「頑張れば行けたのかも」

「嘘をついてしまった」

という風に自分を責めてしまうでしょう。

実は、多くの学生が学校をサボると罪悪感を感じてしまうのです。

小学生、中学生、高校生の時には学校をサボらなかったという人でも、大学生になるとサボる人がぐんと増えます。

「授業をサボったことがあるか?」というアンケートによれば、「ある」と答えた人は7割以上もいたんです。

このうち何度もサボったことのある人が2割以上と決して少なくありません。

ただ、何度も授業をサボったことがあるからといって何も感じていないわけではなく、7割以上の人が罪悪感を感じているんです。

  • 学費をムダにしてしまった
  • 勉強するために大学に入ったのに・・・
  • 親は学校に行っていると思っているので申し訳ない
  • 仲の良い友達に申し訳ない
  • 1日休んだだけで勉強に遅れた気がする

こういった意見がありました。

何度もサボっているから平気なのではなく、何度サボっても罪悪感は感じてしまうのです。

サボる?サボらない?罪悪感を感じても学校には行きたくない

サボるサボらないは別として、「今日は学校に行きたくないな」という日は誰だってあります。

一般的にどんな理由で人は学校をサボりたくなるのでしょうか。

友人とのトラブル

学生生活を送る上で友人との関係はとても重要になってきます。

友人と喧嘩してしまった、うまくいっていないなどのトラブルがあると学校に行きにくく感じて休みたくなってしまうのです。

イベント時

体育祭や文化祭などのイベントを楽しめる人もいれば、嫌で仕方がない人もいてイベント時に休みたくなってしまいます。

中には最大イベントとも思える卒業式でさえも寂しい気持ちから「行きたくない」と思ってしまうようです。

失恋

彼氏・彼女と別れたり、好きな人にフラれたりと失恋によって学校を休みたいと感じる事があります。

他人からみれば「失恋ぐらい・・・」と思う事でも、本人にとっては大きなことなのです。

特に理由はない

これといった理由はないけれど、

  • なんとなく休みたい
  • 学校は好きだけど行く気がしない
  • なぜか行く気になれない
  • 病気じゃないけど体がだるい

こんな風に感じて休みたいと思ってしまうようです。

このように学校をサボりたいと思う理由は人によって違います。

人によってサボりたいと思う理由が違うので、あなたがサボりたいと感じることは決して特別なことではありません。

学校をサボると決めても罪悪感を感じてしまったときは

せっかく勇気を出して学校をサボったのに、「休まない方がよかったかも」「嘘をついてしまった」と罪悪感を感じていてはもったいない!

確かに学校をサボることは胸を張って「いいことだ!」と言えることではありませんが、学校に行きたくないと感じたのには理由があるはずです。

罪悪感を感じながら休んだって心は安まりません。

では、この罪悪感をなくすにはどうすればいいか?

自分だけじゃない

先ほどからもお話ししているように、学校をサボったことのある人はたくさんいます。

「自分だけが」と思うと心苦しくなってしまいますが、自分だけじゃないと思うと罪悪感も薄れてきますよね。

数日前に休んだ友達も、もしかするとただサボりたかっただけなのかもしれませんよ。

周りは気にしていない

罪悪感と同時に、「周りにズル休みってバレたらどうしよう」「誰かに怪しまれてないかな」という不安が出てきます。

しかし、周りは自分が思っているよりも気にしていないんです。

休みだと知ったときには心配するかもしれませんが、一日中気にしている人なんていません。

休んだらしっかり勉強する

学校の勉強は、一日休んだだけでもみんなに遅れてしまうという不安に感じてしまいます。

そうならないためにも日頃からしっかりと勉強しておくことが大切ですし、休んだ次の日もしっかりと勉強するようにしましょう。

休む前、休んだ後にきちんと勉強することが出来れば何も心配になることはありません。

学校を休むならこの理由!おすすめ仮病3つ

学校を休むには理由が必要です。

ほとんどの人がズル休みをするときには仮病を使うでしょう。

この時、どんな仮病でも良いという訳ではありません。

ズル休みの時に使うおすすめの仮病を3つご紹介します。

頭痛

頭痛は本人にしか分からない症状なのでおすすめです。

頭が痛いときには起き上がるのさえツラい時もあるので学校を休んでも怪しまれる
ことはありません。

腹痛

腹痛も安静にしていれば治る病気なのでおすすめです。

トイレに長時間こもったり、何度もトイレに駆け込むことで腹痛をアピールすることが
できます。

女子なら生理痛がひどいという理由も使えます。

胃痛

腹痛と似ていますが、胃痛もおすすめの一つです。

胃痛は腹痛のようにトイレに駆け込む必要はなく、起き上がると痛いけれど横になると楽だと
いうアピールをします。

どの仮病も“病院に行くほどではないけれど、学校に行くのはツラい”程度のフリをしなければなりません。

ここで「風邪っぽい」「吐きそうなくらいしんどい」と行ってしまうと病院へ連れて行かれる可能性があるので注意が必要です。

そして、どの仮病もお昼過ぎには治ったことにしておきましょう。

一日中ツラい顔をしていることも病院受診のきっかけになってしまいます。

だからといって急に元気になるのは禁物ですよ。

自分のために学校を休むことを許してあげよう

いかがでしたか。

学校をサボったときの罪悪感についてお話ししてきました。

あなたが学校をサボりたい、サボった理由は何ですか?

勉強や、友人関係、恋愛というようなはっきりと理由が分かっている人もいれば、ただなんとなく学校を休みたいと思った人もいるでしょう。

「ただなんとなく」と自分は思っていても、自分でも気づかないうちに心が疲れていることだってあります。

“理由はないけれど休みたい”は本当は理由があるはずなんです。

つまり、親に嘘を付いてでも学校を休みたいと思ったのであれば、心や体が休む事を必要としているということです。

休む事を必要としていなければ嫌だな~と感じても休まずに行けるでしょう。

休んだということは休む必要があったんです。

だからそんなに罪悪感を感じる必要はありません。

「サボってしまった」ではなく「休む必要があった」と思ってゆっくり休むようにしましょう。

明日からまた頑張れるための休みなので、休んだ自分を責めないことが大切です。

ただ、一日休んでも学校に行けない、行きたくないというのであれば自分が思っている以上に心が疲れてしまっているので一人で悩まずに誰かに相談するようにして下さいね。

 - ライフハック

ページ
上部へ