知っとく.com

金魚の病気のひとつ目が飛び出す「ポップアイ」について、対処法はこれだ!

      2017/09/28

金魚の病気のひとつ目が飛び出す「ポップアイ」について、対処法はこれだ!

飼っている金魚の目がなんだか飛び出して見えるのは「ポップアイ」という目の病気が疑われます。

病気が進むと命を落とすこともあるのでこれからご紹介する対策方法を試してみてください。

また病気を防ぐための水質管理の注意点もまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

no image
怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理 教えます!


結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと思って...

【隣の大学生】アパートでの騒音トラブルの対策と注意点


アパートの住人にとって最もイライラするのが「隣人...

高校の入学願書は誰が書く?注意すべき5つのポイントと正しい手続き


これから高校受験を控えている人は、受験勉強はもち...

私って間違ってる?正しい洋服の洗濯頻度 教えます!

自分のやり方が周りの人と違っているのか、気になることってあり...

スポンサーリンク


目が飛び出す金魚の病気とは?

金魚の目が飛び出してしまい顔に水疱のようなものができた場合は、一体何の病気にかかってしまったのでしょうか。

初めて金魚を飼育している人はとくに戸惑いますよね。

その見た目にも驚いてしまうものですが、金魚がかかってしまう目の病気についてまとめていきます。

病気になってしまったら行うべきことを、ぜひ参考にしてください。

金魚の目が飛び出す病気「ポップアイ」になる原因

目が飛び出したような状態になる金魚の病気は「ポップアイ」と呼ばれるものです。

まるで出目金のような目になってしまったらこの病気の可能性が高いです。

ちなみに出目金は生まれつき飛び出しているので病気ではありません。

ポップアイになると眼圧が異常に上昇してしまい少しずつ目が飛び出してしまうのです。

「ポップアイじゃなくても飛び出すこともある」

病気かどうか判断が難しい症例もあります。

中には出目金じゃないのに生まれつき飛び出している金魚もいます。

エサをよく食べる金魚も飛び出すことがあります。

このような例があるので経過を見て病気かどうか判断しなくてはなりません。

「ポップアイになる原因」

目が飛び出してしまう原因をあげていきます。

・エロモナス菌による感染症

・免疫力の低下

・狭い水槽での過密飼育

・水質の悪化

・敷石、ろ過器内の異常な汚れ

・pH値の異常

・エサの与え過ぎ

まずエロモナス菌の感染を疑います。

エロモナス菌は魚の腸内や水槽の水の中に存在する最近なので、体が弱ったときに感染してしまいます。

「エロモナス感染症の症状」

エロモナス菌にかかると身体の表面に赤班が出たりお腹が膨れる症状がでます。

さらに悪化するとポップアイになり内出血や腹膜炎を起こすこともあります。

これにより命を落とすことも少なくないため、水質の管理を行って予防をすることが大切です。

金魚が目の病気になった時の対処法

目玉が飛び出してしまうポップアイを防ぐためには日ごろの水質管理が大切です。

少し目玉が出ているように見えた場合や眼球が濁っている時は、水槽の6~8割程度の量の水を交換しましょう。

フィルターの掃除も行いそのまま2~3日様子を見れば症状は落ち着くでしょう。

もしエロモナス菌に感染したのなら「塩水浴」または「アグテン薬浴」を行います。

塩水は0.5~0.8%で行ってください。

「グリーンFゴールド(顆粒)薬浴」を行う方法もあります。

もし症状が進んでしまった場合は「観パラD薬浴」を行います。

ここに8%の塩水をプラスしてもいいでしょう。

これを3~5日続けて症状が落ち着いてきたら「0.5%塩水浴」に切り替えてさらに1週間様子を見ます。

目に充血が見られる場合は水深を15㎝程度の浅い状態にして眼圧を減らします。

金魚の病気を治療する際の注意点

ポップアイを完治させるために次のことに注意をしましょう。

・エロモナス菌の感染による場合

もし1匹の金魚がポップアイになったらほかの金魚への感染を防ぐために水換えとフィルターの掃除を行います。

感染が見られる金魚は別に移し「0.3~0.5%の塩水浴」を約5日間行いましょう。

塩水浴を行う場合は毎日水替えを行うことが重要です。

また、水槽で塩水浴や薬浴を行う場合は水草などは取り出しましょう。

そのまま入れておくと枯れてしまいます。

またろ過機を取り付けている場合は薬の効果を吸着してしまうのでこちらも取り出しておきます。

・治療中のエサ

回復するまではエサは与えません。

・ヒーターの使用について

ポップアイの場合は水温を上げてしまうと眼圧を上げてしまうことになるので使用はしません。

これはほかの病気にかかっている場合でも基本的にはヒーターの使用はしない方がいいです。

温度を上げることで負担が大きくなってしまいます。

金魚の水槽の水換え方法

金魚の病気を防ぐために水槽や水質の管理を行うことが大切です。

水槽の水換えについての正しい方法を覚えましょう。

1.電気器具の電源を切る

まずヒーターやポンプなどの電源をオフにします。

これは関電防止や異常加熱から防ぐためです。

2.コケを取る

いきなり水を抜くのではなくまずはコケをスクレーパーやスポンジなどでこすり問います。

3.水槽の水を30%ほど抜く

プロホースなどを使って少し抜きます。

いきなり全て抜いてしまうと水中のバクテリアを失うことになり魚の健康を害する恐れがあります。

4.新しい水を用意する

水換えの前日からバケツやペットボトルなどに入れてカルキ抜きをしておきます。

新しい水が水槽の水より冷たい場合はお湯で調整をします。

5度以上冷たい水になると体調を崩してしまうので注意をしましょう。

水換えのたびに金魚の元気がなくなるのは水中のバクテリアが失われるからです。

病気を防ぐためにも上手に水質を保ちましょう。

 - ペット

ページ
上部へ