知っとく.com

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

   

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてうちの夫は不参加なんだろう」そう感じている人も多いでしょう。

「私はこんなにも大変なのにどうして手伝ってくれないの?」

とイライラが募って夫婦の間にも嫌な空気が流れ出してしまいます。

イライラしてしまう気持ちは分かりますが、まずは、どうして育児に不参加なのかを考えてみて下さい。

夫の気持ちを考えてみることも大事なのです。

ほんのちょっとしたことで夫がイクメンに変わるかもしれませんよ。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


夫が育児に不参加でイライラする!イライラは解消しておこう!

育児に休みなんてありません。

毎日子供と向き合っていると「休みたい」「一人になりたい」そう思うのは当たり前の
こと。

それなのに夫は育児に不参加・・・

夫へのイライラ

  • 子供がどんなに夜泣きをしていても起きずに、グーグーといびき
  • 子供と遊んであげてとお願いしたのに、子供がおもちゃで遊んでいる横でスマホを触っている
  • 子供と遊ぶより自分の趣味の方が大事
  • 抱っこしていても子供が泣いたらすぐに渡してくる

これ、かなり腹が立ちますよね。

毎日のように夫にイライラしていませんか?

このイライラを溜めてしまうとそのうち爆発してしまいますし、夫婦仲も険悪になってしまうので、夫に感じたイライラは適度に解消しておかなければなりません。

夫へのイライラ解消法

  • 自分の分だけスイーツを買ってこっそり食べる
  • 気持ちを分かってくれる友達に話を聞いてもらう
  • イライラする事を紙に書き出す

大事なのはイライラを溜めてしまわないということです。

全てを解消するのは難しいことですが、爆発しないように自分なりのイライラ解消法を見つけてみましょう。

どうして夫は育児に不参加なのか?その理由とは

夫が育児に不参加なのは妻として腹が立つと思います。

もっと積極的に育児に参加してくれたらと思うのも当然。

それなら先に、夫が育児に不参加である理由を考えてみるのも大事なのではないでしょうか。

父親としての自覚がない

女性は妊娠中に母親になることを実感し出産してすぐに親としての自覚が持てますが、男性はその自覚を持つのに時間がかかると言われています。

夫が自分の趣味や遊びを優先しているのであれば、まだ父親としての自覚がない可能性が高いでしょう。

何をしていいのか分からない

妻が大変なことは分かっているのだけれど、一体何をしていいのか分からないという男性は意外と多いんです。

子供が泣いていてもどうやってあやせばいいのか分からない、オムツを替えるのもミルクをあげるのもどんなやり方をしていいのか分からないので育児に参加できないのです。

仕事が忙しくて時間がない

夫は妻や子供を養うために働かなければなりません。

仕事が忙しくて夜遅くに帰ってくるので、育児には参加しようとは思っていても
「早く寝たい」というのが本音でしょう。

仕事を切り上げて早く帰ってこられたらいいのですが、育児のために早く帰ってくると
いうのはなかなか実践することが出来ません。

育児に不参加だからといって皆が同じ理由とは限らないんです。

参加したくても参加できない場合もあるということを覚えておいて下さいね。

育児に不参加な夫をイクメンに!気を付けるべき3つのこと

育児に参加する夫と、参加しない夫であれば参加する夫であって欲しいのは当たりまえ。
そのためには妻として気を付けなければならないことがあるんです。

気を付けるべき3つのこととは?

優しくお願いする

妻が家事や育児で忙しくしているのにソファに寝転んでテレビを観ている夫を見るとイライラして

「ちょっと子供のオムツくらい替えてよ!」「手伝ってくれたって良いじゃない!」と強く言ってしまいがち。

気持ちはわかりますが、それでは夫も気分が悪くなってしまいます。

「ごめん、オムツ替えてくれると助かるんだけど」「手が離せないから○○してもらってもいいかな」

こんな風に優しくお願いしましょう。

感謝を忘れない

育児は妻が一人でするものではなく、夫婦二人でするものです。

夫も育児に参加して当然だ!と思うかもしれませんが、今まで育児に参加してきてない夫であれば「一緒にやる」というよりも「手伝っている」という気持ちの方が強いでしょう。

夫が育児に少しでも参加してくれたときには「ありがとう」の感謝を忘れないようにします。

そうすれば「また手伝おう」という気持ちになり、妻に対しても感謝してくれるようになります。

文句を言わない

抱っこの仕方、オムツ替え、ミルクの飲ませ方など妻にとっては簡単なことでも、育児に慣れていない夫にとってはとても難しいことです。

手際が悪いとついつい「もっとこんな風にして」「そのやり方はよくない」など言いたくなってしまいますが、その一言で夫は一気にやる気をなくしてしまいます。

言いたい事はグッと我慢して夫のやり方を見守りましょう。

この方法で夫をイクメンにしよう!試してほしい3つのこと

夫が育児に参加してくれるようになるにはどうすればいいのでしょうか。

ここでは夫をイクメンにするために試してほしい3つの事についてお話していきます。

夫をイクメンに!試したい3つのこと

①夫だけの仕事を作る

最初から何もかも手伝ってもらおうとすると、夫にもハードルが高いので何か一つだけ
夫だけの仕事を作りましょう。

例えば休みの日は子供をお風呂にいれてもらったり、休日のオムツ替えを完全に夫に
任せてしまうのです。

もちろん手出し口出ししてはいけません。

何か一つでも完璧にこなせるようになれば夫の自信に繋がりイクメンへと変わっていくでしょう。

②褒めて褒めて褒めまくる!

夫が少しでも育児に参加したときは、どんな結果であっても褒めるようにします。

「昨日より上手くなってる!」「私がやるより○○ちゃんが喜んでる」

こんな風に褒めてあげると夫もいい気分になり次に繋がります。

③子供と二人の時間を作る

夫は子供と二人になる時間がほとんどないため、子供が泣いたときにすぐに妻に頼って
しますのです。

休日に10分~15分程度で構わないので夫と子供を二人っきりにしてみましょう。

何か起きても自分で解決策を見つけてくれるでしょう。

育児が辛くなってしまわないように一人で頑張りすぎないで

いかがでしたか。

夫が育児に不参加である理由や対処法についてお話してきました。

「どうせお願いしても手伝ってくれない」

「何をやらせても見てるだけでイライラするから自分でやってしまおう」

今までそんな風に諦めて自分一人で頑張ってきた人も多いでしょう。

でも、一人で頑張りすぎると育児が辛いものになってしまいます。

育児が辛くなってしまうと、気持ちに余裕がなくなり愛する子供に八つ当たり
しちゃうことも出てきます。

そして自己嫌悪に陥って反省してもまた明日も同じように繰り返してしまう・・・

育児は一人でするものではありません。

夫だってそれを分かっているはずです。分かっているけれど、その一歩が踏み出せずに
もがいているのかもしれません。

ほんのちょっと言い方を工夫したり、簡単なことから始めてみれば夫だってイクメンになる可能性は高いんです。

一人で頑張りすぎて育児が辛くなってしまうまえに、夫に育児に参加してもらいましょう。

ママが笑顔でいること、子供にとってはそれが一番なのですから。

 - 子育て

ページ
上部へ