知っとく.com

後輩にイライラしちゃう・・・部活での接し方教えます

   

後輩にイライラしちゃう・・・部活での接し方教えます

中学生・高校生になると部活動も本格的になり、自分の興味があることや好きなことを真剣に頑張りたいと思うもの。

ただ、どんな部活であっても自分一人で行うというのは難しいでしょう。

同じ学年だけでなく、2年・3年になると後輩も出来てきます。

この後輩との付き合いって難しいことがあって、イライラしてしまうことも少なくありません。

後輩にイライラしてしまったときの接し方を覚えておく必要がありますし、後輩に嫌われない先輩になることも必要なのです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


部活にこんな後輩がいたらイライラする!その特徴とは?

部活の規模が多ければそれほど色んな性格の人がいるということになり、後輩も多くてイライラするという事が増えるでしょう。

もちろん、全ての後輩に対してイライラするわけじゃないですよね?

「可愛がってあげよう」と思える後輩もたくさんいると思います。

では、イライラする後輩ってどんな特徴があるのでしょうか。

タメ口で話す

少人数の部活などでは、みんな仲良し!という感じで先輩・後輩という意識が薄くなりがち。

そのため後輩が先輩に対してタメ口で話すようになることも少なくありません。

完全なタメ口ではなくても「そうっすね」「マジですか~」など正しくない敬語を使ってくるのに対してイライラしてしまいます。

サボる

周りが頑張って練習しているのにサボっているとイライラするのは当然。

注意をしても聞くのはその時だけで、手を抜いたり楽をしようと考えているのは丸わかり。

自分が部活に一生懸命にやっていればいるだけサボっている後輩にはイライラします。

先輩なめている

悲しいことに、部活内での実力が自分よりも上の後輩っているんですよね。

実力が先輩よりも上である場合、先輩をなめてしまう後輩がいます。

注意してもきかない、挨拶すらきちんとしないということもあり先輩としての顔が潰れてしまいます。

いくら実力が高いからといって、そういった態度をする後輩にイライラするのは当然ですよね。

部活でのイライラする後輩への対処法は?

後輩にイライラしてしまう理由は人それぞれでしょう。

では、後輩にイライラしてしまったときはどのように対処すればいいのでしょうか。

1.しっかりと注意する

先輩は何を言っても怒らない、何をしても注意しないという意識があれば後輩の態度はどんどんひどくなってしまいます。

「後輩に嫌われたくない」という気持ちから、注意せずに我慢してしまうのはよくありません。

ダメなことはしっかりと注意して、後輩の態度が治るようにしましょう。

2.誰かに相談する

どんなに注意をしても先輩を尊敬していなかったり、なめてしまっていればその声は届きません。

しかし、自分ではない誰かが注意すれば聞くようになる可能性はあります。

自分一人で解決出来ないのであれば、同じ部活内の同級生や顧問の先生に相談してみましょう。

3.放っておく

1・2をしたのにも関わらず、何も態度が変わらないという場合には放っておくしかありません。

後輩のダメな部分に、周りもイライラを感じていることでしょう。

そうであれば、部活をみんなと上手くやっていくことも難しくなります。

先輩・後輩の関係が上手くできないということは、社会に出ても苦労することでしょう。

周りがどれだけ言っても気づかない、治らないというのであれば後輩が自分自身で気づくしかないのです。

知っておきたい!後輩は部活のこんな先輩にイライラする

部活動をしている中で「(あの後輩)イライラする!!!」と思っているのはあなただけではないかもしれませんよ。

後輩だって先輩に対して「イライラする!!!」と思うことだってあるんです。

イライラする先輩の特徴とはどういったものがあるのでしょうか。

いくつも当てはまっていれば要注意です。!

  1. とにかく偉そう
    先輩というだけで高圧的で偉そうな態度を取る先輩には腹が立ちます。
    後輩としては怖いから話は聞いていますが、尊敬することはありません。
  2. 後輩をパシリに使う
    後輩に何でも押しつけたり、部活に全く関係のない用事を頼んだりとパシリに使う先輩は嫌われます。
    用事を頼むことが当たり前だと思い、お礼を言わないなんてこともあるようなのでイライラされても仕方がないですね。
  3. 自分の機嫌で態度が変わる
    自分の機嫌が良いときには後輩にも優しく、機嫌が悪いとちょっとしたことで怒ったり八つ当たりをしてきたり。
    先輩の機嫌に振り回される後輩はたまったもんではありません。
  4. 無視する
    先輩・後輩なら挨拶は大切。
    先輩に会って大きな声で挨拶をしても無視されてしまう。
    何度挨拶をしても無視される・・・
    もちろん挨拶をしなければ注意されてしまい、「じゃあちょっとは返事してくれよ」と思ってしまうのです。

いかがですか?

当てはまるものはなかったですか?

一つでも当てはまるものがあれば気をつけたいところですね。

後輩に好かれる先輩になりたい!どうすればいい?【3つのポイント】

部活で後輩に好かれる先輩と嫌われる先輩、どちらになりたいですか?

きっと多くの人は好かれる先輩になりたいと思うのではないでしょうか。

では、後輩に好かれる先輩の特徴をみていきましょう。

  1. 話を聞いてくれる
    先輩だからと意見を一方的に押しつけたり、自分の話ばかりしていると嫌われてしまいます。
    逆に、後輩の意見も聞き入れたり、ゆっくり話を聞いてくれる先輩は後輩からも慕われます。
    後輩が話しかけやすい雰囲気を作る事も大切です。
  2. 尊敬できる
    後輩に好かれるには尊敬できる部分がなくてはなりません。
    実力がある人はもちろんですが、実力がなくても日々頑張っている先輩であれば後輩は尊敬します。
  3. 冷静で感情的にならない
    部活動でトラブルが起きたり、何かミスを起きた場合に取り乱したり感情的になることなく冷静に対処できる先輩は頼りにされます。
    逆に、ミスやトラブルを後輩のせいにしたり、感情的になって怒鳴ったりする先輩には誰も近付きたくありません。

この【3つのポイント】を覚えて実行できれば後輩に嫌われるなんてことはないでしょう。

自分が好きだった部活の先輩が自分のなりたい先輩像

いかがでしたか。

部活で後輩にイライラしてしまった時の対処法や、後輩に嫌われないためのポイントについてお話してきました。

先輩・後輩というのは“友達”ではないので、その関係性に悩んでしまうことも多いでしょう。

頑張って部活動をしたいと思っていても、イライラする後輩が一人いるだけで気分は台無しになってしまいますからね。

でも、後輩には後輩の思いだってあるでしょう。

自分の意見を言いながら後輩の意見も聞いてあげて下さい。

“怒らない”“とにかく優しい”がいい先輩というわけではありません。

“悪いところはきちんと叱り、その後はきちんとフォローする”というのがいい先輩なのです。

「そんな事言っても、どんな先輩になっていいのか分からない・・・」という人もいるでしょう。

答えは簡単!

あなたが先輩からされたり言われたりして嬉しかったことを後輩にもしてあげればいいんです。

あなたが先輩からされたり言われたりして嫌だと感じたことをしないように気を付ければいいんです。

そうすればきっと素敵な先輩になれるはず。

後輩との関係が良くなって部活が今以上に楽しくなりますように願っています。

 - ライフハック

ページ
上部へ