知っとく.com

cdの音楽をスマホのsdに入れる簡単な方法

   

cdの音楽をスマホのsdに入れる簡単な方法

お気に入りの音楽のcd、スマホに入れていつも聴きたいですね。

パソコンを立ち上げて、スマホに取り込もうとしたら、本体なのかsdなのか、またどの部分に入れたらいいのか迷う事はないですか?

いつもの音楽プレーヤーアプリで聴くには、どのように入れたらよいのでしょう。

実は、パソコンを使わなくても音楽を取り込む方法があります。

設定なども簡単でサクッとアルバムごと入れることができる、画期的な商品もあるので、早速チェックしましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


sdカードを使ってスマホにcdの音楽を入れたい

CDの音楽をどうしてもスマホに入れたいのです。色々な方法があると思いますが、できればパソコンを使って、microSDの中に直接取り込んで、そのままスマホで聴けるようにしたいのですが、どうすればいいでしょう。

スマホのsdにCDの音源を取り込む方法

CDの音源をスマホで聴く為には、まず音を圧縮変換する必要があります。変換した音楽をスマホへコピーします。

1.音の変換方法

まず、CDの音源をパソコンのソフトでmp3という形式に変換させる方法です。ソフトはいろいろありますが、ここではWindowに標準で入っているWindows Media Playerの場合を例としてあげます。

1)パソコンのWindows Media Playerを起動します。
上部メニューボタンの中から、「ツール」→「オプション」と選びます。開いた画面の「音楽の取り込み」をクリックします。

2)ここで一旦、上段にある「取り込んだ音楽を保存する場所」をメモをするなど覚えておきます。或いは、自分がわかりやすい場所に保存場所を変更します。

3)中段の「取り込みの指定」の「形式」を「mp3」にチェックします。

4)その下にある「CDの取り込みを自動的に開始する」をチェックします。

5)一番下に「音質」とありますが、スマホでは容量も気をつけなくてはいけないので、もしも語学用であれば「最小」で十分です。きれいな音質にこだわるのならば、容量に気を付けながら選択しましょう。

6)一番下の「適用」→「OK」でパソコンにCDを入れただけで自動的に先ほど指定したフォルダにmp3形式に変換されて取り込まれます。

2.sdへのコピー方法

指定した場所にできたmp3の音源を今度はスマホのSDカードにコピーしていきます。いくつかの方法があり、スマホの機種や、SDカードの種類によっても異なります。

SDカードリーダライタという周辺機器があれば、そこにスマホから外したSDカードを入れて、パソコンから音楽ファイルを書き込めます。

また、パソコンにSDカードスロットがついていれば、直接SDカードをパソコンに差し込んで書き込むことができます。

もしも、カードリーダーなど使えないようなパソコンの場合は、パソコンとスマホをUSBケーブルで接続し、直接音楽ファイルをコピーするしかないですね。

いずれにしても、mp3にさえしておけば、Android用の色々な音楽プレイヤーで再生できると思います。

スマホのsdに入れたcd音源が見つからない時の対処法

音楽CDをスマホに取り入れて、SDカードに入っているはずなのに、どこにいったのかわからないという場合もありますよね。

こんな時は、一度SDの管理情報を消して更新すれば、新しい管理情報を作ることができます。音楽プレーヤーや動画プレーヤーは、この管理情報を使っているので、正しく反映させるために、新たに設定する必要があるのです。

但し、他の大事な情報も消えてしまう可能性があるので、必要なデータを必ずバックアップしてから試してみましょう。

SDカードのどの階層にどんなデータが入っているのか書かれているのがSD管理情報です。設定から、アプリケーションを選択、アプリケーションの管理を選択します。

全てのタブの中にあるメディアスレレージを選択、データの消去をタップすると、一度管理情報が削除されます。

それから、電源を再起動させると、管理情報が最新のものになっています。

稀に不具合が起きることもありますので、自己責任において行いましょう。

スマホの音楽は「cdレコ」で一気に広がる

スマホにcd音源を取り込むのが面倒だと思っている人も多いでしょう。結局どこに入れたのかわからなくなったり、いちいち音源を変換したりと手間もかかります。

そんな人には朗報の取り込み方法があります。

それは、株式会社アイ・オー・データ機器のAndroidスマホ向け音楽CD取り込みドライブ「CDレコ」です。たまたま、ブログスカウト事務局がモニター企画を行っていたので、参加して使い勝手をチェックしてみました。

これがあれば、パソコンがなくてもCD音源をスマホに簡単に取り込むことができます。

直接Androidのスマホに接続して、無料の専用アプリで音楽を取り込むだけ、まるで外付けのCDドライブという感じで、思った以上に簡単でした。

曲のタイトルや、アーティスト名などもネットから自動的にデータの紐付けされます。いちいち自分で後付しなくていいので便利です。

CDまるごとお任せでいいので、今まで放置していたアルバムなどガンガン入れれそうです。

所要時間

取り込むのに必要な時間は、CD一枚に対し5分ほどでできましたよ。意外と早く取り込めたので、たくさんあるCDを一気に入れても気になりませんでした。

容量

取り込める容量は、音質や音の長さにもよりますが、大体35枚のCDを取り組んだ場合は、1.7GBになりました。

音質

・高音質(256kbps)
・標準(128kbps)
・長時間(96kbps)

補足

CDのジャケット画像は自分で撮影したものを付けました。カメラ付きスマホなのでとっても楽です。

iPhoneの場合は、iTunesにお任せ

スマホの中でも、iPhoneに音楽を入れる場合は、iTunesを使えば簡単にCDの音楽を入れることができます。

アップルから無償提供されているiTunesは、Mac用とWindows用があり、Macの場合は最初からついていますが、Windowsの場合はサイトからダウンロードして使います。

まず、パソコンでiTunesを起動しCDを入れて音楽データを取り込みます。アルバムやアーティスト名で分けたり、ジャンルごとの分類などもできます。

スマホに取り込みたい場合は、パソコンとスマホを接続した時に、取り込みたい曲を選択すれば、自動転送することができます。

何よりもiTunesを使うと、音楽ファイルの管理が楽できます。パソコンとスマホ両方で同じことができるので、ストレスがありません。また、足りない曲や探しているものをネットで補ったり、聴き放題の設定も利用できるので便利です。

 - スマホ・携帯

ページ
上部へ