知っとく.com

cdの音楽をスマホのsdに入れる簡単な方法

   

cdの音楽をスマホのsdに入れる簡単な方法

お気に入りの音楽のcd、スマホに入れていつも聴きたいですね。

パソコンを立ち上げて、スマホに取り込もうとしたら、本体なのかsdなのか、またどの部分に入れたらいいのか迷う事はないですか?

いつもの音楽プレーヤーアプリで聴くには、どのように入れたらよいのでしょう。

実は、パソコンを使わなくても音楽を取り込む方法があります。

設定なども簡単でサクッとアルバムごと入れることができる、画期的な商品もあるので、早速チェックしましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【学校の友達が合わない】と悩んでいるあなたに伝えたいポイントと対策

学校を楽しいと感じることもあれば、楽しくないと感じることだっ...

【不安解消!】教授からメールの返信こない時の対処法

大学生になれば教授とメールのやりとりをすることが出てきます。...

【働くママ必見!】仕事と家庭のストレスを解消しよう!

働くママが増えましたよね。

仕...

夏休みの終わりになると子供は憂鬱に・・親としてできること

夏休みが始まると子供は喜び、親は落ち込みますよね。

たくさんはいらない!ご飯と味噌汁に漬け物さえあれば良し!

毎日しなければならないこと、それは「食事」です。

長電話なんてしたくない!迷惑な女友達への対処法教えます!

電話で話すのは好きですか?

電...

犬が怖い・・・だけど克服したい!おすすめの方法教えます!

ここ数年で犬を飼う人が本当に増えたと思います。

子供のやる気は言葉で変わる!勉強をしたいと思える方法

家で勉強もせずにダラダラしている子供を見ると親としてはイライ...

【女子必見】髪を結ぶとズキズキ!頭痛になりにくいまとめ髪


髪の毛を結んだ時になんだか頭がズキズキした経験は...

家族が病気になった時『かける言葉』とお見舞いの注意点


いつも元気だった家族が突然の病気。

空き缶を回収してお金を稼ぐ?どんな仕組みか教えます!


普段何気なく飲むジュースの空き缶は、外にいる場合...

【長時間の運転】休憩する目安と安全対策


車での旅行や長距離ドライブへ出かけると何時間おき...

【尊敬と恋愛感情の違い】について これってどっち?!

尊敬していた相手に対して恋愛感情を持つということは珍しいこと...

【夫が出張で不在】こんな時みんなが食べているご飯を調査!


結婚している主婦にとって、夫が出張で不在の時はち...

友達関係がめんどくさい!遊ぶ約束したのに憂うつになる人の特徴


友達と遊ぶというとても単純な行動に憂うつさを感じ...

警視庁へ潜入!見学ツアーに個人で参加する方法


刑事ドラマなどでお馴染みの場所と言えばそう、警視...

【テスト前日】徹夜で一夜漬けするならこの方法で勉強する!


学生の皆さんの多くはテスト前日になると焦ってしま...

読書レポートの書き方!本読みのコツとポイント


高校や大学などで読書レポートの課題が出された時の...

【彼女と俺】真剣な話し合いをするのに適した4つの場所


彼女と険悪なムードになってしまった時は、1度真剣...

喧嘩から仲直りするコツは3つ!親子の場合教えます


親に向かってついつい反抗的な態度を取ってしまった...

スポンサーリンク


sdカードを使ってスマホにcdの音楽を入れたい

CDの音楽をどうしてもスマホに入れたいのです。色々な方法があると思いますが、できればパソコンを使って、microSDの中に直接取り込んで、そのままスマホで聴けるようにしたいのですが、どうすればいいでしょう。

スマホのsdにCDの音源を取り込む方法

CDの音源をスマホで聴く為には、まず音を圧縮変換する必要があります。変換した音楽をスマホへコピーします。

1.音の変換方法

まず、CDの音源をパソコンのソフトでmp3という形式に変換させる方法です。ソフトはいろいろありますが、ここではWindowに標準で入っているWindows Media Playerの場合を例としてあげます。

1)パソコンのWindows Media Playerを起動します。
上部メニューボタンの中から、「ツール」→「オプション」と選びます。開いた画面の「音楽の取り込み」をクリックします。

2)ここで一旦、上段にある「取り込んだ音楽を保存する場所」をメモをするなど覚えておきます。或いは、自分がわかりやすい場所に保存場所を変更します。

3)中段の「取り込みの指定」の「形式」を「mp3」にチェックします。

4)その下にある「CDの取り込みを自動的に開始する」をチェックします。

5)一番下に「音質」とありますが、スマホでは容量も気をつけなくてはいけないので、もしも語学用であれば「最小」で十分です。きれいな音質にこだわるのならば、容量に気を付けながら選択しましょう。

6)一番下の「適用」→「OK」でパソコンにCDを入れただけで自動的に先ほど指定したフォルダにmp3形式に変換されて取り込まれます。

2.sdへのコピー方法

指定した場所にできたmp3の音源を今度はスマホのSDカードにコピーしていきます。いくつかの方法があり、スマホの機種や、SDカードの種類によっても異なります。

SDカードリーダライタという周辺機器があれば、そこにスマホから外したSDカードを入れて、パソコンから音楽ファイルを書き込めます。

また、パソコンにSDカードスロットがついていれば、直接SDカードをパソコンに差し込んで書き込むことができます。

もしも、カードリーダーなど使えないようなパソコンの場合は、パソコンとスマホをUSBケーブルで接続し、直接音楽ファイルをコピーするしかないですね。

いずれにしても、mp3にさえしておけば、Android用の色々な音楽プレイヤーで再生できると思います。

スマホのsdに入れたcd音源が見つからない時の対処法

音楽CDをスマホに取り入れて、SDカードに入っているはずなのに、どこにいったのかわからないという場合もありますよね。

こんな時は、一度SDの管理情報を消して更新すれば、新しい管理情報を作ることができます。音楽プレーヤーや動画プレーヤーは、この管理情報を使っているので、正しく反映させるために、新たに設定する必要があるのです。

但し、他の大事な情報も消えてしまう可能性があるので、必要なデータを必ずバックアップしてから試してみましょう。

SDカードのどの階層にどんなデータが入っているのか書かれているのがSD管理情報です。設定から、アプリケーションを選択、アプリケーションの管理を選択します。

全てのタブの中にあるメディアスレレージを選択、データの消去をタップすると、一度管理情報が削除されます。

それから、電源を再起動させると、管理情報が最新のものになっています。

稀に不具合が起きることもありますので、自己責任において行いましょう。

スマホの音楽は「cdレコ」で一気に広がる

スマホにcd音源を取り込むのが面倒だと思っている人も多いでしょう。結局どこに入れたのかわからなくなったり、いちいち音源を変換したりと手間もかかります。

そんな人には朗報の取り込み方法があります。

それは、株式会社アイ・オー・データ機器のAndroidスマホ向け音楽CD取り込みドライブ「CDレコ」です。たまたま、ブログスカウト事務局がモニター企画を行っていたので、参加して使い勝手をチェックしてみました。

これがあれば、パソコンがなくてもCD音源をスマホに簡単に取り込むことができます。

直接Androidのスマホに接続して、無料の専用アプリで音楽を取り込むだけ、まるで外付けのCDドライブという感じで、思った以上に簡単でした。

曲のタイトルや、アーティスト名などもネットから自動的にデータの紐付けされます。いちいち自分で後付しなくていいので便利です。

CDまるごとお任せでいいので、今まで放置していたアルバムなどガンガン入れれそうです。

所要時間

取り込むのに必要な時間は、CD一枚に対し5分ほどでできましたよ。意外と早く取り込めたので、たくさんあるCDを一気に入れても気になりませんでした。

容量

取り込める容量は、音質や音の長さにもよりますが、大体35枚のCDを取り組んだ場合は、1.7GBになりました。

音質

・高音質(256kbps)
・標準(128kbps)
・長時間(96kbps)

補足

CDのジャケット画像は自分で撮影したものを付けました。カメラ付きスマホなのでとっても楽です。

iPhoneの場合は、iTunesにお任せ

スマホの中でも、iPhoneに音楽を入れる場合は、iTunesを使えば簡単にCDの音楽を入れることができます。

アップルから無償提供されているiTunesは、Mac用とWindows用があり、Macの場合は最初からついていますが、Windowsの場合はサイトからダウンロードして使います。

まず、パソコンでiTunesを起動しCDを入れて音楽データを取り込みます。アルバムやアーティスト名で分けたり、ジャンルごとの分類などもできます。

スマホに取り込みたい場合は、パソコンとスマホを接続した時に、取り込みたい曲を選択すれば、自動転送することができます。

何よりもiTunesを使うと、音楽ファイルの管理が楽できます。パソコンとスマホ両方で同じことができるので、ストレスがありません。また、足りない曲や探しているものをネットで補ったり、聴き放題の設定も利用できるので便利です。

 - スマホ・携帯

ページ
上部へ