知っとく.com

cdの音楽をスマホのsdに入れる簡単な方法

   

cdの音楽をスマホのsdに入れる簡単な方法

お気に入りの音楽のcd、スマホに入れていつも聴きたいですね。

パソコンを立ち上げて、スマホに取り込もうとしたら、本体なのかsdなのか、またどの部分に入れたらいいのか迷う事はないですか?

いつもの音楽プレーヤーアプリで聴くには、どのように入れたらよいのでしょう。

実は、パソコンを使わなくても音楽を取り込む方法があります。

設定なども簡単でサクッとアルバムごと入れることができる、画期的な商品もあるので、早速チェックしましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
夜になると体重が1㎏増加!ダイエット成功のカギは「むくみ」対策はこれだ!


朝起きた時の体重と、夜寝る前の体重はおよそ1㎏増...

【夜勤労働】寿命が縮むリスクとDNAを修復する食べ物


社会問題にもなっていますが、今の世の中には夜中も...

子供がピアノの練習しない時の親の正しい対応


子供の習い事ランキング1位であるピアノの話題です...

【母親からの愚痴にイライラ】ストレスを抱える子供の闇と対処法


「ちょっと聞いてちょうだい」と、毎日父親のことや...

【掃除が苦手な人へ】どこから始めるのか迷った時はコレ!


気がつくといつも部屋が汚れている、物で溢れかえっ...

【実家に帰る妻・残された夫】「夫婦喧嘩」をこじらせない3つのポイント


「実家に帰ります!」このセリフと言えば、夫婦喧嘩...

「趣味」と「嗜好」の違いと正しい使い方を教えます


あなたの趣味は何ですか?では嗜好は何ですか? ...

ペットを飼う人の5つの心理を教えます


ペットブームが続く今、ペットを飼う人がとても急増...

風邪を早く治すためには「ご飯を食べない方がいい」はNG!


熱が出たり咳込んでしまうようなツライ風邪を引いて...

子供の中学受験!結果がどうであれママ友とトラブルの可能性

子供が中学受験するとなった場合、ママは全力でサポートしますよ...

犬は飼い主のことを忘れない?そのギモンを解こう!

ここ数年で犬を飼う家庭がグーンと増え、犬も家族の一員であると...

【苦手な人必見】料理好きな人が楽しいと思う理由教えます!

女性だからと言って料理が好き・上手とは限らず、嫌い・苦手だと...

怒りの感情に必要性はあるのか?そう考えるあなたに伝えたいこと

人には喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだりと喜怒哀楽の...

【猫の行動】前足をプルプル振る疑問への答え


飼い猫が水に濡れたわけでもないのに、前足をプルプ...

【自分の性格】変わるのか、変わらないのか?人生を転換させる思考


ふとしたことで、自分の性格がイヤになる瞬間はどん...

緊張で声が変わるのが嫌!人前でも上手く話せる方法教えます!

人前で話すのは得意ですか?

「...

【浪人生】バイトはいつまでする?失敗しない両立生活は、この方法!


浪人になる人にはさまざまな理由がありますが、目指...

ガンコな油汚れを洗濯で臭いごとスッキリさせるコツ!


天ぷらなどの揚げ物をするだけでも油の臭いがこびり...

【本屋でトイレに行きたくなる症候群】について教えます!


なぜ本を眺めているだけで腸や膀胱が活発になるのか...

【夫の給料】上手くいく・貯められる家計の管理 教えます!


結婚したら夫婦の家計は妻が管理するものだと思って...

スポンサーリンク


sdカードを使ってスマホにcdの音楽を入れたい

CDの音楽をどうしてもスマホに入れたいのです。色々な方法があると思いますが、できればパソコンを使って、microSDの中に直接取り込んで、そのままスマホで聴けるようにしたいのですが、どうすればいいでしょう。

スマホのsdにCDの音源を取り込む方法

CDの音源をスマホで聴く為には、まず音を圧縮変換する必要があります。変換した音楽をスマホへコピーします。

1.音の変換方法

まず、CDの音源をパソコンのソフトでmp3という形式に変換させる方法です。ソフトはいろいろありますが、ここではWindowに標準で入っているWindows Media Playerの場合を例としてあげます。

1)パソコンのWindows Media Playerを起動します。
上部メニューボタンの中から、「ツール」→「オプション」と選びます。開いた画面の「音楽の取り込み」をクリックします。

2)ここで一旦、上段にある「取り込んだ音楽を保存する場所」をメモをするなど覚えておきます。或いは、自分がわかりやすい場所に保存場所を変更します。

3)中段の「取り込みの指定」の「形式」を「mp3」にチェックします。

4)その下にある「CDの取り込みを自動的に開始する」をチェックします。

5)一番下に「音質」とありますが、スマホでは容量も気をつけなくてはいけないので、もしも語学用であれば「最小」で十分です。きれいな音質にこだわるのならば、容量に気を付けながら選択しましょう。

6)一番下の「適用」→「OK」でパソコンにCDを入れただけで自動的に先ほど指定したフォルダにmp3形式に変換されて取り込まれます。

2.sdへのコピー方法

指定した場所にできたmp3の音源を今度はスマホのSDカードにコピーしていきます。いくつかの方法があり、スマホの機種や、SDカードの種類によっても異なります。

SDカードリーダライタという周辺機器があれば、そこにスマホから外したSDカードを入れて、パソコンから音楽ファイルを書き込めます。

また、パソコンにSDカードスロットがついていれば、直接SDカードをパソコンに差し込んで書き込むことができます。

もしも、カードリーダーなど使えないようなパソコンの場合は、パソコンとスマホをUSBケーブルで接続し、直接音楽ファイルをコピーするしかないですね。

いずれにしても、mp3にさえしておけば、Android用の色々な音楽プレイヤーで再生できると思います。

スマホのsdに入れたcd音源が見つからない時の対処法

音楽CDをスマホに取り入れて、SDカードに入っているはずなのに、どこにいったのかわからないという場合もありますよね。

こんな時は、一度SDの管理情報を消して更新すれば、新しい管理情報を作ることができます。音楽プレーヤーや動画プレーヤーは、この管理情報を使っているので、正しく反映させるために、新たに設定する必要があるのです。

但し、他の大事な情報も消えてしまう可能性があるので、必要なデータを必ずバックアップしてから試してみましょう。

SDカードのどの階層にどんなデータが入っているのか書かれているのがSD管理情報です。設定から、アプリケーションを選択、アプリケーションの管理を選択します。

全てのタブの中にあるメディアスレレージを選択、データの消去をタップすると、一度管理情報が削除されます。

それから、電源を再起動させると、管理情報が最新のものになっています。

稀に不具合が起きることもありますので、自己責任において行いましょう。

スマホの音楽は「cdレコ」で一気に広がる

スマホにcd音源を取り込むのが面倒だと思っている人も多いでしょう。結局どこに入れたのかわからなくなったり、いちいち音源を変換したりと手間もかかります。

そんな人には朗報の取り込み方法があります。

それは、株式会社アイ・オー・データ機器のAndroidスマホ向け音楽CD取り込みドライブ「CDレコ」です。たまたま、ブログスカウト事務局がモニター企画を行っていたので、参加して使い勝手をチェックしてみました。

これがあれば、パソコンがなくてもCD音源をスマホに簡単に取り込むことができます。

直接Androidのスマホに接続して、無料の専用アプリで音楽を取り込むだけ、まるで外付けのCDドライブという感じで、思った以上に簡単でした。

曲のタイトルや、アーティスト名などもネットから自動的にデータの紐付けされます。いちいち自分で後付しなくていいので便利です。

CDまるごとお任せでいいので、今まで放置していたアルバムなどガンガン入れれそうです。

所要時間

取り込むのに必要な時間は、CD一枚に対し5分ほどでできましたよ。意外と早く取り込めたので、たくさんあるCDを一気に入れても気になりませんでした。

容量

取り込める容量は、音質や音の長さにもよりますが、大体35枚のCDを取り組んだ場合は、1.7GBになりました。

音質

・高音質(256kbps)
・標準(128kbps)
・長時間(96kbps)

補足

CDのジャケット画像は自分で撮影したものを付けました。カメラ付きスマホなのでとっても楽です。

iPhoneの場合は、iTunesにお任せ

スマホの中でも、iPhoneに音楽を入れる場合は、iTunesを使えば簡単にCDの音楽を入れることができます。

アップルから無償提供されているiTunesは、Mac用とWindows用があり、Macの場合は最初からついていますが、Windowsの場合はサイトからダウンロードして使います。

まず、パソコンでiTunesを起動しCDを入れて音楽データを取り込みます。アルバムやアーティスト名で分けたり、ジャンルごとの分類などもできます。

スマホに取り込みたい場合は、パソコンとスマホを接続した時に、取り込みたい曲を選択すれば、自動転送することができます。

何よりもiTunesを使うと、音楽ファイルの管理が楽できます。パソコンとスマホ両方で同じことができるので、ストレスがありません。また、足りない曲や探しているものをネットで補ったり、聴き放題の設定も利用できるので便利です。

 - スマホ・携帯

ページ
上部へ