知っとく.com

肺に白い影?レントゲンで再検査となってしまう理由

      2017/11/08

肺に白い影?レントゲンで再検査となってしまう理由

健康診断の結果で「肺に白い影が見つかった」と書かれていたら…不安で夜も眠れなくなってしまいますね。

ほとんどの場合は再検査で異常が見つかることは少ないとか。

ではなぜ白い影となって映るのでしょうか?この疑問について迫ってみます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【豆腐メンタル】精神的に弱い夫を強くする方法


熱が出た、ゴキブリが怖い、上司が嫌だ…「うちの夫...

手の指先に痛みを感じる!原因不明のズキズキの正体は これ!


なぜか最近指に痛みが走る、そう悩んでいる人の正体...

剣道部に入りたい女子へ!中学から始めることへのアドバイス


剣道部が気になるけど迷っている女子の人へ。 <...

【孤独で辛い…】不安でいっぱいになる人へのアドバイス


1人でいる時に孤独や不安に襲われてしまう…そんな...

【親の負担ゼロ】大学にかかる費用を全て自分でまかなう方法


親の援助を借りずに大学へ進学することは無謀なこと...

筋トレ女子注意!若い女性の身体が臭い原因と改善方法


スタイルもよく綺麗な若い女性の間で「臭い」が問題...

【なぜヘルペス?】症状が治まらない頭痛が起きる原因はコレだった!


ズキズキと痛む頭痛がいつものように薬で治まらない...

【欠勤の理由が子供の病気の時】職場への伝え方と上手なフォロー!


子供が急な発熱を起こしたりケガをした場合、職場に...

顔のコンプレックスを克服する5つの方法を教えます


鼻が低い、目が重たいなど顔のコンプレックスを持っ...

息子が彼女を家に連れてくる!緊張しても覚えておきたい4つのこと

父親は娘の彼氏が気になるもの。

【クラスのグループへの入り方】実践編!


教室のドアを開けてみたら知らない友達ばかり。 ...

【受験が不安】高校受験にむけた不安を乗り切るコツ 教えます!


高校の受験へ向かって勉強をしているけど、不安な気...

中学の部活って入らないとダメ?帰宅部を選ぶとこうなる


中学に行ったら部活に入らないとダメなのか?と悩む...

【面倒くさい!】プライドの高い旦那と上手く付き合うコツ


プライドの高い旦那を持つ女性たちは、日々わがまま...

ウーパールーパーの飼い方!水槽が泡だらけになった時の対処法


かわいいウーパールーパーの飼育を始めたけど、水槽...

子供が学校で友達とトラブルに!親ができること・してはいけないこと

幼稚園や保育園の頃は子供の友達関係を把握できていたのに、小学...

夫が育児に不参加でイライラ!気を付けたい&試したい3つのこと

育児に積極的に参加する夫が増えたのにも関わらず、「どうしてう...

【友達が少ないのが悩み】本当の友達とは?ヒントはこれ!


「友達が少ない…」そう悩む人が最近増えているよう...

【高校の部活を辞めたい】本当につらい時に起こすべき行動とは


「部活を辞めたい」と考える高校生の多くは今置かれ...

実はプライドが高い!注意しなければならない子供の叱り方

子育てする上で【褒めること・叱ること】は必要な事であり、特に...

スポンサーリンク


肺のレントゲン結果が「再検査」と書いてあったら?

健康診断の結果を開き、胸部X線の検査が「要再検査」と書かれていた場合は何の病気に侵されているのかと不安になるものです。

たとえば所見のところに「右肺門腫塊状陰影が見られる」と書かれてあったとしましょう。

この場合はどんな病気の可能性があるのでしょうか。

インターネット検索をしてみるとおそらく「肺がんの可能性がある」と出るかと思うでしょうけど、本当にがんなのでしょうか。

健康診断ではいつも正常だったのに…と、まるでこの世の終わりのように感じる人もいると思います。

このように、レントゲン検査で「再検査」と言われる人は病気なのか、実は何かの間違いである可能性があるのか気になると思います。

今回は「肺のレントゲン検査の再検査」について迫ってみたいと思います。

肺のレントゲンの再検査は病気ではないことの証明にもなる

先ほどの「右肺門腫塊状陰影が見られる」と所見に書かれているのはどういうことでしょうか。

これは右肺の「肺門」と呼ばれる肺の内側の中心付近に影の塊のようなものが見られたということです。

どんな再検査を行うのかと言うと、レントゲンに映った影の程度によってはCTスキャンが必要となります。

これがもし病気による影であれば肺がんの可能性が高くなります。

しかし肺門には気管支や血管が入り組んでいるため、これが塊のようになり影として映っていただけという場合もあるんです。

再検査と言われ、もしかしたらがんなのではないか?と落ち込んでしまうのは早いです。

全くそうでないことも多いので、いち早く再検査を行いましょう。

肺のレントゲン検査で再検査となりやすい影の原因

肺のレントゲン検査で影として映るものとして考えられるものをあげていきます。

・炎症

・風邪を引いている

・血管

・骨

・喫煙によるもの

このような原因が影として映り込みます。

よくあるのがちょっとした炎症が影となって写り、再検査をした時にはよくなっていたということです。

あとは風邪を引いていても影となって写ります。

自覚症状がないのに…と不安になっていたけど結局は血管と骨が写り込んでいたということもよくあります。

また、タバコを吸っているまたは吸っていた人も影となって写りやすいです。

健康診断の再検査で異常が見つかるのはごく一部

肺に影が写り込んだ場合は必ず「再検査」となります。

健康診断を受ける人は病気を早期発見するという目的を持っています。

よって小さな見落としをしないためにも影が強調されるように撮影を行い、所見を行う医師も判断に迷うものは全て再検査にします。

このように再検査を受ける大部分の人がとくに問題がない人で、本当に病気が見つかる人はごく一部の人です。

レントゲン検査というものは影絵のように映るため、血管や気管支が影となって映るだけではなく乳頭もそのように映ることもあります。

ほかにも肋骨の太い部分が白く映ることもあることから、再検査になったとしても不安になり過ぎないことが肝心です。

胸部X線検査では肺疾患のほかにも心疾患も発見できる

健康診断の胸部X線検査ではどんな病気を発見することができるのかをまとめていきます。

検査段階では「所見あり」とされ、病気として診断されるのは再検査を受けてから医師が判断をします。

そして病気は肺だけではなく心臓の異常も発見ができます。

検査結果に影が出ることで疑われる病気は心臓肥大や大動脈瘤などの心疾患、肺結核や肺気腫などの肺疾患です。

心臓や肺の形や位置の影が正常ではないと判断されると「所見あり」「要再検査」となっています。

しかしこの影のほとんどは問題がないことも多いのですが、健康な人でもちょっとしたことで影となって映ってしまうものです。

胸部X線検査はつい肺だけの異常を考えてしまいますが、心疾患の疑いもあるということも忘れてはいけません。

再検査を怠ると手遅れになってしまうこともある

健康診断の結果で胸部X線で白い影が見つかった場合は再検査を行うことが大切です。

ほとんどの場合がとくに問題がないことが多いことから、つい大丈夫だと問題視せずに放置してしまう人がいます。

また、仕事の忙しさから放っておいてしまう人もいますが、本当に病気だった場合は手遅れになってしまいます。

もし肺がんだった場合は半年遅れただけで末期になってしまう人もいます。

がんの進行は早いものなので自分や家族を安心させるためにも再検査を受けるべきです。

また、健康診断をしばらく受けていないという人で自覚症状がある場合はいち早く検査を受けましょう。

自費で受けることからつい敬遠しがちですが、検査を受けることで早期発見することができ、とくに異常がない場合は安心感を得ることができます。

 - ライフハック, 健康

ページ
上部へ