知っとく.com

こどもに勉強をさせるコツとゲームと上手く付き合う方法、教えます

      2017/09/28

こどもに勉強をさせるコツとゲームと上手く付き合う方法、教えます

どんどん新しいゲームが発売される中、こどものゲームに対して悩む保護者は多いです。

ゲームばかりやってしまい勉強をしないこどもが非常に増えています。

そのままでは受験勉強にも悪影響となってしまいます!その前にできることからやってみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

香水をつける女性はモテる!匂いに惹かれる男性の心理 教えます!

毎日のように香水をつけているという女性は多いのではないでしょ...

子供嫌いじゃないのに・・長女だけを愛せないのは母親失格なのか

結婚したら子供は2人以上は欲しいな~

恋する女子高校生必見!lineで男友達の気持ちが分かる!

今まで何とも思っていなかったのに、気づいたら仲の良い男友達を...

お気に入りのバンドに差し入れしたい!おすすめはコレだ!

音楽好きな人なら、“まだそんなに有名ではないけれど大好きなバ...

息子なのに・・父親が子どもに嫉妬する!対処法教えます!

赤ちゃんが生まれて父親・母親になると夫婦の関係もそれまでとは...

幼稚園でのトラブルは先生に相談を!年少で子どもが不安なママへ

子どもが幼稚園に入園するとなると、入園前からママは不安がいっ...

これで人気者!カブトムシ・クワガタムシの捕まえ方教えます!

都会にいると昆虫を捕まえることってなかなかありませんが、カブ...

【朝になると体重が減る理由?】簡単「寝るだけダイエット」の方法


夕べ食べ過ぎたはずなのに、朝起きて体重を測ると「...

赤ちゃんにイライラは伝わる!ツラくなったときの対処法

育児ってもっと楽しいものだと思ってた・・・
...

離婚したいけれど子どもへの罪悪感からできないというママへ

結婚生活を続けていくことが難しいと感じた時には離婚を考える人...

小学校の先生は夏休みは何してるのか、教えます!

子供の時に、将来は小学校の先生になりたいと思った事はありませ...

【知っておきたい食事のマナー】肘をつくのはNG?マナー教えます!

子どもの頃、食事中に肘をつくと親に注意された記憶がありません...

【彼女が欲しい男性必見!】電話を好きな人にかける時のポイント

気になっていたり、好きだと思っている女性に電話番号を聞くこと...

【部活と勉強の両立ができる方法】中学生から使える時間の活用術


中学生になると急激に1日が忙しくなります。 <...

ネットで知り合った友達と恋愛に発展!別れには注意が必要!

ネットを使えば行ったこともない場所の人と友達になることができ...

【大学のサークル】コミュ障が生き残るための3つのコツはこれ!


これから大学進学をするコミュ障の人は、サークルと...

【朝勉強の7つのメリット】起きれない人が脳を覚醒させる方法


「朝早く起きて勉強した方がいい」と聞いていざ、早...

高校編【友達の作り方】3つのポイントで脱ぼっち!


これから高校へ行く人、すでに入学した人がすぐに試...

【学校めんどくさい】不登校になる本当の原因と親がすべき対応


毎日朝起きて学校へ行く。そんな当たり前のことを「...

選挙に勝てる演説スピーチはこれ!生徒会に立候補する学生へ


人生1度くらい大きな経験をと考え、生徒会選挙へ立...

スポンサーリンク


こどもがゲームばかりして勉強をしない!

「ゲームばかりしないで勉強しなさい!」

この言葉をこどもに言った経験がある保護者の人はたくさんいると思います。

こどもと言っても小学生だけではなく、中学生や高校生のこどもでもこの問題は付きもの。

とくに保護者が頭を悩ませてしまうのは、受験前なのにゲームを辞めない場合です。

年齢的にも自分の判断でできそうですが、やはり放っておいては危険ですよね。

できれば注意をしたくないと思っているのも親の思い。

しかし、ゲームと勉強の悩みをずっと抱え続けることは避けたいものです。

このように受験生になってから本当に困らないためにも、早いうちからゲームと勉強のやり方を考えるべきですね。

そもそもこどもはたとえゲームがなかったとしても、自ら勉強はしないもの。

そしてゲーム自体が本当に悪者というものでもないんです。

ではどうしたらこどもに勉強をさせることができるのでしょうか?

今回は、保護者の永遠のテーマ「こどものゲームと勉強」についてまとめていきます。

こどもはゲームがなくても勉強はしないもの

ついついゲームをしてしまい勉強ができないというならば、ゲームを取り上げてしまえばいい。

こう考える保護者の方もたくさんいるでしょう。

テストの点数が悪かったらゲームを取り上げてしまうという話はよく聞きます。

しかし、ゲームを取り上げてもこどもは勉強なんてしないんですよね。

結局、勉強しないのはゲームだけの問題じゃなかったとそこで気づくわけです。

そして「勉強しろ!」と言われたら絶対に勉強したくなくなるのがこどもというもの。

自分が同じ立場だったら…と考えればすぐにわかります。

「こどもに勉強をさせるコツ」

まずは家で勉強をさせる習慣をつけることから始めます。

自分の部屋の机ではなかなか勉強ってできないものですよね。

それならリビングで一緒に宿題をやりましょう。

そして問題が解けたら褒めること。

難しい問題が解けたらすかさず褒める!

褒められたことでこどもはまた頑張れます。

勉強に対する意欲をアップさせるにはこの方法を行ってみましょう。

よく「テストが100点だったら○○をあげる」と言うように物で釣る方法を取る人もいますが、中学生高校生になっても物をねだるようになります。

そうなると高価なものを買わされるのでやめておきましょう。

ゲームを上手く利用してこどもに勉強をさせる手段

ゲームが大好きなこどもに勉強をやらせるには、次の手段も有効的です。

ひとつ目は、「勉強をやったらゲームをやっていい」というルールを決めることです。

勉強を30分頑張ったらゲームを1時間やってもいいよという内容です。

とにかく机に向かう習慣を付けるためには、ゲームをご褒美として利用しましょう。

テストの点数によってご褒美をあげるよりも、すぐ目の前のご褒美の方が有効的です。

ふたつ目は、「ゲームをしなさい」と言うことです。

驚きの方法ですが「勉強をしなさい」と言うよりも、ゲームを義務化してしまうことで勉強を同じラインに乗せることができます。

わかりやすく言うと、勉強もゲームもやるべきことにしてしまうと、勉強へも入りやすくなるということです。

この方法は少し変わっていますが、そのこどもによっては勉強に対する気持ちが変わるかも知れません。

受験勉強とゲームをうまく行うこと

受験をひかえるこどもが家庭にいる場合、合格をするまで家族が協力体制に入ることが重要です。

そしてゲームがやめられないこどもは次のような工夫をしましょう。

「こども部屋にゲームなどを置かない」

勉強をしなくちゃいけないとわかっていても、意思が弱いとついついゲームをやってしまうもの。

ゲームだけではなくスマホも危険です。

また、こども部屋にテレビが置いてある場合は受験が終わるまで別の部屋に置いたほうがいいでしょう。

ただし、全て取られてしまってはこどもも大きなストレスになります。

ゲームやスマホをいじる時間を決めて、勉強が終わってから渡すようにしましょう。

30分から1時間くらいの時間に設定することをおすすめします。

「塾へ通わせる」

家で勉強をしようとしても、ついついゲームをやってしまう…こんなこどもは入塾させてしまった方が上手くいくことが多いです。

ほかの受験仲間との刺激も受けられるし、何よりゲームができない環境です。

ただし、塾に通ったからと言って勉強をするとは限りません。

本人が納得するようによく話し合うことが大切です。

進学することの大切さを理解した上で塾へ通った方が、勉強への意欲も高まります。

ゲーム中毒にならないこどもにする

最近のこどもにとってゲームはとても身近なものとなり、学校でもゲームの時間についてよく話し合われています。

しかし、東大生でもゲームが好きな人も多く、ゲームが勉強に悪影響を及ぼすものとは言えないのも現状です。

さらに、ゲームをすることで脳が活性化するということもわかっています。

このようなメリットもある中、やはり気を付けたいのが「ゲーム中毒」です。

これはゲームだけではなく、やがてスマホ中毒にもなってしまう人です。

ゲームやスマホがないとイライラしてしまうのは要注意。

小さなこどものうちからゲームと勉強の区別をつけさせることはやはり大切ですね。

 - 子育て

ページ
上部へ