知っとく.com

バイクのマフラーをピカピカに磨きたい!おすすめの道具とコツ

   

バイクのマフラーをピカピカに磨きたい!おすすめの道具とコツ

焼け付いたバイクのマフラーをピカピカな新品のようにしたい!

この場合はやみくもにゴシゴシ磨いても全く落ちなかったり、かえって傷を付けてしまうこともあります。

バイクのマフラーの磨き方は道具の選定も重要。

おすすめの道具とともに上手く磨くコツをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

雑草対策に!庭にはアスファルトとコンクリートのどちらを使うべきか


お庭を持つ人にとって悩ましい存在である雑草。 ...

どうしよう!?洗面台が水漏れを起こす原因と点検すべきパーツ


ある日突然それは起こるもの…それは、洗面台の水漏...

鼻で呼吸をすると変な音が鳴る原因と対処法


鼻で呼吸をすると「ピー」と変な音が出てしまったと...

受験に不安はつきもの!合格発表を待つ間でも気持ちを安定させる方法


志望校へ向かって受験勉強を続けている受験生の中で...

筋トレをしよう!腹筋でも落ちないお腹の横の脂肪を落とす方法


お腹の横についたプヨプヨの脂肪を落としたい! ...

耳に違和感・・・音が響く原因が知りたい!

耳に違和感があると気になって気になってしょうがないですよね。...

大学に入って勉強を楽しいと思えるか

受験勉強を頑張って希望の大学に入った!
<...

ツライ・・・夫に子供は欲しくないと言われてしまった

女性ならば結婚してすぐに子供が欲しいと思う事もあれば、数年し...

高校生になってから勉強ができないその理由


「家で勉強をしようとしてもなぜか集中できない!」...

効率よく筋肉を付けるトレーニング方法


バッキバキに割れた腹筋になるぞ!と気合を入れて筋...

「緊急地震速報」は携帯の電源がオフだと受信できない!


大きな地震をお知らせする「緊急地震速報」はいくつ...

筋トレで肉体改造!体重と身長に合う理想的な筋肉量


自分の理想的な体型というのは人それぞれ違います。...

ロングヘアーとショートヘアーそれぞれの人気のひみつ


男性が好きな女性のヘアスタイルと言えば「ロングヘ...

パキラの育て方のコツ!種から育てる方法


南国の木のようなかわいいパキラを種から育てる方法...

ストレッチ体操で体をほぐそう!簡単な方法と効果


体が固いとケガをしやすくなり老化も進んでしまいま...

ゴルフスイングで左腕は無理に伸ばさない方がいい


プロゴルファーのようにきれいなスイングで打ちたい...

コーヒーを飲むと赤ちゃんが寝ないその理由


お母さんが授乳中にコーヒーを飲むと赤ちゃんが寝な...

アパート契約の審査をブラックリスト者が通過するための条件


借金の返済が滞ったりお金の面で色々あった人は「ブ...

水泳と筋トレには正しい順番がある


ジムに通っている人は水泳と筋トレ、どちらを先に行...

歯茎から出血した!大量じゃなければ問題ないのか

リンゴをか丸かじりしたら歯茎から出血・・・みたいなCMを小さ...

スポンサーリンク


ステンレス製のバイクマフラーの磨き方

焦げ付いたバイクのマフラーをピカピカに磨き上げるにはどうしたらいいのでしょうか。

まず、バイクのマフラーがステンレス製が確認します。

中には違う素材のマフラーもあり、その場合の磨き方は変わります。

ここでは「ステンレス製のマフラーの磨き方」についてご紹介します。

マフラーに焦げがついているとついやってみたくなるのが、金属用の研磨剤を使ったり研磨ディスクを付けたディスクグラインダーで磨き落とそうとする行為です。

また研磨するためのペーパーも1000番手を使ってしまったりすると傷付けてしまう恐れがあります。

これは確かに焦げは落ちるのですが、ゴシゴシ磨いた研磨痕を残してしまうので要注意。

軽い汚れや焦げであれば、長めのウェスにステンレス磨きコンバウンドを付けて巻き付けるようにウェスを動かすときれいになります。

この時マフラーとエキバイを固定しておきましょう。

焼け色がついた部分には「ピカール」という研磨剤を使うときれいになります。

もし汚れや焼き付きがひどい場合は耐水ペーパーで焦げや汚れを落としてから磨くようにするといいですね。

ディスクグラインダーのフェルトパフがある人はそれを使うのも有効です。

手で磨くのが大変な部分に使うととても効率よく作業ができます。

バイクのマフラー磨きにおすすめの焼け取り剤

ステンレス製のバイクマフラーをピカピカに保つには日ごろのお手入れが重要です。

バイクのマフラーはすぐに焼き付いてしまうので、その都度ササッと焼けを落としておくと新品に近い状態を維持できます。

放っておくと焦げ付いてしまい落とすことが大変になります。

できるだけマメに手入れをした方が楽に落とせます。

もし焼き付きがひどくなり、ピカールやクリーナー等を試しても歯が立たない状態であれば「デイトナ ステンレスマフラー焼け取り剤」をおすすめします。

ゴシゴシ磨き続けると手が痛くなってしまうものですが、この商品を使うと楽に落とせるようになります。

単純な構造のマフラーであればおよそ30分程度で磨き上げられるのではないでしょうか。

焼けのひどい部分から落とすことが早く終わらせるコツです。

使う時はゴム手袋をはめて行わないと手が荒れてしまうので注意してください。

カワサキのバイクマフラーを磨いた時に使った道具

カワサキのバイク「ゼファー」のマフラーを磨いた人が使った道具をご紹介します。

相当茶色くなってしまったマフラーを見事に新品のような輝きにするには何を使って磨いたのでしょうか。

・紙やすり(耐水ペーパー)

400番、800番、1000番、1200番、1500番、2000番

・ワコーズのメタルコンパウンド

耐水ペーパーはタミヤ製のもので、一番重要なのが400番だということです。

マフラーは予め取り外して磨きますが知識や経験がない方には難しい作業となるのでやめておくべきです。

またそれなりの時間がある時に行いましょう。

じっくりとバイクに向き合えるひと時を楽しめるようになるといいですね。

マフラーの磨き方は研磨剤の組み合わせが重要

バイクのマフラーのみならず、茶色く焼け付いたものを磨き上げるためには「削り過ぎない」ようにすることが重要です。

これは研磨剤の上手な組み合わせが大切なのですが、これをホームセンターの店員に聞いたところで正当な答えが返ってくるとは思えません。

バイクや車を扱うお店の店員に聞いたほうが真っ当な答えがもらえるでしょう。

道具を選ぶ前に見るべきポイントは、焼き付き具合です。

軽い色がついた程度であればピカールを使ってウェスで磨くだけで大丈夫です。

焦げ付き程度がひどい場合はステンレス製の磨き研磨剤を使って落としてから磨く作業に入ります。

ゴシゴシと磨かなければならない場合はディスクグラインダーを使うと効率よく作業ができます。

研磨剤を使うと表面が削れるため、傷がつかないようにしましょう。

チタン製マフラーを上手く磨く道具とコツ

バイクのマフラーがステンレスではなくチタン製だった場合はどう磨くべきでしょうか。

チタンという素材は意外と柔らかいものです。

ステンレス製の研磨剤は使ってはいけません。

チタン独特の焼け色や風合いが変わってしまいます。

焼け付きを落とすためにはサンドペーパーを使います。

400番くらいのものを水に付けながら軽く磨いていきます。

仕上げは800番くらいのものを使いましょう。

強く磨き過ぎると傷を付けてしまうので、持っている人はディスクグラインダーのパフ研磨で仕上げるときれいになります。

 - 車 バイク

ページ
上部へ